常に、永遠に

0

    まだ商工会議所に勤めていた10年くらい前に、

    会報記事に紹介する事業者さんの取材で、

    創業して間もない、手づくり家具工房さんに伺ったことがありました。

     

    代表の小林さんは、造形大学で木工を学んだものの、

    卒業後は製薬会社で営業の仕事をしていたそうなんですが、
    30歳くらいの時に、たまたま本屋で立ち読みした手づくり家具の雑誌に影響を受けて、

    再び木工の道を志すことになったんだそうです。


    すでに結婚してお子さんもいた状況の中で再スタート。

    広島の職業訓練校に通い、熊本の大先生のもとで修行した話など、

    自分が家具職人になるまでの経緯を丁寧に話してくれました。

    自分がどんな家具を作り続けていきたいのか、

    その想いを事業所名である「tokotowa(トコトワ)」と名前に込めたんだそうです。

     

    「常に、永遠に」。

    言い換えると「いつも、いつまでも」といった感じでしょうか。
    飾っておく、鑑賞するためようなイメージの家具ではなく、

    買ってくれた人が、「いつも使う家具を、いつまでも使える家具を作り続けたい」、

    そんな話をしてくれました。

     

    私自身、家具にそんなに強いこだわりがあったわけではないのですが、

    小林さんのお話を聞いて、いつかこの人に自分の家具を作ってほしいなと思った覚えがあります。

     

    あの時から約10年たって、先日、ようやく実現することが出来ました。

    ダイニングテーブルセットというのかな、テーブルと椅子、スツールを作っていただきました。

    小林さん、一人で作っているので、お願いしてから約半年くらいかかってようやく完成しました。
    なんだかひょうたんみたいな形をしたテーブルなんですが、1

    0年前、訪問した時に、こういうテーブルをオーダーしたお客さんがいて、

    見せてもらったっていたんです。
    その時に見た形がずっといいなあと思って、同じイメージで作っていただきました。

     

    使い始めて少し経つのですが、自分の仕事用の机より、

    小林さんに作ってもらったテーブルと椅子のが全然居心地がいいので、

    ノートパソコンを持って、ここで仕事したくなってしまっています。

     

    10年間、思い続けて、小林さんに作ってもらってよかったです。

    私が生きているうちは、ずっと気分よく使えるかな。

     

    ※写真はまだ納品前、工房にある時のものです。
     ハンチング帽の男性が小林さんです(^^)


    ●tokotowa(トコトワ)
    岐阜県各務原市蘇原沢上町1-1-2
    http://www.tokotowa.com/

     

    9.jpg

    10.jpg

    11.jpg


    いい顔になった!!

    0

      私ではなく、これから話すパン屋さんのご主人のことです。

      ずっとfacebookを見ていただいている方は覚えているかもしれませんが、

      写真は私が創業の時に海津市商工会の依頼でサポートさせていただいた

      岐阜県海津市のお千代保稲荷の近くにあるパン屋さん「アンパン」です。
      今日の午前中、三重県から仕事帰りに立ち寄りました。

       

      確か、以前は「アンパンという店名だけどアンパンは置いてない」って紹介したかな。

      来月で開業してから5年になるそうです。
      名古屋のテレビ番組などでも紹介されて、順調よく行っていることは聞いていましたが、

      オーナーの水谷さんとは約4年ぶりの再会でした。

       

      出店場所を決める時に、何時頃に、どんな車に、どんな人が乗っているのか、

      周辺で買い物する人や、コンビニではどんな人がどんなものを買っているのか、

      自分の目で確かめたほうがいいと勧めたことがあり、
      実際にやってる最中に、今のお店の外に不審者がいると間違えられて

      警察呼ばれたあよねえって、思い出しながら笑って話してました。

       

      久しぶりに会った水谷さんは、
      ひと言で言うと、「いい顔になった」というのが印象です。

      上手くいったこっとも、まだまだだと思うこともあるけど、
      常連のお客さんが確実に増えていっているという実感があると話していました。

       

      そんなこと一つずつ経験してきたことが、経営者として自信になっているんだと思います。

      話している最中にも、お客さんから電話があり、
      「お店にあるクイニーアマン、全部欲しいから取っておいてほしい」って。
      しまった! 美味しいの知っていたのに。
      話す前に1個確保しておくんだった。。。(>_<)

       

      自分のランチの分と、今日、出会う人に渡してあげようと思ってお土産として買いました。

      今日は会えない人は、自分で行ってみてくださいね。
      お千代保稲荷の赤い鳥居の東側にあります(^^)

       

      ●ブーランジェリー アンパン (岐阜県海津市)
      http://www.unpain.jp/

       

      7.jpg

       

      annpann.jpg

       

      8.jpg


      スキ💛カモ

      0

        今日は午後から美濃加茂市を中心に加茂地域7市町村で取り組む

        定住自立圏つながる事業の成果発表会でした。


        6年間続いたこの事業も来年度からは新規募集を行なわないので、

        こんなかたちで発表会を開催するのも今年で最後になりました。


        市民活動的な取り組みを、継続的な活動にしていくために、

        補助金を出すだけでなく、経営の視点で継続サポートしようとする事業でした。
        その成果があってか、これまで6年間で関わった33団体のうち、

        今も30団体が地域で活動を続けているそうです。

         

        今日も3年間の活動を終えて、

        今年で卒業する七宗町でらっきょ作りをしているおばあちゃんたちが、

        成果報告と支援してもらったお礼を述べながら

        「健康と仲の良さだけは何処にも負けません」って話されてました。
        長く続けられる大事なポイントだと思います。

         

        私がこうした市民活動をしている団体で尊敬する活動をしている団体の共通点は次の3つです。

         

        ‖緝充圓簔甘者だけでなく、組織、チームとしての活動になっている

        △客さんであり、メンバーだったり、活動を通して、巻き込む人、ファンが増えている

        自分たちの活動が続けられるだけの収入源や見込みがある

         

        優先順位の違いはあるかもしれませんが、

        企業活動とそんなに変わらないんですけどね、
        仕事と違って生活するためにやっている活動でないからこそ、

        志や想いの結びつきが大切なんだと思います。

        関わった団体の皆さん、ご依頼いただいた市役所の皆さん、

        一緒に事業を応援した選考委員の皆さん、6年間、ありがとうございました。
        普段の企業支援では出会えない、いろんな団体の方の志や想いに触れて、楽しかったです。

        大好きな方々がたくさんできた加茂地域はすっかり地元みたいな感じです。
        本当にありがとうございました。

         

        ●参考
        スキカモプロジェクト
        https://www.sukikamo.net/

         

        5.jpg

        6.jpg


        雪国のカフェ

        0

          富山からの帰り道、前々から行って見たかった

          飛騨市神岡町にある「あすなろ」さんに立ち寄りました。


          地元では有名な自家焙煎珈琲のお店。

          同じ飛騨市にある古川町の方たちからもずっといいお店だよって聞いていました。
          同じ市内でも、面積が広い飛騨市では、古川から20キロくらい離れていることもあり、

          なかなか出向くことができなかったんですが、

          今日は神岡町に近い北の富山県側から来たこともあり立ち寄れました。

           

          みんなが言う通り、心地よい空気感がある雪国の喫茶店でした。

          珈琲もサンドイッチもちろん美味しかったですが、

          接客してくださる方の応対も心地よかったです。

          みんな来ると元気になりそうなお店でした。

           

          神岡町は、ノーベル賞受賞で有名になったスーパーカミオカンデとか、

          廃線を利用したレールマウンテンバイクなんかでも話題の町です。

          ぜひ飛騨や富山に観光の際にはお立ち寄りくださいませ。

           

          ●自家焙煎珈琲あすなろ(岐阜県飛騨市神岡町)

           

          3.jpg

           

          4.jpg


          景色も商品のカフェ

          0

            昨日は富山県の上市町商工会で、午後と夜、2回セミナーの仕事でした。

             

            空き時間に商工会職員の方が、

            隣町の滑川市にある景色のよいカフェに連れて行ってくれました。

             

            富山湾は何度か眺めたことがありましたが、...
            こんな高台から見たのは初めて。
            黄昏時、なんて美しいんだろうと思って見とれてました。

            個人的には、同じ富山にある世界一美しいスタバより、感動が大きかったです。

             

            連れて来てくれた職員さんに何度も

            「連れて来てくれて、ありがとうございます」って言ってましたから(*^^*)

             

            仕事に呼んでいただけただけで有難いのに、

            こんな素敵な場所までご案内いただき、いつもありがとうございます。

             

            内緒にしておきたいくらいなんですが、

            皆さんに富山県のことを好きになってほしいのでお店の名前載せておきますね。
            素敵な時間を☕️

             

            コート忘れたけど、富山が暖かくて助かりました^^;

             

            ●東福寺野倶楽部(富山県滑川市)

             

            1.jpg

             

            2.jpg

             

             



            |||Calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM