お米をおかずに

0
    今日受講したオンラインセミナーで、昔の学校の授業で何を学んだなんて全然覚えていないけど、先生が話したくだらない雑談をいつまでも覚えていたりする。つまりは感情を伴う学習は記憶の定着がしやすいといったお話がありました。

    本当に30年以上経っても、雑談ばかり覚えています。

    高校で3年間、保健体育の担当だった平田先生は、教室での授業の時はほとんど雑談でした。 先生が顧問のバレー部は、当時、インターハイや国体、春高の常連校でした。 遠征に新潟に行くと、新潟のお米があまりに美味しいので、生徒たちに「お米をおかずにして、お米を食べなさい」と話していると言ってました。 本当にどうでもいいような話だけど、今も、新潟のお米を食べたり、テレビで見たり、もっと言えば「新潟」という言葉を聞いただけで、平田先生のことを思い出します。

    中学3年の時に国語の担当だった岡部先生。 先生がある時、「芸能人と呼ばれる方は頭はどんどん良くなるそうですね。それは有名な方にたくさん会ってお話を聴けるからだそうです」と話されたことがありました。 当時でも年配で真面目な印象の先生が、芸能人の話題をされたことも意外でしたが、先生が話していた意味が当時はよくわからなかったです。 でもその言葉には、私たちが生きていくための大きな示唆があったことは、歳をとるにつれて感じています。 今、テレビでMCをしているような方にはそんな方が多い感じがしますし、そんな印象がする芸能人の方を見たり感じるたびに、岡部先生のことを思い出します。

    商工会議所に勤めている時に、岡部先生が一度、私が担当していたグルメマップが欲しいと一市民として取りに来られたことがあったんだよなあ。あの時、恥ずかしくて声をかけられなかったことを未だに後悔しています。

    4年程前、ある研修に一緒に参加した頭の良い高校生の子が、自分が通う学校の先生についてこんなこと言ってました。

    1.良くない先生は、自分の言いたいことだけを話す
    2.普通の先生は、生徒になるべく分かり伝えようと話してくれる
    3.良い先生は、自分の経験や例えを用いて話してくれる

    税理士のお母さんと一緒に研修に参加していたお子さんで、なんて分析力のある子なんだろうと思ったけど、今日のお話と共通していますね。

    他にも高校で社会を担当してくれた新人の今井先生は、友人が酔っ払いタクシーで嘔吐しそうになり、両手で受け止める覚悟をした出来事を面白おかしく話してくれました。
    中学で教育実習に来た音大生の吉田先生は、大学からヨーロッパに研修旅行にいった話を実習期間中、毎朝ホームルームでしてくれました。そんな話を頭の中で想像しながら聴いていました。

    先生たちの何気ない一言が、今の自分をつくってくれているように思います。
    皆さん、ありがとうございました^ ^


    コメント
    コメントする








       

    |||Calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    +アーカイブ

    +コメント一覧

    • 9月1日に生まれて
      sisst
    • 9月1日に生まれて
      sisst
    • 9月1日に生まれて
      kantoku
    • 南会津から 2018夏
      sisst
    • 南会津から 2018夏
      kantoku
    • Never Enough
      sisst
    • Never Enough
      kantoku
    • こくぞうさんのある町
      伊藤慎悟
    • こくぞうさんのある町
      kantoku
    • 成果はあったはず
      kantoku

    +おすすめ

    +リンク

    +プロフィール

    Search This Site

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM