お雑煮

0
    皆様、新年あけましておめでとうございます。
    いつも通りの年末年始ですが、毎年加速度を増して1日が過ぎていってます。「9日も外に出かける仕事がない」と気を抜きまくっていましたが、もうあと3日なんて…

    写真は、今年2020年の仕事用の年賀状です。
    独立開業して以来、同級生で、デザイナーの井戸誠典くんが作ってくれています。開業した2008年が子年だったので、これで干支が一回りしました。今年9月からは2周目に入ります。年賀状もそんなイメージになっている感じがします^ ^

    我が家は二世帯住宅なのですが、毎年お正月の朝は、母が作るお雑煮を食べるのが習慣になっています。食べないと許してもらえない脅迫感があります^^;

    母は長野市の出身で、亡くなった祖母も同じようなお雑煮を作っていたので今までなんとも思わなかったのですが、母が作るお雑煮は、岐阜県や愛知県ではあまり食べられていないのですね。

    多分この地方のお雑煮は、もっとシンプルで、角餅、小松菜、削り節くらいなのではないかと思うのですが、長野市で食べられているお雑煮は、けんちん汁みたいに具だくさんで、角餅以外に、鶏肉、なると、大根、人参、椎茸、タケノコ、三つ葉、ビタミンちくわなどが入っています。

    年に一度のことだし、これはこれで満足しているのですが、他のお雑煮ってどんななんだろうとも思ったりします。さすがに外でお雑煮をご馳走になることってあまりないですからね。

    そんな母が作るお雑煮は、毎年、色合いが綺麗で気に入っていて、昨年もお正月の挨拶と一緒に投稿したのですが、今年の盛り付けは何だか様子がおかしい。 昨年の写真と比較したのが、掲載したとおりです(2枚目と3枚目)。

    母に写真で事実を見せながらそのことを伝えると、今年はどんぶりの選択を間違えてバランスが悪くなったと言い訳が(同じどんぶりでしたが)。
    「そんな写真を掲載されたくないので、もう一度作り直しさせろ」と懇願され。
    「2杯も食べられないから要らない」と言うと、「私が食べるから」としつこく言われましたが、今年は投稿しないからと納得してもらいました。
    そんなわけないやんと心の中で思いつつ。。。(^○^)

    新年早々、他愛もない話ですみませんでした。
    皆様、本年もよろしくお願い申し上げます。










    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    |||Calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    +アーカイブ

    +コメント一覧

    • 9月1日に生まれて
      sisst
    • 9月1日に生まれて
      sisst
    • 9月1日に生まれて
      kantoku
    • 南会津から 2018夏
      sisst
    • 南会津から 2018夏
      kantoku
    • Never Enough
      sisst
    • Never Enough
      kantoku
    • こくぞうさんのある町
      伊藤慎悟
    • こくぞうさんのある町
      kantoku
    • 成果はあったはず
      kantoku

    +おすすめ

    +リンク

    +プロフィール

    Search This Site

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM