今年のGW

0
    すっかりご無沙汰してしまいました。
    見てくださった方、申し訳ありません(汗)。

    このゴールデンウィーク(GW)、私はずっと仕事でした。
    さすがに外へ出かける仕事はなかったのですが、
    今年8月に行う講義の資料を作成していました。

    今まで。2時間程度のセミナーの講師をした経験はあるのですが、
    今回は6時間を3日間行います。
    昨年12月に依頼をいただいて、自分にとってよい経験になるからと
    二つ返事で引き受けたものの、本当に自分に出来るのだろうかという思いを抱えていました。

    今までのセミナーは、私が経験したことや、学んだことを説明していたので
    人前で話す緊張はありましたが、資料を作るのはそれほど難しくはありませんでした。
    しかし今回は、自分がよく知らないことも伝えなければならず、
    改めて勉強しなければなりません。
    当然、教科書を読みあげるだけではダメで、学んだことを自分になり咀嚼して、
    何らの事例や経験と合わせて伝えなくては理解してもらえません。

    そんな思いは抱えていても、これまで日々の仕事に追われ、
    学ぶ時間も資料を作る時間もありませんでした。
    そこで以前からGWは、そのための時間にあてようと思ってました。
    本当は4/29あたりから取り掛かりたかったのですが、
    はやり日々の仕事が長引き、実際始められたのは、5/3からでした。



    当初はこの期間集中できるように合宿でもしようかと思っていましたが、
    幸い二世帯で住んでいる両親が里帰りしており、
    その居住スペースを借りて取り組んでいました。
    写真がその様子です。
    この4日間、布団で寝る以外はほとんどここで過ごしていました。

    まだ完成はしていませんが、最低限ここまでやりたいとこまでは
    なんとか出来たという感じです。
    しかし、こんな連休も今までなかったなあ。。。
    僕のガマンが、8月に実を結び、役に立つ講義ができるといいなと思ってます。

    明日からは、神奈川、東京、長野で仕事が続き、
    15泊16日の遠征に出掛けてきます。
    また旅先からお会いしましょう。

    国道258号線

    0
      私が学生の頃までは、花粉症というものは
      世の中には存在しませんでした。
      その後、花粉症に苦しむ人を見ても
      自分だけはかからないと思っていましたが
      そんな私も花粉症にかかり、はや10年になります。

      その花粉症にもいろいろあって、
      私はスギではなく、ヒノキに発症すると知ったのは昨年のことでした。
      家族では私だけ。
      せっかくの春なのに、辛い日々が続いています。



      先日、仕事で岐阜県大垣市から、
      国道258号線を通って、
      三重県桑名市まで移動することがありました。
      この写真はその時に撮影したもの。
      前のタンク車に自分の車やまわりの景色が映ったのを見て
      面白くて思わず撮ってしまいました。

      ここは岐阜県でも一番西側。
      右は養老山脈、左には揖斐川は流れ、
      陽気もあって、なんとも穏やかな気分になりました。

      春なのに、ではなく、春ですね♪

      魔法なおじいちゃんになりたい

      0
        今日の岐阜は、朝から雨。
        時より激しく降っています。
        いつもより長く楽しめた桜の花も
        これで完全に終わりですね。。。

        話は全く変わりますが、
        私が好きなことの一つに「靴みがき」があります。
        昨日は今日と違ってとても穏やかで、外へ出る仕事もなかったので、
        午前中、ベランダで磨いていました。



        オシャレが好きなほうなので、
        靴にも気を配っていることの表れなんですが、
        元々は、勤め始め頃に買った皮靴の手入れが悪くて
        ダメにしてしまった経験から
        大事にするようになったのだと思います。

        だから靴磨きはもう20年以上の経験。
        今、使っているシューキーパーも20年くらい使ってます。

        専用クリームで汚れを落として、靴墨を塗って、磨いて、
        防水スプレーをかけて、仕事用の靴だけで4足あるので
        やり始めると2時間くらいかかります。
        さすがにこんな手入れはいつも出来ないので
        今は3か月に一度くらい。
        もう少し靴の種類を増やしたいけど、
        管理するのが大変なので安易に増やせないのも悩みです。
        ちなみに靴墨別に塗るブラシと磨くブラシがあります。

        この3か月に一度の手入だけでなく、
        履いた後は、毎回、ブラッシングしています。
        さすがに靴ごとにブラシを分けてはいませんが、
        靴の表面を磨くものと、靴底の汚れを落とすもの
        2つ使っています。

        このおかげで私の靴は長持ち。
        もちろん途中、踵や靴底の修理をしていますが、
        4足のうち2足は、約10年履いています。
        その次は6年、一番新しいものでも3年履いています。

        昔、ファッション雑誌で見たポール・スミスさんの
        20年以上履いているという靴を見た時に
        かっこいいなあって思いました。
        最近、宮沢りえちゃんのCMで「魔法なおばあちゃんになりたい」
        というコピーがありますが、
        私もそんなイメージのおじいちゃんになりたいな。

        お正月以来の靴磨きで気分もスッキリ。
        あの靴たちを履いてまたがんばろう、
        って気持ちになりました。




        0


          写真の桜並木は、先週、相模原に行った時に撮影したもの。
          前々から綺麗だとは聞いていましたが、
          ほんとに綺麗でした。
          私が住む各務原も全国桜百選に選べれる名所がありますが、
          相模原の桜も立派でした。
          きっと市民の誇りなんでしょう。

          私は16年間商工会会議所に勤めていましたが、
          毎年、この時期は、桜まつりの準備、運営、後片付けを
          職員総出でやっていました。
          正直言って、イベントや祭事はそんなに好きな仕事ではありませんでしたが、
          桜まつりだけは好きでした。
          それは人々の表情が優しく穏やかであったこと。
          桜の花を見上げ、春が来た喜びを感じているような表情が見ると
          こっちまで嬉しくなりました。
          桜にはそんな力があるのかもしれません。

          夏休みもクリスマスも一年に1回しかありませんが、
          桜を見るといつも、人生の中であと何回見られるのかなと考えてしまいます。
          それも桜が持つ力かもしれません。

          同じように思うのは、離れて暮らしている親友たちかな。
          年に数回会って、楽しい時間を過ごした後に、
          あと何回会えるのかなっていつも思います。。。

          25年ぶりの母校

          0
            私は結婚後、市内の県営住宅に住んでいましたが、
            娘の小学校入学に合わせて実家に戻ったので、
            娘は、小学校も中学校も
            私と同じ学校に通うことになりました。

            今日はその中学校の入学式でした。
            正直、娘が中学生になったという感激より、
            自分が25年ぶりに母校に入ったということに
            感激していました。



            この25年の間に校舎の改修があったり、
            体育館の建て替えがあったりでだいぶ雰囲気が変わりましたが、
            所々に面影が残っていて、感慨に浸っていました。

            今年は桜の開花が少し遅れたこともあって
            ちょうど今日は満開でした。
            私が入学した28年前の入学式も満開でした。
            この桜も私と同じだけ歳をとって、
            たくさんの生徒を見送ってきたのですね。
            親子でお世話になることになりましたが、
            どうぞよろしくお願いします。

            当時は、1学年8クラスありましたが、今は5クラス。
            自分が子供だったせいか、あの頃は学校も先生も生徒も、
            もっと勢いががあったように感じましたが、
            今はずいぶんおとなしくなったように見えます。
            それでも当事者の子供たちにとっては、あの頃と変わらないのかな。
            私と同じようにここで生涯の友と出会ったり、
            たくさんの想い出ができることを願ってますね。



            |||Calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << April 2020 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            • 9月1日に生まれて
              sisst
            • 9月1日に生まれて
              sisst
            • 9月1日に生まれて
              kantoku
            • 南会津から 2018夏
              sisst
            • 南会津から 2018夏
              kantoku
            • Never Enough
              sisst
            • Never Enough
              kantoku
            • こくぞうさんのある町
              伊藤慎悟
            • こくぞうさんのある町
              kantoku
            • 成果はあったはず
              kantoku

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM