持ち運べる畳 TATAMI TATAMI

0
    先週木曜日は、岐阜県飛騨市にある古川町商工会で「小規模事業者持続化補助金申請のための経営計画策定セミナー」でした。
    まだ公募も始まっていませんけどね。古川町は、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている「古川まつり」という大イベントが4月に控えているため、事業者さんに早めに取り組んでもらえるように、いつも早い時期からセミナーを開催しています。
    夜7時から3時間のセミナーにもかかわらず、多くの方がご参加いただきありがとうございました。
    途中、私にアクシデントがあり、皆様には大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。あれから数日経ちましたが、お陰さまで健康に元気に過ごしています(^^;;

    セミナー前の日中に、古川町で畳屋さんを営んでいる重澤製畳店さんと一緒にランチを兼ねた打合せをしていました。

    重澤製畳店さんは古川町で70年近い歴史のある畳屋さんです。お父さんと息子さんの2人で営んでいる畳店です。
    日本人の畳離れや住宅着工建築数の低下、安売り業者の進出など、地域の畳業界は厳しい環境に置かれていますが、同店は地域での信頼が厚く、依頼が絶えないんだそうです。

    そんな重澤さんが昨年から販売を始めて新商品「TATAMITATAMI」。

    一畳分の畳を持ち運んでレジャーシートのように使えるようにやデザインや素材を改良して製作しています。

    昨年、東京で大きな展示会に出展したこともあり、いろんな引き合いがあり、今年に入ってからも大阪・梅田の「阪急百貨店」や、東京・六本木の「ミッドタウン」の催事に呼んでいただき、展示即売会を行なったそうです。

    ホームページでも動画で商品の紹介をしているので、ぜひご覧になってみてください。
    今回、実物を初めて見ましたが、この商品は本当にすごくいいですよ。

    動画では、キャンプや海などレジャーシート的に紹介されていたり、病院の付添いベッドの横に敷いてある写真が掲載されていますが、デザイン性が高いので、フローリングの床においてもオシャレに馴染みます。

    商品の柄にもよりますが、この日サンプルに持ってきてくれた写真の柄とかは、イタリアのアパレルメーカー、ミッソーニの商品みたいです。

    先日、阪急百貨店で注文された方は、ペットのワンちゃんと一緒に寝そべるように、洗うこともできるナイロン素材の畳を選ばれたそうです。
    畳の柄や縁も自分の好みでオーダーメイドできるので、皆さん組み合わせを楽しみながら選ばれたとの事でした。

    普通の畳を買うことを思うと値段は少し高めですが、この畳を使うたびに日本人の喜びを感じ、高揚感や癒しを感じるのではないかと思います。

    海外向けに事業をされている方は、自社商品のプロモーションやディスプレイにも使いやすいのではと思います。

    ネットでも注文できますが、もしお時間に余裕があれば、この春や夏に、飛騨までお越しいただき、実際に「TATAMI TATAMI」のサンプルを見ながら、自分の好みの色柄を選ばれたらと思います。 ついでに飛騨や高山を観光して、綺麗な景色や美味しいものを堪能してもらたらと思います。

    本商品は飛騨市のふるさと納税の返礼品として採用されています。

    ●「TATAMI TATAMI」(動画レジャー編)
    https://shigezawa-tatami.com/tatamitatami/leisure/

    ●「TATAMI TATAMI」(動画ホスピタリティ編)
    https://shigezawa-tatami.com/tatamitatami/hospitality/

    ●重澤製畳店「TATAMI TATAMI」
    https://shigezawa-tatami.com/tatamitatami/

    ●飛騨市ふるさと納税(ふるさとチョイス)
    https://www.furusato-tax.jp/city/product/21217?page=15








    おっさんずランチ

    0
      昨日は事務所サロンに飛騨高山からお客さんがお越しになりました。 とは言っても相談のお客さんではなく、商工会議所時代に仕事仲間だった後輩です。
      もう20年くらいの付き合いになるのかな。
      今は高山市にある飛騨木工連合組合で事務局長をしています。

      昨日は岐阜市内の大学で打ち合わせがあったそうで、帰りに各務原に立ち寄ってくれました。

      彼が事務所に来たのは初めてでしたが、事務所に置いてあるスタンドライトは、彼に紹介してもらった高山の木工メーカーで購入したものだったので、なんとなくこのサロンにも近い存在に感じてました。

      昨日は、お土産に飛騨の木工メーカーが作った木製の卓上名刺ケースをプレゼントしてくれました。

      事務所で使えるんじゃないかと思って選んでくれたそうです。
      なんか国会議員の先生や偉い社長さんの部屋に置いてあるみたい(*^^*)

      飛騨で作られたものだし、シンプルだけど雰囲気があり、無茶苦茶気に入りました。
      カメレオン並みに見事に室内に溶け込んでます(^○^)

      飛騨桧の匂袋までつけてくれて気が利いてます。

      そういえば彼は昔からお土産やプレゼントをくれる時に「伊藤さん〇〇だと思って」と言って渡してくれた覚えがあります。
      きっと私にだけでなく周りの方々にも同じ姿勢なんだと思います。 そんな姿勢が今もたくさんの人に慕われている証拠でしょうね。

      あと彼は字がすごく綺麗。多くの人が女性が書いたと間違えるくらいです??

      忙しいのに遠いところ、わざわざ来てくれてありがとう。 ランチのイタリアンもお腹いっぱいで美味しかったね。 お互い話題が健康とかオッサンだったけど、楽しかったあ。 お喋りしすぎて、ランチタイム終了時間ですって言われちゃったもんね(^^;

      また高山か、各務原で会いましょうね。ありがとうございました。

      ●協同組合飛騨木工連合会
      http://www.hidanokagu.jp/








      青春18

      0
        今日は列車を乗り継ぎ、再び滋賀県東近江市へ。八日市商工会議所の創業塾(4日目)の仕事でした。

        写真は、近江八幡から八日市に向かう近江鉄道の中で見かけたメッセージ。 女子高生ってこんな気持ちになったりするのかなと思いながら眺めてました。

        私が中学生の頃、富山県で国鉄職員だった伊藤敏博さんというシンガーソングライターの方の歌がヒットしたことがありました。
        一番ヒットしたのは、「サヨナラ模様」という曲でしたが、私はその後に出た「青春18」が好きでレコードを買ってよく聴いていました。

        「夜のヒットスタジオ」に出ていた伊藤さんが、車掌の仕事をしていた時に見かけた高校生を思いながら曲を作ったようなことを話されていました。

        私も伊藤さんが見た風景を想像しながら聴いたり、歌ってた覚えがあります。

        この春、卒業する高校生たちにも、いろんなドラマがあるのでしょうね。別れは始まりでもあり、終着駅は出発駅でもありますから。。。

        伊藤敏博さんの「青春18」の歌詞や曲は下記のアドレスから見れます。レコードが擦り切れるくらい聴いていたから、今でも歌えますが多分カラオケがないんじゃないかなあと思います(*^^*)

        伊藤敏博さんは、国鉄からJRになった時に退職されて、今でも地元富山などで歌手やラジオパーソナリティーとして活動されていると聞いたことがあります。 富山には仕事で行くことがあるので、いつか会ってみたいなあという願ってます^ ^

        ●「青春18」伊藤敏博さん

        『歌詞』
        http://j-lyric.net/artist/a01383a/l021fdc.html

        『曲』
        https://youtu.be/Bpa5pH5NdjI








        本能寺はやめて

        0
          金曜日は、先週に引き続き、滋賀県の大津商工会議所でセミナーでした。

          大津商工会議所で秋に開催された「魅力ある会社づくりセミナー(全10回)」のフォローアップセミナーとして、2回担当させていただきました。

          2回のセミナーでどこまで皆さんに満足いただけるか心配していましたが、皆さんが前向きに取り組んでくださっている様子を感じることが出来て嬉しかったです。参加してくださった皆様、機会をいただいた大津商工会議所様、ありがとうございました。

          当日は、日中、4月にセミナーを担当させていただく同じ滋賀県の長浜商工会議所に打ち合わせで立ち寄りました。
          今年度は大津、八日市、近江八幡、長浜と滋賀県にたくさんご縁をいただき有り難いです。15日くらいは滋賀県で過ごしたのかな。

          先日、そんな話題をしていて、「岐阜から滋賀って、織田信長みたいだよね〜。次は京都かな!」って話したところで気がつきました。
          「あかん、本能寺で殺されてまう。このまま滋賀に留まろう^^;」
          なんて他愛もないおバカな話をしてました(*^^*)

          この日は時間があったので、大津駅から商工会議所まで歩いてみました。
          大津駅から坂を下ると琵琶湖が見えたり、市電が走っている景色が、どこか函館の八幡坂に似ているなあと思ったりしていました。

          歩いている途中で見つけた間口の狭いカレー屋さん?すごくいいにおいがして食欲がそそられた。今度はぜひ行ってみようと決めました。

          次回はまた4月に。ありがとうございました。










          あったらいいのに

          0
            仕事柄、東京に出張、滞在することも多いのですが、 関東でよく見かけるのに、東海地方にはほとんどない外食チェーン店が天丼チェーンの「てんや」です。

            元マクドナルドに勤めていた創業者が独自のオートフライヤーを開発し、職人に頼らないで、揚げたての天ぷらを、安く美味しく食べられるということはテレビでも紹介されていました。

            天ぷらって料理するの大変ですもんね。昔、料理教室の先生が言ってましたが、天ぷら揚げるの時の熱さが嫌で、天ぷらを料理するのを嫌いになる人は多いと言ってました。

            最初にてんやに入ったのは、もう13年くらい前だったと思いますが、国分寺駅近くのお店でした。こんなに安くて美味しい天丼が手軽に食べられると感激した覚えがあります。
            (現在は並盛540円ですが、当時は500円だったかな)

            関東ではたくさん見かけていたので、そのうち東海地方にも出来るだだろうと楽しみに思っていました。

            あれから10年以上過ぎたのにいっこうに出来なかったのですが、2年くらい前にようやく岐阜県大垣市に出来たことを他の方のFacebookの投稿で知りました。

            大垣方面で仕事があった時に立ち寄ってみたいと思っていましたが、 先日、滋賀県からの仕事の帰りに、あえて高速道路を大垣ICで降りて立ち寄ってみました。

            味は私が東京で何度も食べたことがあるてんやの味です。美味しくリーズナブルに天丼をいただきました。

            ロードサイド店なので、テーブル席やボックス席も多く、日曜の夜だったこともあり、家族連れが目立ちました。一人で来ていたのは私くらいだったかな。持ち帰りを待っている人も多くいました。 定食メニューもあるし、この店では小さなお子さんには、籠に入ったオモチャを1つ選べるプレゼントまであって驚きました。

            大垣の人は近くにてんやがあっていいなあ。
            何より一番印象に残ったのは、お店の雰囲気が良かったこと。
            きっとオーナーが作っている雰囲気なんだと思いますが、働いている人の応対がよくて気持ちがよかったです。 もちろん、またてんやの天丼も食べたいですが、またこの店に来てみたいと感じました。

            てんやは全国で200店くらいあるそうですが、ほとんどが関東地方に集中していて、岐阜県ではまだこの大垣の1店舗だけです。隣の愛知県には5店あり、最近、金山駅近くにも出来たそうです。

            天ぷらの名店ももちろん行きたいですが、財布に優しい天ぷら屋さんも有難いです。

            ●天丼てんや
            https://www.tenya.co.jp/sp/





            |||Calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << March 2019 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            • 南会津から 2018夏
              sisst
            • 南会津から 2018夏
              kantoku
            • Never Enough
              sisst
            • Never Enough
              kantoku
            • こくぞうさんのある町
              伊藤慎悟
            • こくぞうさんのある町
              kantoku
            • 成果はあったはず
              kantoku
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              sisst
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              kantoku
            • ほんの6年ですが
              kantoku

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM