男ばっか18000人

0
    昨日はたまたま他の用事と重なったこともあり、同学年のスーパースター、この方のライブに横浜まで行っていきました。
    男性限定のライブだったのですが、私も18000人もの男性だけがいる場所に身を置いたのは生まれて初めてのような感じがします^^;

    福山さんのコンサートには、8年くらい前に1度行ったことがありましたが、その時はもちろん女性が多かったですが、子供から年配の方まで来ているのが福山さんのコンサートの特徴かもしれません。

    今日は男性だけだったこともあって、その時に比べると、バラード系よりは男っぽい曲が多かったように思いますが、基本的にシングルカットされた曲ばかりなのでどれも聞き覚えがあり一緒に歌いやすかったです。

    全く同学年なので、昔の歌も、今の歌も、その時々の自分の歳と重ねて聴いていました。

    若い時には自分の熱い想いや切ない気持ちを歌い、30歳過ぎる頃になると人々や世の中に対するメッセージ的な要素が出てくるようになり、最近は若い人に向けた応援歌のように感じます。

    以前、ラジオ番組で福山さんが、女性の気持ちで歌詞を書くことがあるけど、その女性も年々歳を重ねていることに気づいたって話していました。
    年齢的なことを含めて、自分の成長がアーティストの魅力を深め拡げているなあと感じます。

    ライブの中には、過去を振り返る映像が流れていたのですが、なかなか売れない時に気づいたのが「自分プロデュース力」。 福山雅治から見て、歌手、福山雅治をどう魅せて行ったらいいか考えるようになったという話が印象的でした。

    同じ年のスーパースターは、60歳、70歳になる時にはどんな曲を歌っているのでしょうかね。それはそれで楽しみのように思います。

    一番好きな曲はと言われるといろいろあって困るのですが、 今日歌った中で、イントロが流れただけで思わず顔が微笑んだのは「IT'S ONLY LOVE」や「HELLO」「MELODY」とか、昔の曲は、自然に身体が反応してしまう感じがしました。

    でも、まあ、男から見てもやっぱりカッコええわあ。 あんなスーパースターになるような人が、同じクラスにいたかもしれないと思うと、人の可能性って凄いなあと思います。

    来年3月でデビュー30周年だそうです。 福山くんも半月板にはくれぐれを気をつけて!(^○^)










    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    |||Calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    +アーカイブ

    +コメント一覧

    • 9月1日に生まれて
      sisst
    • 9月1日に生まれて
      sisst
    • 9月1日に生まれて
      kantoku
    • 南会津から 2018夏
      sisst
    • 南会津から 2018夏
      kantoku
    • Never Enough
      sisst
    • Never Enough
      kantoku
    • こくぞうさんのある町
      伊藤慎悟
    • こくぞうさんのある町
      kantoku
    • 成果はあったはず
      kantoku

    +おすすめ

    +リンク

    +プロフィール

    Search This Site

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM