青森・黒石焼きそば

0
    昨日は青森県黒石市にある黒石商工会議所でセミナーを担当させていただきました。

    この3年くらいで青森には10回行かせてもらっていますが、黒石市での仕事は初めてでした。

    黒石市は県都の青森市と歴史ある弘前市の間にある人口33,000人の小さな町です。

    ここのB級グルメが「黒石焼きそば」と「黒石つゆ焼きそば」です。 太い平麺に甘辛いソースをたっぷりかけるのが特徴で。B1グランプリでも何度も上位に入ったことがある逸品です。 市内にはこの黒石やきそばを取り扱うお店が60店、飲食店だけでも20店ほどあるそうです。

    今日も午前中は職員研修をさせてもらったのですが、お昼に連れていってもらったお店は、「ぴったんこカンカン」をはじめテレビにもよく出る有名なお店でした。

    ここには「化け焼きそば」というメニューがあり、最初は「焼きそば」で、途中からつゆをかけて、「つゆ焼きそば」に化けるものがありました。 一度に2つのB級グルメを体験できて大変満足しました。 つゆをかけると全く違う味がして驚きでした。

    黒石市は、昔は宿場町として栄えたところ。 「木のアーケード」と呼ばれる江戸時代から続く「こみせ」があったり、温泉郷も3つあったり、岩木山が綺麗に見える絶景スポットがあります。

    隣町には、「田んぼアート」で有名なの田舎館村や、「桜と城」で有名な弘前市、「サンふじ」と呼ばれるリンゴで有名な浪岡町もあるので、見どころがいっぱいです。 青森に出張やご旅行の際にはぜひ黒石市にもお立ち寄りください。

    今回の黒石商工会議所には、私のことを以前から知っている職員さんがお二人いました。 二人でずっといつか伊藤先生を呼びたいと話していてくれたんだそうです。

    4か月前に依頼をいただいてから、メールのやりとりの中でずっと私がいくことを楽しみに待っていてくれることが伝わってきました。 こんなに遠くに住んでいる私のことを思っていてくれて、呼んでくださり、有難いです。 彼からの期待に応えることが出来ていたらいいな。

    昨夜は参加者の皆さんとも懇親会を開いていただき、楽しかったです。 70歳の社長が津軽弁で私に一生懸命話してくれるんですが、怒ったように聞こえるので、周りの若い人たちが、 「津軽弁分かりますか? 怒ってるわけではないですから」 と通訳や解説してくれたりしました^ ^

    津軽弁では、私のことは、「わ」。 あなたのことは「な」と言います。 わ、な、のことが好きだ!って言うそうです。

    黒石で出会った皆さま、ありがとうございました。またお会いしましょうね。










    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    |||Calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    +アーカイブ

    +コメント一覧

    +おすすめ

    +リンク

    +プロフィール

    Search This Site

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM