鶴瀬の8年

0
    今週は埼玉県に来ています。
    8年前、中小企業大学校東京校の実習指導の仕事で、数日間、通っていた埼玉県富士見市の「鶴瀬駅」界隈。
    当時はまだサブ講師でしたが、研修生たちと一緒に駅近くにある本屋さんの企業診断を担当しました。

    本屋さんは駅から近い場所でしたが、自社ビルでやっておられ、文房具や画材なども扱う大きなお店でした。

    実習が終わってから1年後くらいに廃業されたことは人づてに聞いていましたが、今回、またご縁をいただき、この町に来ることになりました。

    実際に本屋さんがあった場所に行ってみると、今は「埼玉りそな銀行」になっていました。

    社長さん自身は、他にも不動産収入があり、本屋さんをやめても生活に困る感じではなかったと思いますが、地域の中で本屋がなくなると、楽しみがなくなり、悲しまれる方が多いことを気にされていた覚えがあります。

    ちょうど東武東上線が横浜まで繋がり、郊外には「ららぽーと」が出来る計画があり、この町の人の流れが大きく変わるだろうという境目の時期だったと思います。
    また電子書籍もこれからどんどん一般的になっていくだろうという話もしていました。

    それから8年が経ち、駅前にはロータリーや道ができて、前より明るくきれいになった印象がします。 若い世帯を中心に埼玉県の中でも特に人口が増えている地域になっています。
    Kindleはじめ電子書籍、コミックも当たり前になりました。

    黙っていても時代や環境は確実に変わっていく中で、経営者として、どうするか真剣に考え判断されたんだと思います。

    当時社長さんに連れていっていただいた雰囲気のある喫茶店があった覚えがあり、行ってみるとまだありました。

    お店のママさんに8年ぶりに来た事情を話し、お話を聞いてみると、社長さんは今も元気にしておられ、お勤めに出ているとのことでした。

    なんだかホッとしました。 8年の間には人にも町にもいろいろなドラマがあったのでしょうね。








    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    |||Calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    +アーカイブ

    +コメント一覧

    • 南会津から 2018夏
      sisst
    • 南会津から 2018夏
      kantoku
    • Never Enough
      sisst
    • Never Enough
      kantoku
    • こくぞうさんのある町
      伊藤慎悟
    • こくぞうさんのある町
      kantoku
    • 成果はあったはず
      kantoku
    • 20年ぶりと9年ぶり。
      sisst
    • 20年ぶりと9年ぶり。
      kantoku
    • ほんの6年ですが
      kantoku

    +おすすめ

    +リンク

    +プロフィール

    Search This Site

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM