霧島スピンオフ

0
    実は霧島温泉に来るのは人生で2度目でした。18歳の時、旅行会社の添乗員としてツアーのお客様たちと一緒に来たことがあります。

    さすがにホテルの名前を覚えてないのですが、レストランシアターのあるような大きなホテルだった覚えがあります。 夕食時、お客様をレストランでお待ちして、席までご案内した記憶があります。

    それ以来だから霧島温泉に泊まるのは30年ぶりでした。 今回は一人なのでホテルから歩いていける家庭的な郷土料理が食べられる居酒屋に立ち寄りました。

    気さくで元気のいいおばちゃん…??
    もとい、母親くらいのお姉ちゃん二人でやっているようでした。

    どこから来たの? 「岐阜〜!」珍しいねえ。 地図に印して名前書いて。

    慎悟って言うの。 「慎悟ちゃん」って呼んでいい。

    刃物で有名な「関市」に近いんだ。 孫六くらいは知ってるよ。 NHKの72時間で「お千代保稲荷」観たよ。夜中なのにすごい人だねえ。 朝ドラの「半分青い」も岐阜だもんね。

    「これサービスだから食べて」。 なんて会話が続きました。

    今度は来る時は、「岐阜の慎悟ちゃん」って言ってくれたら忘れないからと、頭を撫でられ、見送っていただきました。

    ほんのひと時でしたが、硫黄の匂いと湯けむりてと共に、霧島温泉のよい思い出になりました。 お姉様方、ありがとうございました。 (*^^*)








    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    |||Calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    +アーカイブ

    +コメント一覧

    • 南会津から 2018夏
      sisst
    • 南会津から 2018夏
      kantoku
    • Never Enough
      sisst
    • Never Enough
      kantoku
    • こくぞうさんのある町
      伊藤慎悟
    • こくぞうさんのある町
      kantoku
    • 成果はあったはず
      kantoku
    • 20年ぶりと9年ぶり。
      sisst
    • 20年ぶりと9年ぶり。
      kantoku
    • ほんの6年ですが
      kantoku

    +おすすめ

    +リンク

    +プロフィール

    Search This Site

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM