金融機関の創業支援

0
    今日の午前中は、十六銀行さんの研修所で、若い職員さん向けに研修講師の機会をいただきました。

    テーマは「創業支援について」なんですが、創業支援のテクニックやノウハウなどの手法を教えるというよりは、 現在の中小企業の実態を知ってもらったうえで、「なぜ金融機関として創業支援が必要なのか」を理解いただくものでした。

    営利を目的とする金融機関にとって、創業支援って実際のところ手間が掛かる割に儲からない仕事です。 短期の営業成績が求められる営業マンにとっては優先順位が遅くなっても仕方ないところです。 それでも長い目で見た時には、確実によいお客様に成長していく可能性がありますし、 現在の企業数の推移を見ると、従来のように既存企業だけを対象にしていては先細りだということも頭のいい皆さんなので容易に理解されたと思います。

    また、創業支援を自分だけですべてをやろうとするのは大変なので、 そのための外部協力者として、地域の商工会・商工会議所などの支援機関とどう関わっていけばよいかについてお話させていただきました。

    この研修を行うにあたっては、 「地域の商工会、商工会議所としては、創業支援をする際に、本音のところ地域内の金融機関とどう関わりたいのか」について、 日頃から親しくしている4人の商工会、商工会議所職員さんにもヒアリングさせていただきました。

    私も元商工会議所職員なので、分かっているつもりでしたが、 やっぱり現場の生の声は違いますね。 私が聞いていても、「なるほどなあ、そうだよなあ」と思うことが多々ありました。

    どこまで表現できたか分かりませんが、皆さんの声はしっかり紹介させていただきました。 せっかくいい意見なので、今回だけでなく、またどこかで紹介できたらいいなと思います。

    ご参加いただいた十六銀行の職員の皆様、ヒアリングにご協力いただいた商工会、商工会議所の職員の皆様、ありがとうございました。

    終了後は研修所のランチをいただき、なかなか出来ない経験をさせていただきました。 甥っ子が参加していなくてよかった。。。(#^.^#)




    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    |||Calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    +アーカイブ

    +コメント一覧

    • 南会津から 2018夏
      sisst
    • 南会津から 2018夏
      kantoku
    • Never Enough
      sisst
    • Never Enough
      kantoku
    • こくぞうさんのある町
      伊藤慎悟
    • こくぞうさんのある町
      kantoku
    • 成果はあったはず
      kantoku
    • 20年ぶりと9年ぶり。
      sisst
    • 20年ぶりと9年ぶり。
      kantoku
    • ほんの6年ですが
      kantoku

    +おすすめ

    +リンク

    +プロフィール

    Search This Site

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM