らっきょ王子

0
    昨年までの3年間、美濃加茂市役所の仕事でサポートしていた岐阜県七宗町の「山七味グループ」さん。 今週水曜日、その後の活動状況の調査と相談に訪問しました。

    山七味グループは、地域で数十年続くおばあちゃんたちのサークルです。 これまでは町内で採れる梅を使って梅ジャムを作って販売してましたが、3年間かららっきょ作りに取り組んでいました。

    通常のらっきょは1年で市場に出荷されますが、おばあちゃんたちは、地域の習慣に習って2年かけてつくることで大きさは小さくなるのですが、味が濃縮されてうま味が増します。

    自分たち栽培、加工したものを、昨年から町内の道の駅などで販売しています。 まだ収量が多くないので、9月に販売を始めても、3ヶ月くらいで売り切れてしまうそうです。

    昨年はマスコミにも多く取り上げられて、地元ではちょっとした有名人になりました。 町外の方からも高く評価され、喜んでもらったことで、自信を持ったようです。

    来春は、昔、地域で食べられていた「かぶら漬け」を売り出すそうです。 作り方と配合は企業秘密だと笑っておっしゃってみえました。

    私自身はこのらっきょに出会わなかったら、生涯、らっきょは嫌いな食べ物でした。 このらっきょのおかげで、らっきょが好きな食べ物になりました。 今の時期は、サラダに入れて、塩コショウとオリーブオイルをかけていただいています。口の中でらっきょがはじけるたびに幸せを感じます。

    今年の決算はみんなでの分配金が多くなる予想があるのか、 代表の山岡さんが「みんな楽しみにしとってね!」と話されていました。 金額的にはたいした額ではないですが、 仲間と成果を分け合うことを楽しみにしている姿が素晴らしいなあと思っていました。 みんなに会うことが何より楽しいという姿に尊敬の想いを持ちました。

    皆さん、新商品の「かぶら漬け」楽しみにしていますね。 価値のあるもの作っているんだから安売りしちゃダメですよ。

    年上の美女たちに囲まれて、すっかりお満悦です(#^^#) らっきょ王子は大袈裟ですが、おばあちゃんたちにはこの瞬間、王子だったかもです^^;

    ●七宗らっきょ販売場所 道の駅「ロックガーデンひちそう」(岐阜県七宗町) http://www.cbr.mlit.go.jp/michinoeki/gifu/gifu10.html






    複眼思考

    0
      昨夜からは各務原商工会議所で創業スクールが始まりました。これから週1〜2回のペースで12月まで約2か月間続きます。今年もコーディネーターと講師を担当しています。

      今年は33人の方が参加してくださいました。ここ数年の傾向ですが、今年は特に女性と若い人が多いです。今回も女性が15名いらしゃり、これだけいるとほとんど女性に見えます。

      「起業」ということをテーマに、 ご自身自分の人生について立ち止まって考える機会にしてほしいと思います。 長丁場ですが、最後までの一緒にがんばりましょうね。

      各務原商工会議所での創業セミナーは、今年で23年目になりますが、 今年もトップバッターは、私が尊敬する大先輩、中小企業診断士の澤芳美先生です。
      初めて創業に関するセミナーを受講される方々に、「経営者として必要な考え方」をお話いただいています。
      今年のお話のテーマは「複眼思考」。 物事を両方から目から見ることができる必要性を様々な経験やお話を通して、伝えていただいています。
      私はもう何十回もこの話を聞いたことがありますが、聞くたびに新たな気づきや発見があり、先生のお話の奥深さを観じています。
      その中で紹介された俵万智さんの短歌が印象に残りました。

      「泣いている我に驚く我もいて 恋は静かに終わろうとする 」俵万智

      なぜ先生がこの短歌を紹介されたか。 この短歌には、もう一人の自分がいることを紹介されていました。
      これから経営者になる人には、 もう一人の自分を作ってほしいというメッセージでした。ほんとにそうだなあと観じていました。

      今年81歳になられた澤先生。 先日、ご自宅に打合せにお邪魔した際に 先生が私ぐらいの歳の時に、観じた気持ちや感情についてお聞かせいただいたのですが、改めて師匠の背中は遠いなあと感じました。 その一方で、今もなお憧れる人がいることの幸せも観じていました。
      澤先生に20歳代半ばでお会い出来たことは私の人生にどれだけ影響を与えてくれたことか。 出会えたことに感謝しかありません。
      澤先生、いつもありがとうございます。 まだまだ元気でいてくださいね。 また一緒に仕事しましょうね。




      9℃からのスタート

      0
        昨夜は岐阜県飛騨市にある古川町商工会で経営セミナーでした。 夜7時から10時まで1日3時間のセミナーが、これから月2回のペースで1月まで4か月間続きます。

        古川町でのセミナーは、今年で7年目になりました。 年によって、長い時、短い時、いろいろありますが、これだけ長く呼んでいただいて、本当にありがたいです。 知っている人も多くなって、古川町のことや人を思い出さない日はないくらいです。

        今年の依頼内容は、「創業」、「事業承継」、「経営計画」、3つの内容を網羅できる内容にしてほしいこと。 大きな町ではないので、テーマごとに区切ってしまうと対象人数が少なくなってしまうからです。 セミナーは、興味を持つテーマだけ参加できるように、セミナー1回ずつでも参加できるようになっています。

        開催にあたり、今年は新たな試みもありました。 隣接する北飛騨商工会と共催したり、飛騨市役所が周知に協力してくれました。
        また募集チラシも変わりました。 セミナーを担当する経営指導員の向林幸代さん自身がかわいいチラシを作成してくれました。(写真添付)

        その結果、今までを大きく上回る20名以上の方が申し込んでくださいました。 中でも注目される点は、2/3が女性です。 女性経営者だったり、経営者の奥様、お子様などいろいろですが、経営を担う立場の方々です。 チラシが可愛くて関心を持っていただき、読んでもらって共感されたんでしょうね。

        昨日は全国的に寒い一日でしたが、夕方、私が来た時の飛騨市の気温は「9℃」でした。 雪も多い飛騨市では、これから益々寒い季節を迎えますが、毎月来るのが楽しみです。 飛騨市の皆様、1月までの全8回、よろしくお願い致します。
        この間に、また一つ、歳を取るな^^;






        美味しい顔ってどんな顔

        0
          今週と先週の金曜日の夜は、岐阜県の美濃加茂商工会議所で経営計画作成セミナー(全2回)でした。

          毎年、補助金申請のために作る経営計画書のセミナーのご依頼いただいているのですが、担当者の方から、補助金のために慌てて作るのではなくて、 若い経営者の方には、普段から自分で経営計画を考える習慣をつけてほしいということで、「現状分析」と「戦略マップ」だけに絞ったかたちで実施させていただきました。 たまたまなんでしょうが、20代〜30代の若い経営者、後継者の方たちが来てくださいました。 若い子には伝えたいことがいっぱいあるのか、ついついおしゃべりになってしまいます。2日間、おじさんの話を聞いてくれて、ありがとうございました。

          前回も今回も、日中は美濃加茂市役所の仕事をしていました。指定管理を委託されている事業者さんの評価を頼まれています。

          そんな時に初めてお会いする職員さんも多いのですが、先日お会いした土木課に勤める女性の係長さんは面白かった。上下作業着姿も技術職の方と間違えるほど似合いすぎてましたが、終始笑顔で、お話の楽しい方でした。

          ちょうどお昼だったこともあり、指定管理を任されている施設(みのかも健康の森)でランチを取ることになりました。 参加したメンバーに、おすすめのメニューを説明してくれ、自らもそのメニューを「ああ、美味しい」と言って食べていました。

          そんな様子を見て、私が「美濃加茂市でおススメのお店とかあるんですか?」と聴くと、「いっぱいある」と嬉しそうな顔をして、6〜7件くらい紹介してくださり、どんなメニューを頼むといいかまで教えてくれました。

          話しながら「美味しいものを食べている時に、美味しいものの話をしていると、より幸せな気持ちになるね」と話されている姿は、なんとも楽しそうで、美濃加茂市のことを大好きなんだなと感じました。

          自分の町に、人に自信を持って紹介できるくらい美味しくて大好きなお店があるって素晴らしいこと、こんなふうに思ってくれる人がたくさいたらいいなあと思っていました。

          係長さんに教えていただいたお店とメニュー、全部制覇しようと心に決めました。ありがとうございました。

          教えていただいたお店とメニューはこちらです。係長さんは女性ですが、食べ物は男飯ですね(^O^)

          ・「虎子屋 」中華そば
          ・「中華そばらいん」 にんにく炒飯、揚げ餃子
          ・「味道」 担々麺
          ・「白王龍」 中華風カツ丼
          ・「若 」天カツ丼
          ・「寿々女とんかつの店」 ヒレカツ
          ・「あづま園」 焼肉






          月光仮面

          0
            昨日の鹿児島では嬉しいことがありました。 11年前、中小企業診断士になる時に、一緒に東京で7ヶ月間合宿生活をしながら学んだ鹿児島県日置市在住の宮脇さんが、お土産を届けてくださいました。

            宮脇さんのお住まいは日置市なので、私が鹿児島市に行くことは知らせていなかったのですが、新聞の募集チラシで私が来ることを知ったそうです。

            夜は用事があったそうでお会いすることはなかったのですが、昼間のうちに商工会議所まで届けに来てくださったそうです。 顔は見せずにお土産だけ届けてくれて、昔の男の美学を感じるところが、月光仮面みたいだなあと思いました。

            宮脇さんは私より20歳近く年上の方です。卒業してから10年、電話で話したことがあったり、年賀状のやり取りはありましたが、ずっとお会いすることはありませんでした。 そんな状況なのにお心遣いいただいて、ただただ感謝です。

            もうお子さんたちもすっかり大人になられたんでしょうね。宮脇さんもすっかりおじいちゃんですね。

            東京の串カツ屋でキャベツ頼んだら、千切りで出てきだって怒っていた姿が懐かしいです。 次回、ゆっくり鹿児島に来れる時は、ぜひ一緒に飲みましょうね。 ありがとうございました。



            |||Calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            • こくぞうさんのある町
              伊藤慎悟
            • こくぞうさんのある町
              kantoku
            • 成果はあったはず
              kantoku
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              sisst
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              kantoku
            • ほんの6年ですが
              kantoku
            • 記念取材!?
              sisst
            • 記念取材!?
              kantoku
            • 5年の月日が過ぎました
              sisst
            • 5年の月日が過ぎました
              kantoku

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM