セミナーのご案内です

0
    今年もあと残すところ2週間足らずとなりました。 相談などの仕事は12/27まで続きますが、セミナーや研修の仕事を今週金曜日で最後になります。

    さっき手帳を数えたら2019年は158回のセミナーや研修の講師をさせていただきました。 それだけたくさんの町や人、企業様に関われたということですね。本当に有り難く思っています。

    通常なら年が明けるとセミナーの数は減っていくのですが、今年度はお陰様で2月くらいまで続きます。

    そんなことで、1月以降に開催予定のセミナーの案内を載せさせていただきました。 お近くの方、ご興味のある方がいらっしゃればご案内ください。

    皆様、いつもありがとうございます。

    ●富山商工会議所 (富山県)
    経営計画策定支援セミナー
    (1/9〜 ・全5回)
    http://www.ccis-toyama.or.jp/toyama/topics/index_t.html#200109

    ●八日市商工会議所(滋賀県)
    ようかいち起業塾
    (1/19〜 ・全5回)
    https://www.odakocci.jp/information/kousyu/detail.html#2020kigyou

    ●恵那商工会議所 (岐阜県)
    事業計画策定セミナー
    (1/22〜 ・全3回)
    http://www.enacci.or.jp/%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e8%a8%88%e7%94%bb%e7%ad%96%e5%ae%9a%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e9%96%8b%e5%82%ac%e3%81%ae%e3%81%94%e6%a1%88%e5%86%85/

    ●津島商工会議所(愛知県)
    戦略マップ作成セミナー
    (1/30〜 ・全3回)
    http://tsushima-cci.or.jp/info/senryakumapsemi/

    ●あま市商工会(愛知県)
    創業支援セミナー
    (1/30〜 ・全3回)※伊藤の担当は、第1回のみ
    https://www.ama-sci.com/blank-27










    女性たちが創る未来の企業支援

    0
      昨日まで、木、金の2日間は、日本商工会議所主催の「女性経営指導員研修会」の講師の仕事で東京出張していました。

      今回は2年ぶり3回目の開催で、全国から34名の女性経営指導員さんたちが参加してくれました。

      経営者に占める女性の割合は30%弱と言われています。 一方で、全国の商工会・商工会議所の女性経営指導員さんの割合は約10%といった状況です。

      女性経営者が30%くらいいるなら、同じくらい女性の経営指導員さんがいてもいいのにと思うところです。

      それでも女性経営者も、女性が経営を支援する数も割合も、今後、着実に増えていくことでしょう。

      私自身は女性で経営支援に関わる人が増えていくことが、女性経営者が増えたり、事業を長く続けられる可能性が増すことにも繋がるのと思っています。

      男性だから、女性だからという性別は理由にしてはいけませんが、女性の創業者、経営者の方にとっては、同性である女性のほうが話しやすい、聞きやすいという側面があることも確かだと思います。

      創業者、経営者にとって、経営のことを何でも話し合える相談相手がいることはとても大切で有り難いことです。 女性支援者の存在は、女性創業者や経営者の事業も未来も変える可能性があるのではないかと思います。

      今回の研修は、そんな全国でがんばっている女性経営指導員さんたちが集まり、スキルアップを図るとともに、お互い仕事の内容や悩みや不安を共有することも目的に開催されました。

      毎回、思うことですが、男性がいない分、緊張しなくていいし、気楽なのか、他の研修に比べて女性の皆さんが楽しそうに、嬉しそうにしているのが印象的です。 きっと2日間でいろいろな刺激を受けたことでしょうね。

      皆さんのがんばりや成長が地域の女性創業者や経営者の役に立ち、事業者さんの喜びが皆さんの喜びになっていくよう応援しています。

      12月の丸の内はイルミネーションが綺麗でしたね。新しく完成した新二重橋ビルからの眺めも、丸ビルのレストランでの交流会もきっと楽しい思い出になったことてましょうね^ ^

      参加いただいた全国の女性経営指導員の皆様、ご依頼いただいた日本商工会議所の職員の皆様、ありがとうございました。












      怒りの正体??

      0
        「怒ることそのことが悪いのではなく、怒りの感情が起こった時にどうしたらいいのか」

        12/10の飛騨市ビジネスサポートセンター(ひだサポ)主催のセミナーは、「アンガーマネジメント」をテーマに、アンガーマネジメントファシリテーターの眞橋今日子先生にお越しいただきました。

        人手不足や人材不足の中、会社やお店の中で、経営者と従業員、上司と部下、従業員同士などの関係において、心地のよい人間関係を保つことは、離職者を減らし、長く勤務してもらえることにも繋がります。

        しかし、日々仕事をしている中では、怒りたくなること、怒らなければならないことも付きものです。そんな時、経営者として、上司として、自分の感情とどう向き合えばいいかなど、今の時代に即した人への対応の仕方について学んでいただく機会になればと開催しました。

        私自身、自分が受講してみて感じたことは、このことを知らないまま人生を過ごしてしまうより、知ったことで物事に対する受け止め方は変わるだろうなあと思ったこと。この年齢で今更ではありますが、知る事が出来てよかったと思いました。

        最後の挨拶で、「これから職場や家庭に戻って、早速、部下やお子さんを怒ることがないように!」なんてお伝えしましたが、皆さん心穏やか過ごされましたでしょうかね^ ^

        今回のセミナーのために、片道5時間かけて東京来てくださった眞橋先生、参加いただいた皆様、ありがとうございました。

        ●Life &Career Style 眞橋今日子さん
        https://m.facebook.com/LifeCareer-Style-1042273319188491/








        加齢なる左脚

        0
          日曜日の朝、起きた時からなんとなく左脚の膝に違和感を感じていました。 だんだんそれが痛みに変わり、夕方になると歩くのも辛いくらいに。 そのまま夜を迎え、寝て起きたら良くなるのかも?という願いも叶わず、月曜日は朝から左脚を引きづる状態になってしまいました。

          車の運転は出来たので、車で約2時間かかる飛騨市へ出張しました。仕事が終わった夕方、商工会で近くの外科を紹介してしもらい行ってきました。

          中学生の時に脚の靱帯を痛めて1ヶ月間ギプス生活をしたことがあったので、まだ来週いっぱい出張が続くし、そんなことになったら困るなあと心配していました。

          先生の診察を受け、レントゲンを撮り、診断結果を聞きに行きました。 先生の話を聞いて、思わず声を出して笑ってしまいました。

          「加齢に伴い半月板がすり減ってきたことが原因です」とのこと。

          まだ老眼鏡が要らない私にとって年齢を理由に診断されたのは初めて。 こうしてみんな衰えていく身体と付き合っていくもんなんだなあとしみじみ感じました(涙)

          痛み止めの飲み薬と貼り薬を処方していただいてのですが、おかげで痛みはなくなり、歩く分には大丈夫ですが、階段と走るのがまだちょっとぎこちないかな。

          先生や看護師さんからも、「もう良くなることはないですから、これからは正座したり膝に負担をかけるようなことをしてはいけませんよ」と注告されました。

          もうスキーは無理かなあ。 スクワットはしていいのかなあ。

          そう思うとカズ(サッカー選手)って凄いなあ。どんな脚やケアをしているんだろう?

          50歳最終月、冬の出来事でした。。。


          気ままにアフタヌーン♪の二名さん

          0
            私が20歳前後の頃、地元の「FM愛知」で、平日の午後、こんな番組名の放送がされていました。 毎日パーソナリティが変わっていましたが、当時、私は旅行会社に勤めていて平日休みだったので、私の公休日であった木曜日しか聴くことが出来ませんでした。

            その木曜日のパーソナリティが、シンガーソングライターの「二名敦子(にいなあつこ)さん」でした。 シティポップと呼ばれるジャンルの曲を歌っていて、夏のリゾートをイメージするような曲が多かったです。キリンオレンジのCMにも使われた「オレンジバスケット」が代表曲でした。

            時代はバブル全盛の時代で、仕事はとにかく忙しくて、毎日朝早くから夜遅くまで働いてました。 働きたいというより、働たらかないと終わっていかないので働くものだと思っていた感じです。

            週1日の平日休みは、だいたい疲れ果てて、お昼くらいまで爆睡してました。 起きる頃に、このラジオ番組を聴いて、終わってから一人で少し出掛けるというパターンだったかな。 彼女もいなかったし、友達のほとんど学生だったから一緒に過ごす人もなく、ただただ身体を休めるための休日という感じでした。

            そんな日々の中で二名さんのラジオがほんとに楽しみでした。ちょっと気だるい話し方も好きでしたし、自分の想いやエピソードを語ってくれる話が楽しかったな。

            当時はネットもメールもない時代。視聴者とパーソナリティを結ぶのは、ハガキや手紙でした。 私もよくハガキを書きました。私の書いたことを二名さんが読んでくれて、二名さんの感想がラジオから聴けたり、たまにリクエスト曲をかけてくれるやりとりが当時の楽しみでした。

            そんな楽しみも長くは続かず、二名さんが出産を機に、パーソナリティも歌手活動も引退することになりました。 ほんとに悲しくて、寂しくて、いつもハガキしか書かなかったのに、最後だけは手紙を書いた覚えがあります。

            最後の放送の日、私の手紙を読まれることはなかったですが、「この人にも大変お世話になりましたね」と番組内のプレゼントの当選者として私のペンネームを読み上げてくれました。 後日、プレゼントのトレーナーが放送局から届きました。そのトレーナー、私には少しサイズが小さかったのですが、10年くらいは大事に着ていました。

            あれから30年、年に何度か二名さんはどうしているんだとうと思うことはありましたが、遠い昔の想い出という感じでした。 それが数年前、インターネットで検索したら、ライブハウスなどで再び歌手活動を再開していることを知りました。昨年くらいからFacebookをされていることが分かり、活動状況が分かるようになりました。

            そして今日、30年の月日を経て、ようやく本物の二名さんに会うことが出来ました。 今日は大阪のライブハウスでフラリーパッドというデュオとのコラボイベントがあり、行ってきました。

            30年経ったので、二名さんは60歳になっていましたが、ちょと気だるい話し方も透きとおった歌声も昔のままでした。 あの頃、憧れていた人にこうして目の前で唄が聴くことが出来て、いろいろな感情が込み上げて自然に涙が出てきました。

            二名さんが今も唄を歌っていてくれてよかったあ。 一番前の通路側にいたので、最後はハイタッチまでしてくれました(*^^*)

            ライブが終わった後、「私、気ままにアフタヌーンのリスナーだったんですよ」。とお伝えしたら、「びっくりしたあ〜」と照れくさそうに笑いながら、30年前に買ったCDにサインと握手をしてくれました。

            長く生きているといいこともあるもんだなあ。 しばらく二名さんの曲を聴いて過ごすとしよう♪(^○^)

            二名さんとフラリーパッド のライブ、来週(12/15)は品川でもあるそうです。 もし私のような当時のファンの方がいらしゃれば出かけみてはいかがですか。案内を載せておきますね^ ^

            ●二名敦子&フラリーパッド ライブ/12月15日(日)東京・品川
            https://facebook.com/events/715141492296681/?ti=icl









            |||Calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << January 2020 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            • 9月1日に生まれて
              sisst
            • 9月1日に生まれて
              sisst
            • 9月1日に生まれて
              kantoku
            • 南会津から 2018夏
              sisst
            • 南会津から 2018夏
              kantoku
            • Never Enough
              sisst
            • Never Enough
              kantoku
            • こくぞうさんのある町
              伊藤慎悟
            • こくぞうさんのある町
              kantoku
            • 成果はあったはず
              kantoku

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM