小さな冒険

0
    先週までの東京出張中、滞在先に近い
    東京都小平市の「花小金井駅」近くにある美容院で
    カットをしてもらいました。

    いつもは地元の決まったお店に10年以上通っていますが、
    今回は忙しくてなかなかカットに行く時間がとれなかったことと、
    このお店は、私が2年前、半年間東京で単身赴任をしたいた際に、
    知人の紹介で一度だけ行ったことのあるお店であったことから、
    久しぶり行ってみました。

    電話での予約の際には、名字だけ告げて行ったのですが、
    お店に入った途端、オーナーのmatsumotoさんから
    「お久しぶりです」との声。
    びっくりしたものの「この人、本当に覚えているのかなあ」って
    半信半疑のままシャンプーを終え、席について聞いてみると、
    地方から研修のために来ていたことや
    誰の紹介で来たかも覚えているとこと。
    商売とは言え、2年前にたった一度、カットで来ただけの客を
    覚えてるって、スゴイなあって感心してしまいました。

    matsumotoさん、実はまだ28歳。
    3年前にオープンして、今では東村山市にもう一店舗出店したそうです。
    こんな人だからお店も順調に成長したんだろうなあと思っていました。

    ただ、私がmastumotoさんにカットしてもらたかったのは、
    店の雰囲気や人柄もあるけど、当時も感じてましたが、
    断然にカットが上手いこと。
    40歳の私の好みを察知してくれると、
    微妙に今風のテイストを入れてくれます。

    正直、カットしたばかりは、
    短くしすぎたかなって思わなくなかったのですが、
    今になってみるとmastumotoさんに冒険させてもらった気もしています。
    きっといつも美容院だったら、安心して任せられるけど、
    おもいきったことはしなかったと思います。
    もちろん安心して任せられる美容師さんも大切ですが、
    新しい気づきを与えてくれるって人も必要ですね。
    タイミングが合わないとなかなか行けませんが、
    mastumotoさん、またよろしくお願いします。
    私が見えなくなるまで見送っていただいて
    恥ずかしかったけど、嬉しかったです。

    さあ、この髪型が似合っているかどうかは
    皆さん、お会いした際に感想を聞かせください(照)。




    キララボーイズ

    0
      約半月に及んだ出張から帰ってきました。
      途中、相模原での仕事もありましたが、
      ほとんどは中小企業大学校東京校において、
      「中小企業診断士養成課程」の
      実習サブインストラクターの仕事をしていました。

      内容は、中小企業診断士を目指す研修生たちが、
      チームを組み、実際に企業診断を行うもの。
      私自身も約2年前、研修生としてこの実習を体験したひとりです。

      独立後、やがてこの仕事があるだろうと思っていましたが、
      いざ行うにあたり、私などが教える立場になって
      いいものだろうかと不安がありました。

      約2週間、いろいろなことがありましたが、
      結果としてはとても楽しい2週間でした。

      満天の星をイメージして、
      自ら「キララボーイズ」というな名前をつけた
      20代から50代までのメンバー7名は、
      とても一生懸命に取り組んでくれました。



      途中、あるメンバーに厳しく言ったこともありましたが、
      最後まで諦めず、期待に応えてくれました。
      またメインの先生にも恵まれ、
      指導者としての在り方を教えていただきました。
      教えてもらった立場から、教える立場になって
      はじめて学ぶことも多く、
      私にとっては大変実りある2週間でした。


      みんな社長に喜んでもらってよかったね。
      先生は、そばで見守ることしかできませんでしたが、
      みんなの思いが社長に通じて、嬉しかったです。

      卒業まであと一か月、最後までがんばって
      立派な中小企業診断士になってくださいね。
      応援しています。
      みんなありがとう。

      この遠い道程のため

      0
        約半月の出張も今日を含めてあと6日になりました。
        ずっと仕事ばかりだったのでと、
        昨日は自分に言い訳をして映画を観に出かけました。

        ずっと見たい映画があって、
        本当は滞在先に近い立川市の映画館に行きたかったのですが、
        上映時間が合わなかったため、電車で40分ほどかかる
        新宿の映画館まで行きました。

        私が住んでいる地域は、
        近年、ショッピングモールがたくさん出来たこともあり、
        シネマコンプレックスが多いのですが、
        都会では人口が多いわりに、そもそも場所がないから、
        映画を観るのも大変ですね。
        土曜日だったこともあり、
        1時間くらい前にチケットを買いに行ったのですが、
        残り2席という表示にびっくりしました。

        観たかった映画は「おっぱいバレー」。
        おっぱい好き・・・いやいや元バレー部員としては
        必ず見ておかなくてと思うタイトルでした(笑)。
        チケットを買う時に「おっぱいバレー一枚」というのが
        ちょっと恥ずかしかったです。

        CMでも流れていますが、タイトルのイメージと違って、
        青春感動ものといったいい映画でしたね。
        時代背景が、私の世代とかぶっていて、懐かしい唄が流れたり、
        あの頃の先生たちってあんな格好していたなあとか、
        「11PM」をどきどきしながら見ていたなあとか思ってました。

        私もあんな先生がいたらなあって思いました。

        今、私は人に「先生」と呼ばれ、教えること仕事もしていますが、
        正直、まだまだ学ぶことばかりの私が
        本当に役に立っているのかなあって思うことが多いです。
        周りの方に機会をいただき、支えられ、
        なんとかやっているといった感じです。
        もっと他に適した方がいるのではないかとも思います。

        でも、やる以上は、私が今できることをするしかないですね。
        できないことを嘆いても、今はできないんだから。
        いつかこれもできるようになる過程だったと思えるかも。

        「僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる」
        映画を観た人はわかりますね(笑)。




        写真は、知人が紹介してくれた新宿東口のお店。
        どこか懐かしい雰囲気が漂うのですが、
        おいしいコーヒーとビールのお店というコンセプトがあり、
        センスを感じ、そこに共感する老若男女が漂うといった感じでした。
        Fさん、ありがとう。


        東京は雨の日曜日。
        昨日遊んだ分、今日は一日部屋で仕事ですね。。。







        今年のGW

        0
          すっかりご無沙汰してしまいました。
          見てくださった方、申し訳ありません(汗)。

          このゴールデンウィーク(GW)、私はずっと仕事でした。
          さすがに外へ出かける仕事はなかったのですが、
          今年8月に行う講義の資料を作成していました。

          今まで。2時間程度のセミナーの講師をした経験はあるのですが、
          今回は6時間を3日間行います。
          昨年12月に依頼をいただいて、自分にとってよい経験になるからと
          二つ返事で引き受けたものの、本当に自分に出来るのだろうかという思いを抱えていました。

          今までのセミナーは、私が経験したことや、学んだことを説明していたので
          人前で話す緊張はありましたが、資料を作るのはそれほど難しくはありませんでした。
          しかし今回は、自分がよく知らないことも伝えなければならず、
          改めて勉強しなければなりません。
          当然、教科書を読みあげるだけではダメで、学んだことを自分になり咀嚼して、
          何らの事例や経験と合わせて伝えなくては理解してもらえません。

          そんな思いは抱えていても、これまで日々の仕事に追われ、
          学ぶ時間も資料を作る時間もありませんでした。
          そこで以前からGWは、そのための時間にあてようと思ってました。
          本当は4/29あたりから取り掛かりたかったのですが、
          はやり日々の仕事が長引き、実際始められたのは、5/3からでした。



          当初はこの期間集中できるように合宿でもしようかと思っていましたが、
          幸い二世帯で住んでいる両親が里帰りしており、
          その居住スペースを借りて取り組んでいました。
          写真がその様子です。
          この4日間、布団で寝る以外はほとんどここで過ごしていました。

          まだ完成はしていませんが、最低限ここまでやりたいとこまでは
          なんとか出来たという感じです。
          しかし、こんな連休も今までなかったなあ。。。
          僕のガマンが、8月に実を結び、役に立つ講義ができるといいなと思ってます。

          明日からは、神奈川、東京、長野で仕事が続き、
          15泊16日の遠征に出掛けてきます。
          また旅先からお会いしましょう。

          国道258号線

          0
            私が学生の頃までは、花粉症というものは
            世の中には存在しませんでした。
            その後、花粉症に苦しむ人を見ても
            自分だけはかからないと思っていましたが
            そんな私も花粉症にかかり、はや10年になります。

            その花粉症にもいろいろあって、
            私はスギではなく、ヒノキに発症すると知ったのは昨年のことでした。
            家族では私だけ。
            せっかくの春なのに、辛い日々が続いています。



            先日、仕事で岐阜県大垣市から、
            国道258号線を通って、
            三重県桑名市まで移動することがありました。
            この写真はその時に撮影したもの。
            前のタンク車に自分の車やまわりの景色が映ったのを見て
            面白くて思わず撮ってしまいました。

            ここは岐阜県でも一番西側。
            右は養老山脈、左には揖斐川は流れ、
            陽気もあって、なんとも穏やかな気分になりました。

            春なのに、ではなく、春ですね♪


            |||Calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << December 2018 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            • 南会津から 2018夏
              sisst
            • 南会津から 2018夏
              kantoku
            • Never Enough
              sisst
            • Never Enough
              kantoku
            • こくぞうさんのある町
              伊藤慎悟
            • こくぞうさんのある町
              kantoku
            • 成果はあったはず
              kantoku
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              sisst
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              kantoku
            • ほんの6年ですが
              kantoku

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM