お岩木山で手を振れば

0
    青森県黒石市での仕事は木曜日の夜から金曜日夕方までだったのですが、1日早く青森に入り、前から行ってみたかった津軽富士「岩木山(1625m)」に登りました。 その昔、松村和子さんが歌いヒットした「帰ってこいよ」の歌詞に出てくるあの山です。

    数年前、初めて岩木山を見た時に、「なんて美しい山なんだろう」と大好きなり、この山の山頂に登れると知ってからはいつか登ってみたいと思うようになりました。 ただ後に8合目までは車で行くことが出来て、9合目まではリフトで登れると聞いてからは少し残念にも思ったのですが、登るなら「自分の足で登ってみたい」という想いを持ち続けていました。

    昨年、「霧島の高千穂峯」、今年、「飛騨の猪臥山」に登ったことで少し慣れてきたこともあり、今回、黒石での仕事が決まった時からチャレンジしてもようと企んでおりました。

    悪天候であれば仕方ないとも思ってましたが、当日は幸い天気にも恵まれました。レンタカー会社の方も私の服装を見て「もしかして登山ですか!今日は最高ですよ!」と声をかけてくださいました。

    事前にネットで調べて、初心者にも一番優しいと言われる「嶽温泉」から登るルートを選びました。それでも8合目まで約2時間かかります。

    岩木山は連峰ではなく、単独の山だからだと思うのですが、上り下りというのがなく、ひたすら登りが続く印象でした。おまけに道中景色がほとんど見えないので、自分がどのくらいの位置まで来たか全然分からない状態での登山でした。 また今回は一人だったこともあり、ひたすら自分と向き合い、自問自答する時間が続きました。まるで精神鍛錬のような感じでした。

    8合目からは無理せずリフトで登ろうと思っていたので、そこまでがんばればラクになると思って楽しみにしていたのですが、8合目に着くとまさかの点検のため「終日運休」とのこと。心が折れそうになりましたが、ずっと岩木山の山頂に登ってみたい想いがあったこと、今日の晴天は貴重であることから、今日しかタイミングがないかもと自分を奮い立たせ、もう1時間登ってみることにしました。

    9合目からは特に傾斜が厳しくなりましたが、そんな想いをしながら辿り着いた山頂からの景色は格別で達成感がありました。苦労して登って良かったあ。 ただ、思っていたより見通しはよくなかったんですけどね。なんせ北海道まで見えるんじゃないかと思ってましから^^;

    やってみたかったことをまた一つクリアできて満足しました。

    帰りに立ち寄った麓にある「岩木山神社」も荘厳で素敵な神社でした^ ^












    好きになりすぎて、離れたくない

    0
      今週は青森県の黒石商工会議所で「戦略マップセミナー&相談会」の仕事をさせていただきました。
      岐阜県から900キロ離れた青森県ですが、訪れるのは今回で15回目となり、すっかり馴染みのある場所となりました。黒石市に来るのも今回で4回目です。

      黒石市の人口は約32000人。商工会議所の会員数も800事業所くらいの小規模な商工会議所です。
      これまで「経営戦略」をテーマとしたセミナーもほとんどなかったそうで、今回のセミナー開催にあたっては、職員の方が若い経営者の方を中心に、将来の経営戦略を考えてほしい事業者の方々に丁寧に説明して参加を促したんだそうです。

      職員さんが作成してくれた募集チラシにもその想いがよく表れている感じがして私も意気に感じ、なんとか役に立ちたいなと思っていました。

      セミナー前、少し時間があったので、地元の黒石神社に参拝に行って、参加者の方にとってよいセミナーになるよう祈念していました(*^^*)

      これだけたくさんセミナーを経験しても、「今日は完璧だった」なんて思ったことはほとんどありません。
      今回も終わったみると、「もっとこうしたらよかったかな、あれを言えばよかったかな」と思うこともありましたが、まあまあ良かったのかなと思います。 参加者の皆さんの表情からも感じましたし、アンケートを読ませていただき安堵しました。

      それでも一番印象に残ったのは、翌日に開催していただいた個別相談で接した事業者さんとの時間でした。
      日本全国、どこへ行っても事業者の課題や悩み、不安は変わらないし、何より皆さん本当にステキな事業者だった。 皆さんまだお若いし、向上心もあるし、素晴らしい特徴も持っているので、きっともっともっと事業も人生も良くなっていくと思います。

      出会った人たちを好きになってしまい、黒石を離れるのが寂しくなってしまいましたが、また来た時に良くなった姿や話が聞けるのを楽しみにしていますね(^○^)

      参加いただいた事業者の皆様、黒石商工会議所様、本当にありがとうございました。

      帰りの飛行機、濃霧で「欠航」になるかもしれないと言われていましたが、おかげさまで無事時刻どおり飛びまして帰ってきました^ ^










      我が町の洋食屋さん「キッチンうさみ」

      0
        す昨年12月、岐阜県郡上市美並町に「キッチンうさみ」という洋食屋さんがオープンしました。

        元々、ご両親が美並町内で人気料理店「うさみ」を経営されていたのですが、ご本人は料理の専門学校卒業後、フランス料理の道に進みました。

        都会の有名店などで修行をした後、同じ郡上市八幡町に「サンパ」という名前のフレンチレストランを営んでいました。 昨年実家の隣にあったインドカレー店が閉店し空き物件になったことから、家族や地域のこれからのことを考えて、美並町に戻って再出発することにしました。

        地元美並町は山間にあり、交通が不便でお年寄りが多い地域であることや、店前の国道を通る営業マンなどが立ち寄りやすいようにとフランス料理に拘らず、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層の方に食べてもらえるよう「まちの洋食屋さん」といったイメージでオープンしました。

        昼と夜の営業なんですが、オープン以降、なかなかタイミングが合わなくて、伺うことが出来ませんでしたが、先週ようやく立ち寄ることが出来ました。

        前に来た時はまだ改装中でしたが、オープンして約半年、お店全体が新たな店主やお客様たちによってすっかり息を吹き返した感じがしました。

        一番食べてほしいのは何?って聞いたら、「ハンバーグ」か「カツレツ」ということだったので、迷ったすえに今回はハンバーグ定食にしました。 さすが洋食のプロだけあって、手が込んでいる感じがします。

        お味噌汁は何を使っているの?って聞いたら、地元の「郡上みそ」とのこと。 ただし、地元以外の方も来られるので、少しだけ他の味噌も混ぜてマイルドに仕上げているそうです。 この辺りがご両親から授かった料理人としてのセンスだなあと思っていました。 ちなみにお米も地元の「やまと米」を使用とのことでした。

        せっかくなのでデザートセットにしてもらいました。 この中で一番印象に残ったのが、奥さんが焼くクッキー。 見た目は小さな唐揚げにも見えますが、懐かしくもあるけど、上品な味でもあり、コーヒーや紅茶によく合う印象です。 持ち帰りでも販売しており、これだけ買いに来る人もいるそうです。

        夕方、子どもたちが隣の実家ではなく、お店に帰ってきて、お客さんに「こんにちは〜」とか言っているのも地域性が出ていていいなあなんて思っていました。

        岐阜県の方はよく分かると思いますが、高速道路の発達により、美並町は通り過ぎてしまう地域になってしまったところがありますが、ちょうど郡上八幡インターと美並インターの間に位置しているので、そんなに無駄なく立ち寄れると思います。。

        タイミングが合いましたら、出張やドライブのついでにお立ち寄りください。 サイクリングやバイクの方もよくみえるそうですよ。

        ちなみにですが、我が地元、各務原市の人気仕出し屋さん「魚久満」の熊ちゃんと関商工ラグビー部の先輩後輩とのこと。以前、改装中には宇佐美さんが魚久満さんの手伝いに行っていたこともあるそうです。 二人ともポジションはフォワードだったことでしょう^ ^

        ●キッチンうさみ(Facebook)
        https://www.facebook.com/%E6%B4%8B%E9%A3%9F%E3%82%84-%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%E3%81%86%E3%81%95%E3%81%BF-421799825224311/










        決戦は金曜日

        0
          先週金曜日の夜は、三重県の四日市商工会議所で「創業カフェ」の講師を担当させていただきました。 今年2月に続いて、2回目の担当です。

          四日市商工会議所では、創業に興味関心ある方がいつでも学べるように、また創業した後も経営について学べたり、創業仲間や支援者との接点がつくれるように、毎月第1金曜日に「創業カフェ」という催しを続けています。 今回で87回目。すでに8年目に突入しているそうです。

          今回は「創業後のことを創業する前から考える」といったテーマでセミナーをさせていただきました。

          創業したい人は、創業すること事体が目的ではない。創業して長く商売を続けるためにも創業後の展開を事前に考えておきましょうといった内容です。

          いろいろな観点はあるかと思いますが、私が今回皆さんに考えてほしかったのは、大きく2つ。

          ?創業後、どうやってお客様をリピーター、ファンにしていこうと思うか。

          ?創業後、どうやって自分自身を成長させて、提供する商品やサービスのレベルを上げていくか。

          私の経験や事例紹介をした後に、個人で考えてもらい、グループで共有したりしていただきました。

          最後に参加者の女性の一人が大きな声で、
          「私は今日まで創業することしか考えていなかった。創業後の事業イメージを今から考えておかなければならないことに今日気が付きました」
          と話してくださっていました。

          はい、まさにタイトルどおりです!
          そのことに気づいて創業する人と、そうでない人には大きな差が生まれると思いますよ(^_-)

          今回参加いただいた皆様の事業が順調に成長されていくことを願っています。

          参加いただいた皆様、四日市商工会議所様、ありがとうございました。

          帰りは前回来た時に立ち寄った四日市名物「とんてき」のお店に。 少しお値段が高めなんですが、お肉を食べた満足感があります(^^)






          二人の織姫

          0
            す今日は中学校の同級生たちとナゴヤドームに野球観戦に行ってきました。 女性二人に挟まれてデレデレした顔をしていたらすみません(*^^*)

            二人とも中学2年生の同級生で、今は結婚して愛知県岡崎市に住んでいます。 昨年4月の学年同窓会で10年ぶりに再会し、たまたま翌月に岡崎商工会議所でセミナーの仕事の仕事があることを伝えると、サプライズで二人で会いに来てくれたことがありました。

            それ以来、LINEで近況を連絡することがあったのですが、みんなプロ野球好きということが分かり、来年はみんなで観戦に行こうというこになり、本日やっと実現した次第です。 二人に会うのも1年2ヶ月ぶりでした。

            一人の娘さんがビールの売り子さんのアルバイトをしていて、途中でビールを売りに顔を見せに来てくれました。

            みんな20歳以上の子を持つ父母。 スコアボードに出る選手の年齢を見ながら、「あんな息子がいてもおかしくない」とかしゃべってました。

            写真の私、一人で酔っ払ったような顔をしていますが、お酒の量は完全に女性たちに負けています! 2次会の居酒屋も含めて、私の2倍は飲んでおられました(^^;;

            二人ともご家族はまだ各務原市にいるそうですが、両親ともに健在なのは私だけ。 すでに両親を亡くしていたり、片方を亡くしていたり、この歳になるといろいろあります。

            それから老眼鏡を持っていないのも私だけでした(^○^)

            3人合わせて「151歳」。
            「慎悟君、両手に枯れ葉でごめんねえ〜」と言われましたが、 とんでもない私には「永遠の14歳」です^ ^

            思い出話からバカ話、50代をどう生きるかという話まで、ほんとによくしゃべりました。 いつもの自分を忘れて、楽しいひと時となりました。二人ともありがとう。 普段はなかなか会えませんが元気に過ごしてくださいね。

            それから、我が中日ドラゴンズ。 今日は勝ちました!
            チームの連敗も「4」で止まりましたが、私の連敗も「6」で止まりました。
            実に2年ぶりの勝利です(涙)

            七夕の夜。天の川は見れませんが、勝利の美酒と二人の織姫に酔いしれて、気分よく眠りますzzz









            |||Calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            2930     
            << September 2019 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            • 南会津から 2018夏
              sisst
            • 南会津から 2018夏
              kantoku
            • Never Enough
              sisst
            • Never Enough
              kantoku
            • こくぞうさんのある町
              伊藤慎悟
            • こくぞうさんのある町
              kantoku
            • 成果はあったはず
              kantoku
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              sisst
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              kantoku
            • ほんの6年ですが
              kantoku

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM