白河の関と、ラーメンと、

0
    先月に引き続き、今日は福島県南会津郡でセミナーの仕事でした。

    参加者の皆さんも高校野球で同じ東北県勢初めての優勝なるかで、甲子園の試合の行方が気になっている様子でした。

    よく優勝旗が「白河の関」を越えないと話題になっていましたが、 あの「白河」って、いつも送り迎えしてもらう福島県の「新白河駅」の白河だってんですね。今日まで気づきませんでした。 確かに東北の玄関口だわ。

    ひょっとしたら白河越えの歴史的瞬間に立ち会えたかもしれませんでしたが、 夕暮れの白河は何事もなかったように静かな時間が流れていました。

    白河はご当地ラーメンで有名なところ。帰りの新幹線の待ち時間の間、手打ち麺の白河ラーメンをいただきました。

    「心もとなき日数重なるままに、白河の関にかかりて旅心定りぬ」

    かの昔、松尾芭蕉もこの地を訪れていたのですね。 白河の関は何か覚悟を決めさせるような伏目となる場所なのかな。

    松尾先輩は歩いて東北を周り最後は今の岐阜県大垣市まで行かれましたが、私は現代社会に生きているので、新幹線で岐阜に帰ります^ ^






    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    |||Calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    +アーカイブ

    +コメント一覧

    • 南会津から 2018夏
      sisst
    • 南会津から 2018夏
      kantoku
    • Never Enough
      sisst
    • Never Enough
      kantoku
    • こくぞうさんのある町
      伊藤慎悟
    • こくぞうさんのある町
      kantoku
    • 成果はあったはず
      kantoku
    • 20年ぶりと9年ぶり。
      sisst
    • 20年ぶりと9年ぶり。
      kantoku
    • ほんの6年ですが
      kantoku

    +おすすめ

    +リンク

    +プロフィール

    Search This Site

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM