赤いTSUMIBOBO

0
    す岐阜県飛騨地方には「さるぼぼ」という伝統的な民芸品があります。元々は安産や赤ちゃんのお守りだったそうでしたが、今はいろんな色や形にアレンジされてます。

    そんなさるぼぼをモチーフにして作った積み木が写真の「TSUMIBOBO(つみぼぼ)」です。
    高山市国府町で長年、家具づくりをされている白百合工房(代表 上野望さん)さんが作られています。

    何年か前にも紹介したことがあるので、詳しい説明は控えますが、最近、この「TSUMIBOBO」に赤いバージョンがあると知り、上野さんに聞いたところ、通常の16ピースにはないけど、後から出来た6ピースには3体、赤いTSUMIBOBOが入ってるとのことでした。

    JR岐阜駅アクティブGの中にある「ザ・ギフツショップ」の中でも販売しているとのことだったので、今週ついでがあり買ってきました。

    TSUMIBOBOは、森林や木材の勉強をしていた上野さんが、間伐材の問題や国内産の木材で作られた玩具がほとんどないことなどをきっかけに作られた商品です。
    せめて岐阜県の子どもたちには、岐阜県産の木材で作られたおもちゃで遊んでほしいという思いから作られました。

    頭の部分はスギやヒノキなど針葉樹の硬い木材を。 胴体部分はカエデなど広葉樹の柔らかい木材を使っています。
    胴体部分はあえて年輪が柄として出るようにしているので一体ずつ木目が異なります。
    接着材を使わず組み木の技術で取り付けられていますので、赤ちゃんが舐めたりしても安心です。

    また一体ずつ比重が違うので、積み木をした時にアンバランスな形で全体のバランスが取れるメッセージ性のある商品でもあります。

    私はよくお子さんが生まれたご家庭にプレゼントしたりしています。

    そんなわけで、16ピースから6ピース増え、22ピースになったうちの事務所はTSUMIBOBOだらけになってます(*^^*)

    先日投稿した大橋量器さんの枡と同じく、どこかで岐阜県生まれのTSUMIBOBOを見かけたら手にとって見てみてくださいね^ ^

    ●白百合工房(岐阜県高山市)
    https://www.tsumibobo.com/

    ●ザ・ギフツショップ(JR岐阜駅隣接)
    https://giftsshop.jp/














    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    |||Calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    +アーカイブ

    +コメント一覧

    • 9月1日に生まれて
      kantoku
    • 南会津から 2018夏
      sisst
    • 南会津から 2018夏
      kantoku
    • Never Enough
      sisst
    • Never Enough
      kantoku
    • こくぞうさんのある町
      伊藤慎悟
    • こくぞうさんのある町
      kantoku
    • 成果はあったはず
      kantoku
    • 20年ぶりと9年ぶり。
      sisst
    • 20年ぶりと9年ぶり。
      kantoku

    +おすすめ

    +リンク

    +プロフィール

    Search This Site

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM