もう一つのマグロの町・青森県深浦町

0
    今回、青森に来たらもう一ヶ所行ってみたい場所がありました。 それが「深浦町」という日本海側、秋田県の県境に近いところある町。力士の安美錦関の出身地だそうです。

    この町でご当地メニューとして提供している「深浦マグロステーキ丼」というメニューを食べてみたくて行ってきました。
    ちなみに深浦町のマグロの水揚げ量は、同じ青森県にあり、全国的にも有名な大間よりも多く、第1位なんだそうです。

    以前にも紹介したことがありますが、青森県が取り組んでいるプロジェクトで「青森県・新ご当地グルメ」というものがあります。県内各地の食材をより魅力的にするために専門家(ヒロ中田さん)と地域の飲食店が協力しながら展開しています。

    最初は青森にいる事にたまたまニュースで「中泊のメバル膳」が特集されているのを見て食べてみたいと思い、むつ市であった仕事の後、青森湾をフェリーで渡り食べに行きました。

    道の駅の食堂で食べましたが、美味しくて見た目のセンスががよく、それでいてお値打ちだし、すっかりこの取り組みのファンになりました。 その後、やはりむつ市から空港へ向かう途中の平内町で「ホタテ活御膳」をいただき、再び満足した想いをさせていただきました。 今回はその3つ目として、深浦町まで行ってきた次第です。

    「深浦マグロストーキ丼」は、町内の数店舗で提供していますが、役場内の食堂でも提供していると知り、珍しいと思って、深浦町役場の食堂でいただきました。

    行ってみると期間限定の「深浦牛」に、「マグロソフトクリーム」。せっかくだからと思い、全部食べてきました^^; 食べるわ、写真は撮るわ、していたので、会計時にお店の方から「取材か、視察かなんかですか?」と聞かれ、この取り組みのファンだと話すと、いきさつや現状などいろいろ話してくださいました。

    地域のお店の人たちが専門家の方に繰り返し教えられたことは、「新鮮で美味しいものを出すだけでない。食べる人が「わあ!」と心踊るような期待感を持ってもらうことだった」などエピソードを話してくれました。

    パンフレットの上部に「食材王国・青森県」から「料理王国・青森県」へ。というキャッチフレーズがそのことを象徴していると思います♪

    帰り道は、景勝地でもある海岸沿いね「千畳敷」にも立ち寄りました。夏本番を前に、まだ静かな昼下がりの日本海が美しかったです。

    今度は五能線(五所川原〜能代)に乗って、この美しい海岸線をゆっくり眺めながら旅してみたいなあ。

    そして黒石市に戻る途中、弘前城のお堀の前、市役所隣にある「スタバ」に立ち寄りました。

    3年前にここへ来た時はこんなのなかったのにー。
    弘前市は歴史もあり、文化度の高い町だけど、よくこのレトロな建物をスタバにしようと思った人がいたもんだなあ。そのセンスにあっぱれです!
    とても素敵な空間でした。只今、津軽のお洒落スポットだそうです^ ^

    15回青森に来たうち、冬に来た以外の10回くらいは、なんだかんだ青森県各地をレンタカーを借りて観光してました。地域ごとの素晴しさもあるし、景色も食も季節ごとの素晴らしさもありました。良かったらぜひそんな素敵な青森県に訪れてみてください。

    私自身は、今は青森県の人たちに会うのが一番の楽しみになっています(*^^*)

    ●深浦マグロステーキ丼 公式サイト
    https://www.fukauramaguro.com/

    ●青森県・新ご当地グルメ 参考記事(まるごと青森のサイトより)
    https://lifemagazine.yahoo.co.jp/articles/24312














    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    |||Calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    +アーカイブ

    +コメント一覧

    • 9月1日に生まれて
      kantoku
    • 南会津から 2018夏
      sisst
    • 南会津から 2018夏
      kantoku
    • Never Enough
      sisst
    • Never Enough
      kantoku
    • こくぞうさんのある町
      伊藤慎悟
    • こくぞうさんのある町
      kantoku
    • 成果はあったはず
      kantoku
    • 20年ぶりと9年ぶり。
      sisst
    • 20年ぶりと9年ぶり。
      kantoku

    +おすすめ

    +リンク

    +プロフィール

    Search This Site

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM