新郎のオジ

0
    連休最終日は名古屋で甥っ子の結婚式でした。
    甥は現在25歳。社会に出て3年が過ぎたところだから、今の若い子たちの中では早いほうかもしれないですね。
    結婚式前の親族紹介で「新郎のオジ」と紹介されたのが新鮮でした(*^^*)

    小さい頃はキャッチボールするだけで喜んでくれて、ちょっと前まで、私のおさがりの服を欲しがっていたと思ったのにあっという間だなあ。

    高校生の時は、県岐商から甲子園にも行くことが出来て、彼には楽しませてもらいました。

    なんだか人生が3周目くらいに入った感じがします。1周目は自分自身が大人になっていく過程、2周目は子どもたち世代が大人に成長する過程、そして今度は孫たち世代?
    まあ50歳になるんだからおかしくはないのかな^^;

    初めて会ったお嫁さんは、細くて顔が小ちゃい桐谷美玲似の美人さんでした。甥っ子もデレデレだね。

    陽介、奈々さん、ご結婚おめでとう。 お二人がこれから経験していく日々を通して、素晴らしい人生でありますように。










    29年ぶりの明治神宮

    0
      ゴールデンウィーク後半、この3日間は東京で研修に参加していました。
      会場が表参道だったので、今朝は早起きして「明治神宮」に参拝してきました。 (昨日、酔っ払ってホテルに帰って、22時に寝てしまっての早起きですが^^;)

      仕事、プライベート含め、原宿駅には何度も降り立ったことがありますが、隣接する明治神宮に来たのは人生2度目でした。

      忘れもしない、あれは昭和64年1月4日。まだ名古屋の観光バス会社に勤めていた時にお正月の初詣ツアーの添乗員として来ました。

      名古屋を1/3夜に出発し、1/4朝から、「川崎大師、神田明神、湯島天神、明治神宮、浅草寺」と5カ所を周るよくばりな弾丸ツアーでした。

      どこも初めての場所でしたが、先に同じツアーを添乗した同期からレクチャーを受けて、内心ヒヤヒヤしながら分かったような顔をして案内した覚えがあります。

      まだドトールコーヒーを知らなくて、浅草のお店で、この店、席で待ってても、なかなか注文とりに来ないなあとか思ってたら、隣の人が教えてくれた覚えがあります。

      バスガイドさんのいないツアーだったから自分でなんでもしなければならなかったのですが、名古屋に到着前の最後の挨拶で、 「5カ所同じ願い事をされた方、5カ所それぞれ異なる願い事をされた方あったかもしれませんが、私は皆さんのお一人おひとりの願い事が叶うことをご祈念申し上げてました」というような挨拶をした覚えがあります。
      今から思えば当時19歳の小僧が何を偉そうなこと言ってるのかと思いますが、お客さんたちは喜んでくださった覚えがあります。

      それが昭和という時代が終わる3日前。 私が20歳を迎える5日前のことでした。

      それ以来だから、29年ぶりかな。 当時は仕事始めの日だったから、スーツ姿のおじさんたちの集団がいっぱい歩いていたことをかろうじて覚えがありますが、あとはどこをどう歩いて参拝したのか、ほんとに参拝したのかも覚えていませんでした。

      今回、2度目の参拝は、私がおじさんになっての参りました。参道をゆっくり歩き、しっかり拝殿の前で参拝させていただきました。

      「五箇条のご誓文」って、明治天皇に関わる歴史だったんだね^^;^^;

      そうそうほんとはお賽銭100円にしようと思ってホテルを出る前にズボンのポケットに入れておいたのですが、途中からどこからともなく、

      「慎悟さあ、せっかく明治天皇のところに行くんだから1,000円くらい入れとこうよ!」

      という心の声が聞こえてきて、その声が消えることがなかったため、従うことになりました。神様、こういう心の声、困ります(><)

      29年前もお客さんの幸せを願ったのだから、今回も私と関わった皆さんの幸せを願いました。
      関わった皆さんの成長や成功など喜びの声を聴くことが、私の喜びや幸せになったらいいなと思います。そしたら私の1,000円も報われます(^○^)

      図らずも今回は平成という時代が終わる最後の年に来ることになりました。さすがに29年後はないかなあ^ ^

      3日間、ご指導いただいた講師の先生、スタッフの方、参加者の皆様、ありがとうございました。平成最後のゴールデンウィーク、よい学びと思い出になりました。






      オジサン・スタンドバイミー

      0
        金曜日、東京からの帰りは、地元で10年ぶりに開催される中学の同窓会に参加する親友たちと一緒に岐阜に帰りました。

        午後7時に新宿を友人の所有するキャンピングカーを牽引しながら出発。 途中、横浜の別の友人宅に立ち寄ってから東名に乗り、10時くらいに海老名SAで夕食。その後、新東名を通り午前2時に岡崎SAへ。 キャンピングカー内で2時間、男同士で飲み明かし、午前4時にようやく就寝。

        土曜日は、10時に起きてSAで朝食を取り、11時半くらいに岐阜に向けて再び出発。13時過ぎに到着しました。

        その後、友人たちは我が家でひと休みし、お風呂に入ったり、身支度を整えて同窓会へ。 同級生が営むスナックでの2次会まで参加した後、もう2人加わり午前1時にうちの事務所へ。 午前4時まで飲み明かし、事務所の床に布団を並べて就寝。

        日曜日は、10時に起きて近所の喫茶店でモーニング。親友たちは12時に春スキーをしてから東京に戻るため、長野県の白馬高原へと旅立ちました。

        今回は東京出張と、同窓会、親友たちの帰省が重なっての出来事でしたが、楽しかったなあ。 東京出張の時に、数時間一緒に飲みに行くことはあっても長い時間一緒に過ごすことはなかなかなかったから。 馬鹿話ばっかりだったけど、よくしゃべり笑いました。

        今日からはもう日常に戻りましたが、一緒に過ごした時間の余韻にまだ浸っています。

        見事にジャケット忘れていきよった。 松戸に送ってやらねば^^;

        同窓会に関わってくれたみんなもありがとう。私たちみんな50歳やね?? (^○^)








        Never Enough

        0
          東京に出張中、滞在先のホテル近くに映画館があり行ってきました。 東京の街中の映画館はレイトショーとかないんだね。 思わず、チケット売り場で尋ねちゃいました。田舎モン丸出しです^^;

          観たかったのは、「グレイテスト・ショーマン」。岐阜だと上映が終わっているところも多かったので、映画館で観られてよかった。

          これから観られる方のために内容の紹介は控えるとして、いい映画でした。 ララランドと同じく、ミュージカル映画なので最初から最後までずっと音楽が流れ休む間もなく圧倒されていました。

          個人的には、リンド (レベッカファーガソン) の歌声がすごく印象に残ったな。 ほんとは吹替なんだけど、演技も素晴らしくて彼女の魂が歌っているような声でした。2日経った今も耳に残っています。

          世の中に映画も音楽もダンスもなかったらどんなにつまらなかっただろう。 芸術に関わる人は安定なんてないけど、それでもそこに人生をかけて挑む人たちって素晴らしい。あなたたちのおかげで人生を楽しませてもらってる。 そんなことも映画を観ながら思っていました。

          サントラも購入したので、他の皆さんと同じようにしばらくヘビーローテーションになりそうです。








          瓦そばと珈琲とシガ食堂

          0
            来月、5/21(月)は、愛知県の岡崎商工会議所で開催される「創業セミナー」の講師をさせていただきます。

            創業にもいくつか段階がありますが、今回のセミナーでは、第一ステージと呼ばれる「漠然と創業を考えている」ような方が対象です。
            このセミナーでは、私だけでなく実際に岡崎商工会議所の支援を受けて開業された方にもゲスト講師として来ていただき、経験談をお話しいただきます。

            昨日は午後からそのゲスト講師をしていただく方のお店に打ち合わせに伺いました。
            今回ゲスト講師をしていただくのは、岡崎市小美町で瓦そばとカフェのお店「シガ食堂」を経営されている志賀有加里さんです。

            元々、山口県下関市出身の志賀さん。 岡崎出身のご主人が下関の大学に通っていたことでお付き合いが始まり、結婚とともに岡崎に嫁がれました。

            長い間、専業主婦をされていましたが、ご実家がお好み焼き屋さんをされていたこともあり、いつか自分で商売をされてたいという想いを持たれていたそうです。

            お子さんたちも成長し、ようやく自分の事を考えられるようになってきたところで創業に向けて行動を始めるも、自己資金も経験もないことから金融機関からね融資を断られふりだしに戻ることに。

            しかし、志賀さんに諦める選択肢はなく、どうしたら金融機関の方が融資しやすくなるかを考えて、開業までの2年間、コンビニでのパート以外に、夜は飲食店3店で経験を積みながら、自己資金をためて、無事、融資を受けることが出来たそうです。
            この2年間が後々すごくよい経験になったとのことでした。

            セミナーでは、志賀さんがなぜ創業したいと思ったのかか、まず何から行動を始めたのか、やってみたらどんなことがあったか、そして今どんな状況にあるかなど本人よりお話いただきます。

            ここには書ききれないくらい志賀さんは素敵な経営者でした。開業した後も常に考え変化と進化をしていらっしゃいました。

            私が一番印象に残ったのは、手書きイラストの「箸袋」。元々、絵やイラストがお好きなんだそうですが、お店で出す全ての箸袋に毎日イラストを描かれいるそうです。大変ではあるけど、好きだから苦にはならないそうです。

            私がいいなあと思うことは、自分の好きなことをさりげなく商売に活かしているところ。イラスト好きな人が飲食店を経営するとこんなこともできる的なところがいいなあと思いました。

            こんな素敵な経営者がやってるお店が近くにある岡崎の方が羨ましいなあとちょっと嫉妬していました。

            今回のセミナーは、岡崎市の方だけでなく、興味関心がある方ならどなたでも参加いただけるそうです。
            個人的には、結婚されている方や子育て中の女性の方で、外で働くだけでなく、自分で創業・起業するという選択肢を漠然と考えいる方にこそ聞いてほしいなあと思います。
            お子さんを連れてでの参加も構いませんのでぜひ興味関心がある方はお越しください。

            以下の言葉は、志賀さんが話されていたこと。全ての商売、そして人生そのものを物語っている感じがしました。

            「このお店は、私が20年間考えてきた実験をしているような感じです。それはこれからも続いていくんだと思います」。

            ●岡崎商工会議所(申込・問合せ) http://www.okazakicci.or.jp/
            http://www.okazakicci.or.jp/kosyu/300521.pdf

            ●シガ食堂(岡崎市小美町) https://m.facebook.com/kawarasoba0601/?locale2=ja_JP
            https://amp.retty.me/r/100001312454/











            |||Calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << May 2018 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM