春は東濃

0
    昨日は岐阜県・多治見商工会議所であった「新入会員歓迎交流会」というイベントで講師を務めました。
    この3年以内くらいに商工会議所に加入された方を対象に約50人の参加がありました。

    テーマは、儲けるために商工会議所をどう活用するか!

    商工会や商工会議所は、任意加入なので、絶対入らなければならないわけでない。毎年たくさん会員になってもらえるがその一方で残念ながら退会される人もいる。
    本当にメリットがないと感じてやめるなら仕方ないけど、多くの人は商工会議所を活用することなく、やめているのが現状である。
    商工会議所がどんなお役に立てるのか、 ちゃんと理解されていないし、伝えきれていない。

    そこで、元商工会議所職員で、全国の商工会・商工会議所のことも知っていて、今は会員事業者でもある私に、 第三者的な立場と経営コンサルタントの立場でお話しいただけませんか? とご依頼をいただき、そりゃそうだなと納得させられお引き受けしました。

    持ち時間は、50分だったのでお話し出来れことは限られますが、 商工会議所の仕組みや事業を理解いただいたうえで、どんな経営支援メニューが事業者の経営にどう役立つのか、 元職員、経営コンサルタントの立場でお話ししました。

    参加いただいた事業者さんが、自分の町の商工会議所、職員さんのことをもっと身近に接してくれるようになっていくといいなあと願っています。

    セミナー終了後は、今回の催しを考えた発案者でもある田代会頭が出迎えての懇親会。 会頭だけでなく、副会頭さんたち東濃地区を代表する役員さん、職員さんたちも参加しホスト役になっていました。

    もちろん事業計画書を作ったり、専門家に相談できることも商工会議所のメリットですが、こうして地元の事業者さん同士が繋がる場所があることも商売するうえでは大事なこと。
    次回ば繋がり方の演出も工夫しながら、続けていってほしいなと思います。

    春本番が近いせいか、何だかとてもよい雰囲気の催しでした。

    多治見市は岐阜県東濃地方の中心的な町。東濃地方は4月から始まるNHK朝の連続ドラマ「半分、青い」の舞台にもなっています。 今年は「東濃」が注目ですね^ ^

    多治見市の皆様、ありがとうございました。




    パノラマカーからの景色

    0
      今日は午後から愛知県・岡崎商工会議所の「岡女レンジャースマイル6」の事例発表会に参加してきました。
      以前にもご紹介しましたが、スマイル6は、岡崎商工会議所の女性職員たちによる経営支援チームです。

      3つの事例発表それぞれにドラマがあり、共感する内容でした。
      事業者さんも、職員さんも、堂々と元気に発表されている姿が印象的でした。 すごく凝ったプレゼン資料ではないけど、分かりやすい発表でした。
      きっと事業者さんが安心して発表できるように、事前にしっかり準備をサポートされたんだろうなあと思います。

      基調講演された服部副会頭の話も素敵でした。ほんとは行く前は、偉い人を立てて講演してもらうんだろうなあとうがった見方をしていたのですが、今回のテーマ「売れない時代の会社経営」にピッタリの内容でした。
      素敵と書いたのは、副会頭が経営者として15年近く地道な取り組みを重ねて来られたこと。
      会場からなぜ諦めずにやって来られたかの質問に、「これしか思いつかなかったから。他にもっといい方法があったかもしれないけど」と正直に話されてました。
      後になれば、自分を信じて続けて来られたのですね!と周りは言うかもしれませんが、実際は手探りの連続だったんだろうなあ。そんな姿が大人の経営者として素敵だなあと観じていました。

      夜は岡崎市在住の友人夫妻と飲み会に。ご主人も私も今年創業10周年を迎えるということで、奥様が私の好物ロールケーキを用意してお祝いしてくださいました。4時間半も話し込み楽しいひと時でした。ありがとうございます。

      岡崎市には子どもの頃に父と来た思い出があります。まだ保育園に通っている頃でしたが、この町にあった父が勤めていた系列のホテルへの出張に着いて来たことがありました。

      大好きな名鉄のパノラマカーに乗って来たのですが、名古屋方面から東岡崎駅に入る手前、川を渡り、少しカープすると左手に大きな公園とお城が見えてカッコイイ町だなあと思った覚えがあります。 東岡崎駅周辺も賑やかで、子どもの私にはすごく町に来たような気持ちがしました。 それ以来、岡崎という町にずっといいイメージがあります。
      妹が結婚して数年間、岡崎に住んでいたことも嬉しかった覚えがあります。

      もうしばらくすると岡崎公園も桜の季節ですね。きっと電車の車窓から見る眺めも素晴らしいでしょうね。
      岡崎で出会った皆様、一日ありがとうございました^ ^








      取引先のために補助金セミナー

      0
        昨日から小規模事業者が販路開拓を行うための補助金「小規模事業者持続化補助金」の募集が全国の商工会・商工会議所で始まりました。

        この補助金の募集も5年目になり、職員さんたちの経験も豊富になったことから、以前より商工会や商工会議所が開催するセミナーや説明会は減ったように思います。

        そんな中、今週、岐阜県内の企業の依頼で、小規模事業者持続化補助金のセミナー講師を担当しました。

        この企業さん自身は従業員40名くらいの会社なので小規模企業ではないので、この補助金には申し込めないのですが、 取引先のお客様の役に立てるかもしれないという社長のお考えで自社の会議室を使って開催されました。

        会社でチラシを作成し、営業の方が対象になりそうな取引先や若い経営者の方を中心に説明しながら周られたんだそうです。
        日程や時間帯など限られるので参加者は4名と少なかったですが、希望者はもっといたそうです。
        皆さんいずれも初めて申請を目指す方ばかりでしたがとても真剣に取り組んでましたよ。
        申請書自体が経営計画書になっているんですが、下書きまでやってもらいましたが、普段から皆さん考えているのかスラスラ書けていました。

        夜のセミナーだったので、営業の皆さんもお客さんへの挨拶に顔を出してくださいました。一緒に聞いて、作ることもサポートしてあげたらと言うと、みんな苦笑いしてました^^;

        商工会、商工会議所も一生懸命PRしてると思いますが、伝達方法や影響力には限界があります。
        セミナーまで自主開催するかは別にして、こんなふうに企業が取引先のお客様に向けたサービスとして、活用できる補助金を紹介いただくのもいいなあと感じていました。

        大雨の中、県内外からご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

        ●小規模事業者持続化補助金(中小企業庁)

        http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/2018/180309jizoku.htm


        金融機関の創業支援

        0
          今日の午前中は、十六銀行さんの研修所で、若い職員さん向けに研修講師の機会をいただきました。

          テーマは「創業支援について」なんですが、創業支援のテクニックやノウハウなどの手法を教えるというよりは、 現在の中小企業の実態を知ってもらったうえで、「なぜ金融機関として創業支援が必要なのか」を理解いただくものでした。

          営利を目的とする金融機関にとって、創業支援って実際のところ手間が掛かる割に儲からない仕事です。 短期の営業成績が求められる営業マンにとっては優先順位が遅くなっても仕方ないところです。 それでも長い目で見た時には、確実によいお客様に成長していく可能性がありますし、 現在の企業数の推移を見ると、従来のように既存企業だけを対象にしていては先細りだということも頭のいい皆さんなので容易に理解されたと思います。

          また、創業支援を自分だけですべてをやろうとするのは大変なので、 そのための外部協力者として、地域の商工会・商工会議所などの支援機関とどう関わっていけばよいかについてお話させていただきました。

          この研修を行うにあたっては、 「地域の商工会、商工会議所としては、創業支援をする際に、本音のところ地域内の金融機関とどう関わりたいのか」について、 日頃から親しくしている4人の商工会、商工会議所職員さんにもヒアリングさせていただきました。

          私も元商工会議所職員なので、分かっているつもりでしたが、 やっぱり現場の生の声は違いますね。 私が聞いていても、「なるほどなあ、そうだよなあ」と思うことが多々ありました。

          どこまで表現できたか分かりませんが、皆さんの声はしっかり紹介させていただきました。 せっかくいい意見なので、今回だけでなく、またどこかで紹介できたらいいなと思います。

          ご参加いただいた十六銀行の職員の皆様、ヒアリングにご協力いただいた商工会、商工会議所の職員の皆様、ありがとうございました。

          終了後は研修所のランチをいただき、なかなか出来ない経験をさせていただきました。 甥っ子が参加していなくてよかった。。。(#^.^#)




          無事、役割を終えられた

          0
            この7年間、美濃加茂市と加茂郡の8市町村と一緒に取り組んでいた「みのかも定住自立圏つながる事業」のコーディネーターの仕事が今週火曜日にあった報告会を最後に終わりました。

            事業立ち上げから関わらせていただいて、たくさんの地域、団体、職員の方と接してきました。

            私が今年独立して10周年を迎えるので、そのうち7年も関わらせていただいたと思うと感慨深いです。
            7年前、ちょうど震災があったすぐ後、当時の担当職員さんに呼ばれて美濃加茂市役所に打ち合わせに行った覚、えがあります。

            今にして思えば、まだ経験の少ない私によく声をかけてけれたなあと思います。

            地域活動の立ち上げに行政が補助金を出して支援する事業なんですが、そこに経営の視点を取り入れたいということで、継続ためには、どう収益を確保し、組織づくりをするか、セミナーや相談を通して繰り返しお伝えしてきました。

            各団体は3年で卒業なんですが、昨年調べてもらったら、過去30数団体採択されたうち、今でも9割の団体は活動を続けているということでした。 それが私たちが関わらせていただいた成果だとしたら嬉しいです。

            今年度からは新規募集を停止していたので終了することはわかっていたことです。
            最後はもっと寂しい気持ちになるのかなと思っていたのですが、ホッとしたのが正直な感想です。

            なんとなくですが、無事役割を終えられた感じで清々しさがありました。 ちょうどこの日の天気のようでした。 担当職員さんたちが異動や退職でどんどん入れ替わる中、最初からいたのは、自分と一部の審査員だけでしたからね。

            終わりは始まり。 私もまた何か新しい役割を担って行くのでしょう。

            美濃加茂市役所の職員の皆様、加茂地域の町役場の担当職員の皆様、採択された団体の皆様、一緒に事業を支えてきた審査委員の皆様、本当にお世話になりありがとうございました。
            美濃加茂市や加茂地域のことたくさん知ることが出来て、知り合いもいっぱいできて、楽しかったです。
            この事業に関わらせていただき感謝しています。ありがとうございました^ ^

            最後の写真は、帰りに食べた美濃加茂市役所の職員さんオススメの中華風カツ丼です(*^^*)







            |||Calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << May 2018 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM