32年ぶりのびわ湖バレイ

0
    す金曜日に大津商工会議所で仕事のの後、日曜日も同じ滋賀県の八日市商工会議所(東近江市)で創業セミナーの仕事だったので、岐阜に帰らず、そのまま大津に滞在していました。

    そんな私を大津商工会議所の職員さんたちが観光案内に連れていってくれました。 行き先は同じ大津市の北部にある「びわ湖バレイ」。大津市中心部から車で45分くらいかかります。

    びわ湖バレイに行ったのは32年ぶりでした。 観光バス会社に就職して1年目に比叡山延暦寺で大祭があり、名古屋からの観光バスツアーで何度もこの辺りを添乗員として訪れました。 当時、びわ湖バレイは名鉄グループの会社だったこともあり、びわ湖を見渡せる眺望のよい昼食場所として利用していました。

    あれから32年。 びわ湖バレイが新しく生まれ変わっていることはテレビなどで観たことはありましたが、訪れるのは初めてでした。 当時もロープウェイで登りましたが、ほとんど覚えていなくて、こんなふうだったかなあなんて思っていました。

    一言で言うと、びわ湖バレイはとってもオシャレな観光スポットでした。 またこの時期は手軽に行けるスキー場として、家族連れや外国人観光客で賑わっていました。

    大津市の町中や湖畔の穏やかな風景とは違い、標高1100メートルのびわ湖バレイは、ー3℃の極寒の世界でした。 それでも冬の琵琶湖の眺望には胸が弾みました。 写真では分かりづらいですが、西側を観ると岐阜県との県境にある伊吹山の姿もしっかり見ることが出来ました。

    帰りにスキー客の皆さんと一緒にロープウェイを待つ時間が、ほろ苦くも微笑ましく感じる思い出です。この時ほどフード付きのダウンコートを着ていてよかったと感じたことはありませんでした。

    夜は琵琶湖汽船が季節限定で開催している「汽船deおでん」のイベントに参加。浜大津から船に乗り、夜の琵琶湖を少し周遊してから、おでんをメインとしてディナー?をいただきました。

    夜、職員さんたちと別れてからは、ホテル近くの銭湯へ。 大津は新しくて綺麗な建物やホテルも多いですし、道路も広くて、都会的なイメージを感じますが、一歩、路地に入ると下町感をとても感じるところです。 こんなギャップもいいなあと思います。

    休日にご案内してくれた大津商工会議所の職員さん方、ありがとうございました。出張先で一人で観光する機会はありますが、皆さんとご一緒できて楽しかったです。 なんだかんだ話すことは仕事の話になりましたね…^^; 皆さんのおかげでまた滋賀県が好きになりました。

    ●びわ湖バレイ(びわ湖テラス)
    http://www.biwako-valley.com/tips/biwako_terrace/

    ●琵琶湖汽船
    https://www.biwakokisen.co.jp/










    おやつはドーナツ

    0
      今日は滋賀県の大津商工会議所で昼、夜、続きでセミナーを担当させてもらっています。

      午後は会計に関するセミナーで、受講者の方の相談などに乗っていて終わったのが17:30くらい。 夜の経営戦略をテーマにしたセミナーは、18:30からなので、コーヒーでも飲みながら休憩しようと思って、別の階にある自動販売機から戻ってきたら、机の上に写真のミニドーナツとラムネ、ココアが置いてありました。

      まだ職員の方が戻って来られないので、どなたが用意してくれたのか分からないですが、きっと21時過ぎまで食事が出来ない私に気を遣っていただけたのだと思います。子どものおやつみたいで嬉しかったです。 お気遣いありがとうございます(^○^)

      先程までの会計セミナーにご参加いただけた皆様もありがとうございました。 大津の皆さんは少し照れ屋さんな感じがしますが、とても素直でしっかり取り組んでくれます。

      今日がきっかけに皆さんのご商売がより発展していきますように。
      今頃、決算書見てくれていると嬉しいなあ^ ^










      伊藤さんあるあるぅ?

      0
        伊藤という名前は全国で5番目(108万人)に多い苗字だそうです。
        特に愛知県には多くて、昔、勤めていた名古屋の会社では伊藤姓の人はみんなで下の名前で呼び合う習慣がありました。 各務原商工会議所でも、わずか20人足らずの職場に、一時期、伊藤さんが3人いました。
        うちの妹なんか伊藤さんと結婚したくらい??
        昔、好きだった人が2人、結婚して伊藤さんになった時は複雑だったなあ〜(><)

        昔は特徴がなくてそんなに好きな苗字ではなかったのですが、 歳をとるにつれて、誰にでもすぐに理解してもらえることや、ローマ字で書くと「ITO」と、3文字で済むなど面倒でなくて、だんだん好きになってきました。

        ただ少し気になるのは、飲食店の順番待ちなどで名前を書く時に、同じ苗字が重なる人がいたりすること。そういう時は間違えられないようにフルネームで書いたりします。

        飲食店に事前予約する時などもそうで、お店の方から「お名前教えていただけますか?」と聞かれる時には、あえてフルネームで答えたりします。
        でも決まってほとんどのお店は「伊藤様ですね」としか確認してくれません。 たま〜にですが、「伊藤です」と言わない時に限って、「念のため下のお名前も教えていただけますか?」と聞かれることもあります。

        今日も、中学の時の担任の先生とランチの予約をするために電話した飲食店で、フルネームで伝えましたが、やっぱり苗字の確認だけでした。まあ電話番号も聞かれたので、確認はできるのでしょうけどね。

        お店側の人は「なんでこの人わざわざ苗字だけでなく下の名前も伝えてきたのかなあ」とか、疑問に思ったさささりしないのかなあ?
        そんな時、想いが伝わらず、ちょっとだけ寂しくなります。。。

        名前で呼ばれるって、単純だけど、客側にとっては「惚れてまうやろ〜」ってくらい嬉しかったりしますけどね^ ^

        そんな私も加齢とともに、顔は思い出せるのに名前が出てこない、 若い芸能人がみんな同じ顔に見えて、名前が覚えられないオッサンです^^;




        トンテキとコンビナートの町

        0
          今夜は三重県の四日市商工会議所でセミナーの仕事でした。

          四日市商工会議所が、「創業カフェ」という取り組みを毎月第1金曜日に実施していて、これから創業する方や創業間もない方が学び合う機会を作っています。 今回でなんと82回目、7年近く続けているそうです。

          今夜も女子大生の参加者がいて、「これから就活なんですけど、いつか自分で事業やりたいと思っていて、市の広報誌で紹介されてるのを見て来ました」と話し、周りの大人たちと一緒に語り合っていました。

          創業塾、創業セミナーなどは毎年開催している支援機関は多いですが、毎月創業に関して学び合える機会を作っているのは素晴らしいです。
          ここまで続けて来られた商工会議所や市役所など、関係者の方々の尽力を感じます。

          四日市商工会議所に来たのは20年ぶりくらいでした。
          まだ各務原商工会議所に勤めている時に、四日市から来ていただくセミナー講師の方と打ち合わせに来たついでに知人を訪ねて立ち寄りました。
          前に来た時はまだ古いビルでしたが、すっかり新しくなっていてびっくりです。

          さすがに当時のこと、あまり覚えてなくて、こんな街並みだったかなあと思い出しながら街を歩いてました。 帰りは四日市名物のトンテキを食べてお腹いっぱいです。

          意外と近くて、近鉄四日市駅を出て1時間9分後には地元駅に到着します。

          参加いただいた皆様、四日市商工会議所様、ありがとうございました^ ^








          おじいちゃんはモデルだった?

          0
            岐阜県多治見市で出張カメラマンをしている林政司さんから、昨年撮っていただいた写真をチラシに使わせてもらってもいいですかと聞かれ、私で良ければとお返事しました。

            昨日、実際のチラシを届けてくださいました。
            自分の写真を見るのも照れくさいですが、隣がなんとよく知っている司法書士の青木文子さん(文ちゃん)でホッコリしました(*^^*)

            自慢話をすると、林さんも文ちゃんも、以前、私が講師をしたセミナーの受講者さんなんですけどね。 今は経営者仲間のような感じです^ ^

            出張カメラマンの林さん、チラシは「経営者向け」と書かれています。経営者同士にしか分かり合えない気持ち、心情もあるでしょうね。

            私が林さんに見せてもらった撮影事例で一番印象に残っているのは、「明日、娘さんが結婚式」というお宅に伺って撮られたアルバム。
            ご両親、ご兄弟、祖父母に囲まれて、嬉しそうだけど、寂しそうな感情が写真から伝わってきました。

            これからも写真を通して人を倖せにしてあげてくださいね。

            いただいたチラシ、いつか孫?に自慢します。
            おじいちゃんモデルだったと…^^;

            ※Facebookのカーディガン姿の写真も、同じ時に林さんに撮っていただきました。

            ●パーミルフォトオフィス 林政司さん
            http://www.demaephoto.jp/



            |||Calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << March 2019 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            • 南会津から 2018夏
              sisst
            • 南会津から 2018夏
              kantoku
            • Never Enough
              sisst
            • Never Enough
              kantoku
            • こくぞうさんのある町
              伊藤慎悟
            • こくぞうさんのある町
              kantoku
            • 成果はあったはず
              kantoku
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              sisst
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              kantoku
            • ほんの6年ですが
              kantoku

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM