補欠のセッター

0

    私は中学生の時、バレーボールをやっていました。

    野球少年だった私が、なぜバレー部に入ったかは少し長くなるので、

    割愛するとして、とにかくバレーボールをやっていました。

    入ったものの、当時それほど身長が高くなかっった

    私が目指せるポジションはセッターでした。

     

    バレーの中で何が一番好きなプレーはレシーブです。

    取れそうもないボールをあげることに一番夢中になれた感じがします。

    今みたいにリベロというポジションがあれば、

    もっとバレーボールを長く続けたかもしれません。

     

    話はセッターに戻りますが、

    セッターは司令塔なので、冷静で頭が良くないと出来ないんですよね。

    3年生が引退した後、2年生の中でこのセッターのポジションを目指したのは

    同じように身長がそれほど高くない4人でした。

    それまでそんなに練習をさせてもらってないから、

    最初はみんなそんなに差がなかったのですが、

    時間が経つに連れて、顧問の先生が1人の子を集中的に鍛えるようになりました。

    そうするとどんどん差がついていくようになり、結局レギュラーになれませんでした。

     

    選ばれた子は、4人の中で一番背が低かったけど、やっぱり頭が良かったな。

    それから先生が話していたのは、彼だけ手首が柔らかったそうです。

    その分、ホールディングすれすれの柔らかいトスをあげることが出来るんだそうです。

    その後、他の2人はセッターのポジションから外れましたが、

    私は控えのセッターという立場になりました。

     

    ある時、練習試合だったか、先生が試合の途中から私を起用してくれたことがありました。

    私から見てもレギュラーの彼とは力の差は歴然でしたが、

    その試合が終わった後のミーティングで顧問の先生が言ってくれたことを今でも覚えています。

     

     「伊藤は下手くそだけど、アタッカーが打ちやすいように一生懸命あげている。

        それに対してレギュラーのセッターの子は、自分があげたいトスをあげている」

     

    多分、レギュラーの子にお灸をすえたんだと思うんですけどね、

    本当に先生が言ったとおりの気持ちだったから、分かってもらえて嬉しかった覚えがあります。


    自分が入ったことでみんなに迷惑かけちゃいけない、

    自分が目立つと決めるとか全く考える余裕がなかったけど、

    アタッカーの子たちが打ちやすいトスを上げるっことだけに一生懸命でした。

     

    そしてどことなく、彼らがスパイクを決めた後、

    いつもより笑顔で私にハイタッチをしているように感じ、

    自分の思いを通じているのかなあなんて思った覚えがあります。


    バレーボールは中学生だけだったのですが、

    その後、30歳半ばぐらいから数年間、

    後輩が誘ってくれてソフトバレーをやっていました。

    そこではアタッカーも、レシーバーも、セッターも

    いろんなポジションを経験できて、それぞれの役割の楽しさも知れたけど、

    やはり一番嬉しかったのは、アタッカーが打ちやすいトスをあげて決めてくれた時だったかな。

    決められな時は、自分のトスが悪かったんだなあって思っていましたから。

     

    今、仕事としてやっていることあまり変わらないかなあ。

    もっといいトスが上げれるようになりたい。

    手首を柔らかくするにはどうしたらいいだろうと考えています(*^_^*)

     

    ※写真はソフトバレーやっていた時のものです.

      12〜13年くらい前かなあ。。。

     

    IMG_1280.JPG

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    |||Calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    +アーカイブ

    +コメント一覧

    +おすすめ

    +リンク

    +プロフィール

    Search This Site

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM