本能寺はやめて

0
    金曜日は、先週に引き続き、滋賀県の大津商工会議所でセミナーでした。

    大津商工会議所で秋に開催された「魅力ある会社づくりセミナー(全10回)」のフォローアップセミナーとして、2回担当させていただきました。

    2回のセミナーでどこまで皆さんに満足いただけるか心配していましたが、皆さんが前向きに取り組んでくださっている様子を感じることが出来て嬉しかったです。参加してくださった皆様、機会をいただいた大津商工会議所様、ありがとうございました。

    当日は、日中、4月にセミナーを担当させていただく同じ滋賀県の長浜商工会議所に打ち合わせで立ち寄りました。
    今年度は大津、八日市、近江八幡、長浜と滋賀県にたくさんご縁をいただき有り難いです。15日くらいは滋賀県で過ごしたのかな。

    先日、そんな話題をしていて、「岐阜から滋賀って、織田信長みたいだよね〜。次は京都かな!」って話したところで気がつきました。
    「あかん、本能寺で殺されてまう。このまま滋賀に留まろう^^;」
    なんて他愛もないおバカな話をしてました(*^^*)

    この日は時間があったので、大津駅から商工会議所まで歩いてみました。
    大津駅から坂を下ると琵琶湖が見えたり、市電が走っている景色が、どこか函館の八幡坂に似ているなあと思ったりしていました。

    歩いている途中で見つけた間口の狭いカレー屋さん?すごくいいにおいがして食欲がそそられた。今度はぜひ行ってみようと決めました。

    次回はまた4月に。ありがとうございました。










    あったらいいのに

    0
      仕事柄、東京に出張、滞在することも多いのですが、 関東でよく見かけるのに、東海地方にはほとんどない外食チェーン店が天丼チェーンの「てんや」です。

      元マクドナルドに勤めていた創業者が独自のオートフライヤーを開発し、職人に頼らないで、揚げたての天ぷらを、安く美味しく食べられるということはテレビでも紹介されていました。

      天ぷらって料理するの大変ですもんね。昔、料理教室の先生が言ってましたが、天ぷら揚げるの時の熱さが嫌で、天ぷらを料理するのを嫌いになる人は多いと言ってました。

      最初にてんやに入ったのは、もう13年くらい前だったと思いますが、国分寺駅近くのお店でした。こんなに安くて美味しい天丼が手軽に食べられると感激した覚えがあります。
      (現在は並盛540円ですが、当時は500円だったかな)

      関東ではたくさん見かけていたので、そのうち東海地方にも出来るだだろうと楽しみに思っていました。

      あれから10年以上過ぎたのにいっこうに出来なかったのですが、2年くらい前にようやく岐阜県大垣市に出来たことを他の方のFacebookの投稿で知りました。

      大垣方面で仕事があった時に立ち寄ってみたいと思っていましたが、 先日、滋賀県からの仕事の帰りに、あえて高速道路を大垣ICで降りて立ち寄ってみました。

      味は私が東京で何度も食べたことがあるてんやの味です。美味しくリーズナブルに天丼をいただきました。

      ロードサイド店なので、テーブル席やボックス席も多く、日曜の夜だったこともあり、家族連れが目立ちました。一人で来ていたのは私くらいだったかな。持ち帰りを待っている人も多くいました。 定食メニューもあるし、この店では小さなお子さんには、籠に入ったオモチャを1つ選べるプレゼントまであって驚きました。

      大垣の人は近くにてんやがあっていいなあ。
      何より一番印象に残ったのは、お店の雰囲気が良かったこと。
      きっとオーナーが作っている雰囲気なんだと思いますが、働いている人の応対がよくて気持ちがよかったです。 もちろん、またてんやの天丼も食べたいですが、またこの店に来てみたいと感じました。

      てんやは全国で200店くらいあるそうですが、ほとんどが関東地方に集中していて、岐阜県ではまだこの大垣の1店舗だけです。隣の愛知県には5店あり、最近、金山駅近くにも出来たそうです。

      天ぷらの名店ももちろん行きたいですが、財布に優しい天ぷら屋さんも有難いです。

      ●天丼てんや
      https://www.tenya.co.jp/sp/




      32年ぶりのびわ湖バレイ

      0
        す金曜日に大津商工会議所で仕事のの後、日曜日も同じ滋賀県の八日市商工会議所(東近江市)で創業セミナーの仕事だったので、岐阜に帰らず、そのまま大津に滞在していました。

        そんな私を大津商工会議所の職員さんたちが観光案内に連れていってくれました。 行き先は同じ大津市の北部にある「びわ湖バレイ」。大津市中心部から車で45分くらいかかります。

        びわ湖バレイに行ったのは32年ぶりでした。 観光バス会社に就職して1年目に比叡山延暦寺で大祭があり、名古屋からの観光バスツアーで何度もこの辺りを添乗員として訪れました。 当時、びわ湖バレイは名鉄グループの会社だったこともあり、びわ湖を見渡せる眺望のよい昼食場所として利用していました。

        あれから32年。 びわ湖バレイが新しく生まれ変わっていることはテレビなどで観たことはありましたが、訪れるのは初めてでした。 当時もロープウェイで登りましたが、ほとんど覚えていなくて、こんなふうだったかなあなんて思っていました。

        一言で言うと、びわ湖バレイはとってもオシャレな観光スポットでした。 またこの時期は手軽に行けるスキー場として、家族連れや外国人観光客で賑わっていました。

        大津市の町中や湖畔の穏やかな風景とは違い、標高1100メートルのびわ湖バレイは、ー3℃の極寒の世界でした。 それでも冬の琵琶湖の眺望には胸が弾みました。 写真では分かりづらいですが、西側を観ると岐阜県との県境にある伊吹山の姿もしっかり見ることが出来ました。

        帰りにスキー客の皆さんと一緒にロープウェイを待つ時間が、ほろ苦くも微笑ましく感じる思い出です。この時ほどフード付きのダウンコートを着ていてよかったと感じたことはありませんでした。

        夜は琵琶湖汽船が季節限定で開催している「汽船deおでん」のイベントに参加。浜大津から船に乗り、夜の琵琶湖を少し周遊してから、おでんをメインとしてディナー?をいただきました。

        夜、職員さんたちと別れてからは、ホテル近くの銭湯へ。 大津は新しくて綺麗な建物やホテルも多いですし、道路も広くて、都会的なイメージを感じますが、一歩、路地に入ると下町感をとても感じるところです。 こんなギャップもいいなあと思います。

        休日にご案内してくれた大津商工会議所の職員さん方、ありがとうございました。出張先で一人で観光する機会はありますが、皆さんとご一緒できて楽しかったです。 なんだかんだ話すことは仕事の話になりましたね…^^; 皆さんのおかげでまた滋賀県が好きになりました。

        ●びわ湖バレイ(びわ湖テラス)
        http://www.biwako-valley.com/tips/biwako_terrace/

        ●琵琶湖汽船
        https://www.biwakokisen.co.jp/










        おやつはドーナツ

        0
          今日は滋賀県の大津商工会議所で昼、夜、続きでセミナーを担当させてもらっています。

          午後は会計に関するセミナーで、受講者の方の相談などに乗っていて終わったのが17:30くらい。 夜の経営戦略をテーマにしたセミナーは、18:30からなので、コーヒーでも飲みながら休憩しようと思って、別の階にある自動販売機から戻ってきたら、机の上に写真のミニドーナツとラムネ、ココアが置いてありました。

          まだ職員の方が戻って来られないので、どなたが用意してくれたのか分からないですが、きっと21時過ぎまで食事が出来ない私に気を遣っていただけたのだと思います。子どものおやつみたいで嬉しかったです。 お気遣いありがとうございます(^○^)

          先程までの会計セミナーにご参加いただけた皆様もありがとうございました。 大津の皆さんは少し照れ屋さんな感じがしますが、とても素直でしっかり取り組んでくれます。

          今日がきっかけに皆さんのご商売がより発展していきますように。
          今頃、決算書見てくれていると嬉しいなあ^ ^










          伊藤さんあるあるぅ?

          0
            伊藤という名前は全国で5番目(108万人)に多い苗字だそうです。
            特に愛知県には多くて、昔、勤めていた名古屋の会社では伊藤姓の人はみんなで下の名前で呼び合う習慣がありました。 各務原商工会議所でも、わずか20人足らずの職場に、一時期、伊藤さんが3人いました。
            うちの妹なんか伊藤さんと結婚したくらい??
            昔、好きだった人が2人、結婚して伊藤さんになった時は複雑だったなあ〜(><)

            昔は特徴がなくてそんなに好きな苗字ではなかったのですが、 歳をとるにつれて、誰にでもすぐに理解してもらえることや、ローマ字で書くと「ITO」と、3文字で済むなど面倒でなくて、だんだん好きになってきました。

            ただ少し気になるのは、飲食店の順番待ちなどで名前を書く時に、同じ苗字が重なる人がいたりすること。そういう時は間違えられないようにフルネームで書いたりします。

            飲食店に事前予約する時などもそうで、お店の方から「お名前教えていただけますか?」と聞かれる時には、あえてフルネームで答えたりします。
            でも決まってほとんどのお店は「伊藤様ですね」としか確認してくれません。 たま〜にですが、「伊藤です」と言わない時に限って、「念のため下のお名前も教えていただけますか?」と聞かれることもあります。

            今日も、中学の時の担任の先生とランチの予約をするために電話した飲食店で、フルネームで伝えましたが、やっぱり苗字の確認だけでした。まあ電話番号も聞かれたので、確認はできるのでしょうけどね。

            お店側の人は「なんでこの人わざわざ苗字だけでなく下の名前も伝えてきたのかなあ」とか、疑問に思ったさささりしないのかなあ?
            そんな時、想いが伝わらず、ちょっとだけ寂しくなります。。。

            名前で呼ばれるって、単純だけど、客側にとっては「惚れてまうやろ〜」ってくらい嬉しかったりしますけどね^ ^

            そんな私も加齢とともに、顔は思い出せるのに名前が出てこない、 若い芸能人がみんな同じ顔に見えて、名前が覚えられないオッサンです^^;





            |||Calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            2425262728  
            << February 2019 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            • 南会津から 2018夏
              sisst
            • 南会津から 2018夏
              kantoku
            • Never Enough
              sisst
            • Never Enough
              kantoku
            • こくぞうさんのある町
              伊藤慎悟
            • こくぞうさんのある町
              kantoku
            • 成果はあったはず
              kantoku
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              sisst
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              kantoku
            • ほんの6年ですが
              kantoku

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM