50回目のバースデーケーキ

0
    姉さん、事件です??
    数日前のことですが、出張先の飛騨古川のホテルで、朝、目が覚めたら「50歳のおっさん」になっていました??
    あれから4日経ちましたが今だに元に戻りません。このまま「50歳のおっさん」として生きていくしかないでしょうか。。。

    そんなわけで初めての50代ですが、皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

    誕生日当日は、出張先の飛騨古川でも出会った方々にお祝いしていただき、この日だけで、ショートケーキ3個と苺大福1個をいただきました。
    メッセージを送っていただいた皆様もありがとうございました。

    以前にも何度か紹介しましたが、私の父はホテル勤務の洋菓子職人を約50年していました。15年くらい前に引退していますが、今でもたまに家でケーキを作ります。

    当然、子どもの頃からずっと誕生日ケーキを作ってもらってきました。
    昔はウルトラマンや仮面ライダーとか私が好きなキャラクターを描いてもらった覚えがあります。

    先日、私が「何歳の時から作っているのか?」と聞いてみたら、 「おそらく1歳の時から作っているんじゃないかなあ〜」と言われ、 「じゃあ今回で50個目??」と笑いながら驚いてました。

    50回目のケーキはいつもと特に変わりませんでしたが、有り難くいただきました。
    父も82歳になりましたし、もうそんなに長くは食べられないのでしょうね。
    冬に生まれてよかったと思うのは、誕生日ケーキを食べる時にイチゴが美味しいと感じることです。

    出張先には珍しく母からもメールがありました。

    「おめでとう。何処に居るやら、いつ帰るのかわかりませんが、とにかくお誕生日おめでとう。 孫が産まれて婆さんに成ったのが50才だったかな? 光陰矢のごとしだけど振り返ると50代が1番分別と体力と調和が取れて楽しかった様に思います。 人生たのしんで。おめでとう」

    自分の母、子どものお婆ちゃんというふうにしか接していませんでしたが、母も自分の50代をこんなふうに感じていたのかなあと思いました。

    他にも50代の先輩たちが「ようこそ50代へ」といった感じでメッセージをくださいました。
    私も当然、老いは感じていますが、何だか周りには楽しそう過ごしている先輩方が多いので、どんな10年になるか私も期待しながら過ごしていこうと思います(^○^)

    50歳になって5日目ですが、今のところ一番不便に感じたのは、年齢を書くときに、「5」という数字が書きにくいこと。 左側までしっかり跳ね上げるのがちょっと面倒くさく感じる50歳のおっさんです。。。

    最後に、私に姉はおりません…(TVドラマ“Hotel”より^ ^)








    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    |||Calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    +アーカイブ

    +コメント一覧

    • 南会津から 2018夏
      sisst
    • 南会津から 2018夏
      kantoku
    • Never Enough
      sisst
    • Never Enough
      kantoku
    • こくぞうさんのある町
      伊藤慎悟
    • こくぞうさんのある町
      kantoku
    • 成果はあったはず
      kantoku
    • 20年ぶりと9年ぶり。
      sisst
    • 20年ぶりと9年ぶり。
      kantoku
    • ほんの6年ですが
      kantoku

    +おすすめ

    +リンク

    +プロフィール

    Search This Site

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM