平成31年4月1日の朝

0
    今日は朝から名古屋に行く仕事があり通勤電車に揺られ向かってます。
    たまたまではありましたが、今日から新社会人となる娘と同じ電車に乗ることなりました。

    相変わらず会話もなく、別々の車両に乗ることが暗黙のルールみたいな感じです^^;

    電車が来る時に、ふと、こんな光景も後で懐かしく思うこともあるかもしれないと思って、ポケットにあったスマホで急いで撮った一枚です。
    親子だから許される盗撮ですね(^^;;

    今日は新元号発表の日でもありますね。30年前、私がそうだったように、新しい時代は若い人たちが担い活躍する時代になっていくことでしょう。

    どんな人生でも構わない。
    自分が生きたい人生を、 心の声を聴きながら、想い、考え、行動していってほしい。
    そのためにこれからは自分の責任で、自分の人生をプロデュースしていってください。

    娘は途中の駅で降りるので、もう電車を降りているな。今日という日は若い人の目にどんなふうに写っているのかな。
    自分の人生をがんばれ新社会人??

    平成31年4月1日
    電車の中より。



    ハーゲンダッツより美味しい

    0
      昨日、家の近くのローソンに行ったら「関牛乳のアイスクリーム」が売ってました。調べたら半年も前から販売していたらしいです。

      値段は275円と、ハーゲンダッツ並みですが、私はこちらのほうが好きです。ミルクの味をしっかり感じて、それでいて優しい味といった感じです(^○^)

      一緒に食べた普段私とは会話の少ない娘も、食べた瞬間思わず「これおいしいねえ〜」と声をあげました^^;

      高速道路の関SAで同じく関牛乳のソフトクリーム(300円)が売ってるので何度も食べたことがありますが、感激はこのカップアイスのほうが大きかったです。

      岐阜県内のローソンや観光施設でしか買えないみたいですが、どこかで見かけたらお買い求めいたたき、私の感想が合ってるか確かめてみてください。

      ミルクの他、牛乳と同じく、珈琲味とフルーツ味がありますが、私は王道のミルクが一番おススメです(^_-)

      ちなみにこの関牛乳の商品パッケージなどを手掛けたデザイナーさんは、私のホームページやリーフレットを作ってくれた方と同じ人です。余計に美味しくて嬉しかったです^ ^

      岐阜県関市は刃物生産で有名な町です。あとは美味しい鰻屋さんが多かったり、最近だと「モネの池」も関市にあります。日帰り温泉もいくつもありますよ。高速道路の便もいいのでぜひドライブにお出かけください^ ^

      関牛乳アイスクリームに関する参考サイトを載せておきます。
      https://gifu-ico.com/seki-coffee-1177






      ホッチキスの苦い想い出

      0
        先日、ホッチキスを買い替えました。多分前のものは25年くらい使っていました。
        前に使っていたものも、フラットタイプと言うのか、平たく打てるタイプでしたが、今は大きさは小さくなったにも関わらず、針は100本まで詰めることが出来て、なおかつ外側に50本収納できるケースまであるから足りなくなることを未然に防げる。おまけにデザインまでカッコよくなってました。

        ホッチキスには少し苦い想い出があります。25年前、ホッチキスを変えるきっかけがありました。

        当時、商工会議所の総務課で働いていました。ある時、事務所に来ていた会頭がホッチキスを貸してくれと言われました。
        近くにいた私と隣の席にいた先輩がすぐに引き出しからホッチキスを差し出しました。

        会頭が「これは平たく打てるタイプのもの?」と聞かれました。

        先輩のものは平たく打てるタイプでしたが、私のは従来の端が盛り上がるタイプのものでした。

        会頭は、先輩のホッチキスを取り、「こういうホッチキスを使っている人は考えて仕事をしているタイプの人だね」とみんなの前で笑って話されました。

        総務の仕事をしていたので経験はありましたが、大量に資料を準備する際に、平たく打てるホッチキスのほうが、書類を重ねてもかさばらず、崩れにくいのです。

        私もそのことは知っていましたが、持っていたホッチキスもまだ十分使えるし、もったいないから壊れたらそっちを買おうくらいに思っていたと思います。

        ただその一件があった時、なんだか悔しい気持ちになり、仕事帰りに文房具屋さんに立ち寄り買った覚えがあります。 ホッチキスに文字が入っているし、決して気に入って買ったわけではなかったですが、これで今回みたいなことはなくなると思いました。

        会頭も怒っていたわけでなく、『いつも考えて仕事をしなさい』と伝えたかったんだと思います。
        会頭は製造業の会長でしたから、少しでも無駄をなくす改善活動を習慣化されていました。
        当時なので電話番号を押すときに短縮ダイヤルで登録しておくことも推奨されてました。

        大好きで尊敬していた会頭に誉めてもらえなかった悔しさをあれからずっとホッチキスを見るたびに思い出してました。 そんな憧れの会頭も数年前に亡くなられてしまいましたがね。

        同じく最近買った「針のないステープラー」も10年前に買ったものと比べると大きさが歴然。そのうえ綴じる枚数は増えていますしね。

        モノを大事にすることも大事だけど、常に改善して効率を考えることも大事。ホッチキスはそんなことを考える道具でもありました。

        ただ未だに自分で設定したパスワードが思い出せず時間を無駄にしてしまうとき、進歩してない我が身に呆れたりもします…^^;








        なんて覚えてほしいですか

        0
          今夜は多治見商工会議所で会員交流会の講師と進行役を担当させていただきました。

          昨年も同じ時期に担当しましたが、その時は会員加入されたばかりの方に、商工会議所の仕組みや支援制度を理解してもらうことが主目的でした。

          今回は会員事業者同士の交流を促し、実際の商取引や事業連携につながることが目的に加わりました。

          そこで使ったのが写真の「ネームカード」。
          自分の事業者の特徴を知ってもらえないと興味関心も持ってもらえないし、自分がいいと思わなければ紹介なんてありえません。
          「どんな特徴で覚えてほしいか」を考えてい、ネームカードに書き込み、第2部の懇親会の自己紹介ツールとして活用いただきました。

          また裏面には交流した方のお名前と特徴を書けるようにしました。
          自分でやってみて感じたことは、相手の特徴を自分が感じた言葉で書き込むことで、名前や顔、話したシーンが思い出しやすくなっている感じがします。顔見知りの方も「そんな特徴あったんだ!」ってこともありました。

          ネームカードがどこまで貢献したかは分かりませんが、懇親会も最後まで話が絶えませんでしたね。終了後の夜8時からの二次会にも多くの方が参加してくださいました。

          今回の参加者は約60名。
          みんな市内事業者さんたちと繋がりを作りたいニーズはあるんだなあと改めて感じました。

          事業者さんが繋がるきっかけをつくる。単なる名刺交換レベルではなく、どこがどんな特徴を持っているか紹介できるレベルまで。
          そんなことを促すきっかけづくりも全国どこの中小企業支援機関であってもいいし、それも当たり前な役割になればいいなあと思います。

          参加いただいた皆様、多治見商工会議所様、ありがとうございました。無事、太多線で帰りました^ ^










          君の皮?

          0
            君(いちご大福)の存在を知ってから約2年。期間限定商品でもあり、買いに行っては売り切れたり、日持ちしないために予定が合わなかったりしましたが、昨日ようやく買い求めることが出来ました。

            食べてみて、地元の方々が大絶賛する意味がよく分かりました。
            『こんないちご大福は食べたことがない??』

            この皮(求肥)は、子どもの時に「雪見だいふく」を初めて食べた時のような感動がありました(涙)

            皮だけじゃなく、食べ進めると控えめな餡の甘さとか、イチゴの酸味とか、生クリームの量とか、いい塩梅に計算されていて、"もう天才??"と思ってしまった。 大きすぎないのは、お年寄りが多い地域のことを考えてだろうか…
            とにかく、このいちご大福は芸術品のようでした(^○^)

            お土産に買って食べた母も、70年以上生きてきて、初めての食感と話しておりました。

            その日に仕入れた苺を使っていて、よい苺が入らないと作らない日もあるそうです。

            残念ながら日持ちがしないため、飛騨市のお店でしか買い求めることが出来ませんが、冬から春にかけて飛騨お出掛けになる機会があれば是非お立ちよりください。喫茶コーナーもありますよ。

            今シーズン、もう一回くらい食べられるかなあ。次は桜餅って選択もあるけど^ ^

            飛騨は美味しいものに溢れています。

            ●御菓子所 田の下 参考サイト
            http://www.shokokai.or.jp/21/2162111001/index.htm





            |||Calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << May 2019 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            • 南会津から 2018夏
              sisst
            • 南会津から 2018夏
              kantoku
            • Never Enough
              sisst
            • Never Enough
              kantoku
            • こくぞうさんのある町
              伊藤慎悟
            • こくぞうさんのある町
              kantoku
            • 成果はあったはず
              kantoku
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              sisst
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              kantoku
            • ほんの6年ですが
              kantoku

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM