女子だって革が好き??

0
    先日、飛騨市で出会った創業間もない事業者の女性が作っているのは、赤ちゃんの足形をそのままトレースした革製のキーホルダー。

    元々、高校生の頃から皮小物の愛着を持っていて、愛用している長財布を見せてくれましたが、もう10年以上使っているとの事でした。
    ハンドメイドが趣味で、いろいろなものを作っていたそうですが、娘さんを出産後、産婦人科で足形を取ってもらったことをヒントに、革のキーホルダーを作ってみたそうです。

    最初は自分で使っていただけだったそうですが、それを見た周りの人から作ってほしいと依頼を受けるようになったそうです。
    周りの人の勧めで地元のイベントなどに出店すると、初対面の方からも依頼を受けるようになり、今年に入ってネット販売などを始めました。

    写真でも分かると思いますが、実際に見ると足形と一緒に刻んだ文字が可愛いくてデザインの一部になっています。
    文字には、お子さんの名前や産まれた日時、身長、体重などが刻まれたいたり、お母さんからお子さんへのメッセージが入っています。

    お子さんが一人の場合は、片面に名前などの文字を入れて、もう片面にメッセージなど入れるんだそうですが、お二人の場合は、両面にそれぞれのお子さんの名前などを入れるそうです。
    またお父さんと二人で持つ方もいて、その場合は、左右の足を分けて所有するんだそうです。ハート型を半分に分けて合わせて1つみたいな感じですね。

    最近は出産後もしばらくすると、子どもを預けて働くお母さんも多いと思いますが、日中、離れていても、足形のキーホルダーを見るとパワーが出るのかもしれませんね。

    足形が残っていれば、いくら子どもが大きくなっても出来るとのことだったので、私もこれ欲しいなあと思い、自宅に帰ってから足形を探してみたのですが、残念ながらうちは足形をもらったり、残していたりということがなかったみたいで残念でした。。。

    革の良さは使い込むことに味わいが出て愛着が増していくこと。また修理が出来ることなどがいいところですね。ステッチの色など依頼者の好みで変えられるそうですよ。

    ネットで注文できて、『1個 3780円』で作ってくれます。
    お子さんの足形を持っているお母さんがターゲットですが、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんも欲しくなっちゃうでしょうね。

    足形キーホルダー以外にも、革製ピアスやブローチも取り扱ってます。これから革小物のレパートリーを増やしていくそうです。

    女性でもブランド品の高級バックや財布などで革製品をお持ちの方はいらっしゃいますが、革小物の世界はどちらかと言えば男社会のイメージ。
    そんな革製品の持つ魅力を、女性のセンスで商品づくりしていけそうな感じがしました。

    ●Hana Hana(ハナハナ)
    minne.com/d1-7xoxo

    ●Instagram
    hana_hana_087








    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    |||Calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    +アーカイブ

    +コメント一覧

    • 9月1日に生まれて
      sisst
    • 9月1日に生まれて
      sisst
    • 9月1日に生まれて
      kantoku
    • 南会津から 2018夏
      sisst
    • 南会津から 2018夏
      kantoku
    • Never Enough
      sisst
    • Never Enough
      kantoku
    • こくぞうさんのある町
      伊藤慎悟
    • こくぞうさんのある町
      kantoku
    • 成果はあったはず
      kantoku

    +おすすめ

    +リンク

    +プロフィール

    Search This Site

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM