日本酒の苦手な私でした。。。

0
    30歳くらいまではお酒を美味しいと感じることがなくて、仕事の付き合いなどでは飲んでるフリをしたこともありました。

    そんな私もだんだんお酒を美味しいと感じることが出来るようになり、今ではお酒がない人生はつまらなと思うくらいになってきました。 一緒に飲んだことがある人は分かると思いますが、今でも弱いですけどね。すぐに真っ赤になり、眠くなりますzzz

    そんな私ですがお酒の中で少し苦手なのが、「日本酒」でした。 もちろん飲みやすいのもあるのですが、ビールやハーボールを飲んだ時のような気持ちの高揚がなく、二日酔いになりやすいなど、どうしても優先順位が下げっておりました。

    でも仕事で日本中あちこち行くと、ご当地の日本酒お土産にいただく機会が多いのです。 皆さん自慢のお酒を私に飲んで欲しいと思って渡してくださるので、なんとかこれを美味しく飲めるようになりたいと思っていました。

    我が家には常に日本酒のストックがある状態です。 幸い家族に日本酒好きがいるので無駄になることはなかったのですが、自分が日本酒を飲む喜びを感じることができない悔しさをずっと抱えておりました。

    もう10年くらい前にお会いした造り酒屋さんで、その苦手意識を話したところ、「お水をチェサーがわりにしてお酒と一緒に飲んだらいい」とアドバイスされました。 何度か試してみましたが、お酒を美味しく飲める方はこんなことしなくても飲めること思うと、本質的な解決ではないようにも思いました。

    20年くらい前に、勤めていた商工会議所の飲食サービス部会の視察研修会で静岡市に行ったことがありました。 その時、私が紹介したのが「ヴィノスやまざき」というワインがメインの酒屋さんでした。 このお店のいいところはいっぱいあったのですが、印象に残っているのが、娘さんの種本祐子さんが企画した商品で、「アルコール度の低いオリジナル赤ワイン」がありました。

    この商品を開発した経緯は、若い女性に赤ワインが苦手な人が多かったこと。ワインにも順番があって、 「ロゼワイン→白ワイン(ドイツ→その他へ)→赤ワイン」 という順番に飲んで行くと、だんだん舌が慣れて行って、渋みのある赤ワインも美味しく感じる。 しかし、結婚式とかでいいワインだと言われて、未経験者がいきなり赤ワインを飲むと、赤ワインに苦手意識を持つ人が増えてしまうのだと言われていました。 コーヒーと同じく渋みはだんだん旨味に変わっていく感じですね。

    だから種本さんが手がけた赤ワインは、アルコール度数は通常の赤ワインの半分くらいで、少しずつ飲めるようなキャップ式、料金も1000円くらいでした。 この赤ワインに慣れた人たちが、やがて渋みのある赤ワインを美味しく飲めるようになっていくイメージですね。お客さんのワイン舌を育む取り組みのようでした。

    こんなイメージで、入門編の日本酒ってないものかなとずっと思っていました。 でもアルコール度数が、半分以上も低い日本酒ってないんですよね。 ニーズが少なく、作っても売れないのだと思います。

    とは言うものの、日本酒が苦手という人は結構多いし、日本酒需要は少なくなるばかり。 何より私の個人的な願いをどう叶えるか方法はないものかと思っていたのですが、この春、2つの出会い、気づきがありました。

    1つは津島商工会議所(愛知県)のセミナー、個別相談会の仕事であった津島市にある酒屋さん「古川屋の古川希有さん」。 彼女は長くイタリアで仕事をしていて数年前に実家に戻り、4代目として事業継承されているのですが、元々理系出身で考え方が論理的なんです。  

    私の悩みを彼女に話したところ、「アルコール度数が極端に低いものはないけど、吟醸酒、純米酒、本醸造酒等の違いだけでなく、その中の原材料とか、精米歩合とかで、お酒にもそれぞれ個性や特徴があるから、そこでその人に合うもの仮説を立てる」ことはできると話していました。

    彼女は、過去に私が飲んで美味しく感じたものから、仮説を立てて、おすすめの1本を提案してくれたものを購入したのですが、実際、飲みやすさを感じました。 毎日少しずつ飲みましたが、飲むたびにクセになる旨味を感じていました。

    もう1つは「日本食にお酒を合わせること」。 和食には日本酒がいいとはずっと言われていることですが、どうしても最初に生中やハイボールなどを飲んでしまうと、その後日本酒を飲んでも、料理との相性もへったくれもない感じでした。

    それが先月、飛騨市役所に勤める上出久行さんが、ステイホーム中に地元神岡町のお店で買われたという「お刺身と日本酒」の投稿写真を見て、「これは旨そうだなあ」と思って私も真似してみました。 他のお酒は飲まずに、お刺身と日本酒で食べてみたのですが、スーパーで買ったどこにでもあるお刺身でしたが、「これは確かに今まで感じたことがない料理の美味しさが味わえる」と思いました。

    先日、夜間営業を再開した飛騨古川の「居酒屋まーくん」でも、同じことをやってみましたが、ここはお刺身もお酒も美味しいことだけあって、ノックダウンされるくらい美味しかったです!

    日本酒を選ぶ時に、迷っていたら少し試飲をさせてくださったのですが、その料理にあったお酒を想像して選ぶ必要もありそうですね。そうやって選んだ日本酒はお刺身にもバッチリでした。  

    赤ワインとかもお肉と一緒に口に含むのがいいと言いますもんね。 感覚的はあれと一緒なんですが、もう少し上品で繊細な味な感じです。

    なんとなくですが、私はこのまま日本酒にも慣れていくのだろうなあと思います。 飲む時に、ビール、ハイボール、ワイン、そして日本酒と、どれを優先しようか新たな悩みが増えましたが、人生の愉しみが増えたように感じています。

    私にそんな気づきと発見を教えてくれた、古川屋の古川希有さん、飛騨市役所の上出久行さん、そして居酒屋まーくんの藤田さんご夫婦、ありがとうございました。

    とりあえず、皆様も?今夜?あたり、 日が暮れる前に外を眺めながら、日本酒とお刺身だけでゆっくり味わってみてはいかがですかね。 明日から仕事の人も多いと思うので、飲み過ぎませんように^ ^

    ●津島の酒屋「古川屋」(愛知県津島市)
    ? https://furukawaya3.wixsite.com/website

    ●居酒屋まーくん(岐阜県飛騨市)※飲食店紹介サイト ? https://retty.me/area/PRE21/ARE306/SUB38304/100000524982/










    コメント
    コメントする








       

    |||Calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    +アーカイブ

    +コメント一覧

    • 9月1日に生まれて
      sisst
    • 9月1日に生まれて
      sisst
    • 9月1日に生まれて
      kantoku
    • 南会津から 2018夏
      sisst
    • 南会津から 2018夏
      kantoku
    • Never Enough
      sisst
    • Never Enough
      kantoku
    • こくぞうさんのある町
      伊藤慎悟
    • こくぞうさんのある町
      kantoku
    • 成果はあったはず
      kantoku

    +おすすめ

    +リンク

    +プロフィール

    Search This Site

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM