太郎坊宮を守る太郎坊

0
    昨日から仕事で東近江市に来ていたのですが、今日、午後から岐阜県内である予定だった相談の仕事が急遽キャンセルになったため、少し時間が空くことになりました。

    そこで前から行ってみたいと思っていた「太郎坊宮(太郎坊・阿賀神社)」に行ってきました。 聖徳太子ゆかりの1400年の歴史がある神社です。

    近江八幡駅から近江鉄道に乗ると「太郎坊宮前」という駅があるので、ずっと気になっていますが、なかなか日中来ることが出来ないでいました。

    今回は車で来ていたので、麓の駐車場まで行けたのですが、ここからの742段の石段がおっさんにはきつかったあ。 今日は暖かい日だったこともあり、汗だくでした^^;

    石段は確かに大変なんですが、ここの眺望は本当に素晴らしいですよ! 皆さんにもぜひ観ていただきたい景色でした。
    (車なら石段をあまり使わなくていい駐車場もあります)

    太郎坊宮の神様は、「天尊瓊瓊杵尊(テンソンニニギノミコト)」という天照皇大神の第一皇子神様で、「勝利の神様」だそうです。 その神様を守っているのが、「太郎坊」という天狗なんだそうです。 町のキャラクターの「かぁくろう」も天狗っぽいかな。

    今はなかなか旅行に出掛けるといったムードではないですが、落ち着いたらぜひ「東近江市」にお出かけくださいませ。 「近江八幡市」と隣町でもあるので、一緒にいろいろ観て周れると思います。近江牛とか美味しい食べ物もありますしね。

    聖徳太子は、「国家の安泰と万人の幸福を祈願した」と記されていました。
    私も時節柄、太子様にあやかって祈願させていただきました^ ^

    そして、この町で出会った皆様の幸福も祈念して。 ありがとうございました。










    失敗した経験を持って戻ってこい!

    0
      先日、私が各務原商工会議所に勤務していた時にお世話になった星野鉄夫元会頭(岐阜車体工業顧問)がお亡くなりになられました。
      出張していたので知らなかったのですが、帰ってきて新聞を見て知りました。

      最後にお会いしたのは、10年くらい前だったかな。独立した後でしたが、当時通っていた市内のスポーツクラブでトレーニングしていた時に、「俺も少し身体を鍛えようかと思って。社員からここが評判がいいって聞いたから、見学に来たんだ。お前、運動なんてしなくても良さそうなのに」って話した覚えがあります。

      星野さんが会頭でなかったら、私が独立開業するのはもっと遅かったかもしれませんし、タイミングを逃せば開業自体していなかったかもしれません。

      話が長くなるので、端折ってお話しますが、私が退職を申し出た際、当時の上席の方々からは、「送り出してあげよう」という意見と、「まだ早いだろう、もう少し貢献してもらってから」という意見があったそうです。 私も後で聞いた話でしたが、二分する意見があって当然だと思います。

      そんな中、最後に決断してくだったのが星野会頭で、
      「うちの組織は、挑戦する人を応援する組織であろう。それは事業者さんに対しても、職員に対しても同じ」と言って、送り出していただけることになりました。

      そのことを職員全員が集まる会合の場所でお話ししてくれました。

      その会合が終わった後、会頭にお礼が言いたくて、エレベーターで帰られた会頭を階段で追いかけてビルの1階まで降りたら、ちょうど迎えの車に乗られるところでした。

      お礼を伝えると、私の肩を叩いて、「そういうことだ!やれるだけやってダメだったら、失敗した経験を持って戻ってこい!」って言ってくれました。

      「戻ってこれるわけないじゃないですか」とは思いましたが、本当に本当に有難いお言葉でした。
      2008年3月のその光景を、12年経った今でもよく思い出します。

      開業してから、誰かにお礼や感謝をされると、送り出してくれた人たちのことを思い浮かべます。
      星野会頭、各務原商工会議所職員のみんな、当時お世話になっていた専門家の先生たちなど、そんな方々のおかげで、今、誰かに喜んでもらえるようになったんだなあって思っています。

      2006年秋に、私が中小企業大学校東京校の「中小企業診断士養成課程(6ヶ月半)」に行く時に、会社に挨拶に伺った際には、
      「世の中すべて「仮説−検証−修正」の繰り返しだ。そのことを身を持って体験してこい」って話されていました。
      当時は、「製造業の話?」くらいにしか受け止めていませんでしたが、今、この年齢になって、尊い教えだったことに気づかされます。

      また、せっかく半年以上も東京にいるんだから、勉強ばかりじゃなくて、「東京にしかないものを見て周り経験してこい」とも言っておられ、毎月、レポートを送ってこいとも言われました。
      最初は冗談かと思ったのですが、その後、秘書の方から、会頭の個人メールアドレスを伝えられて、本気なんだと諦めました。

      面倒くさいなあと思いながらも、時間を見つけて立ち寄ったところをレポートにして報告してました。
      一番喜ばれたのは、町田市にある旧白洲次郎邸「武相荘」を行った時のことでした。会頭が白洲次郎さんをお好きだったと思うのですが、無事卒業した時より喜んでおられました。

      養成課程を終えて、帰ってきた時に「半年間、耐え抜いて無事資格は取れましたが、自分が成長出来たかどうか正直分かりません」と話すと、
      「そんなもんすぐに分かるかあ!心配せんでも、その内、自分が成長していることに気づけるわ!」って話してくれました。
      事実、しばらくして以前との違いに気づけることが出来るようになりました。

      私のような立場の職員であったものでも、思い出は尽きません。

      一つ心残りがあるとすれば、一度も叱られることがなかったこと。私の上司や先輩は、叱られることもあったようでした。私がまだたいした仕事を任されていなかったからでしょうが、星野会頭に直接怒ってもらえるような経験をしてみたかったです。

      星野会頭は私の父と同じ昭和11年生まれ。初めてお会いしたのは、商工会議所に入所した23歳の時。当時総務委員会の委員長さんでしたが、事務局を担当していて、「父と違って、なんてダンディーでカッコいいんだ!それでいて私みたいな入りたての職員の意見も聞いてくれて優しい」と思った覚えがあります。

      当時の星野会頭が55歳くらいだったと思うので、今の私とそんなに変わらないですね。私が見た55歳の星野さんには遠く及ばないですが、同じくらいの時間が過ぎると私も自分の人生を終えるかもしれないと思うと、何が出来るのかなと考えたりします。

      退職してからもずっと、毎年、年賀状で近況を報告していましたが、来年からはもう出来なくなってしまいましたね。

      星野会頭、本当にお世話なりました。有り難うございました。
      お会いすることが出来たこと、心より感謝しています。

      「出会いが人を育て、別れが人を深める」のであれば、この感謝を何かに変えていかなければと思います。




      問題解決と課題達成

      0
        先週、豊川商工会議所で職員研修(支援担当者7名)を担当させていただきました。

        内容は「小規模事業者持続化補助金の申請書の書き方について」。 もう5年くらい続く制度なので、関係者の方は、「今更?」と思われるかもしれませんが、今月初めに犬山商工会議所で事業者さん向けセミナーに豊川の職員さんが来てくださっていて、この内容を「うちの職員にも教えてほしい」と呼んでくださいました。

        申請書の書き方は知っているし、支援の経験もあるけど、「もっとよくするために学びたい」というイメージなんだと思います。

        普段は圧倒的に事業者さん向けにセミナーをしているので、職員さんにする時は、事業者さん向けに伝えている内容を話した後で、「私はこう考えてこういう伝えています」といった解説が入る分、ちょっと面倒くさいところもありますが、考え方を理解してもらえたり、共感してもらえるといつもとは違う喜びもあったりします。 以前、愛知県中小企業診断士協会で同業者向けの研修を担当していた時もそんなことを感じた覚えがあります。

        研修自体はまあまあ思ったとおり出来たのではないかと思うのですが、最後に職員さんに感想をお聞きした際に、「申請書作成の初期段階から相談してもらえるようなことが少ない」といったお話がありました。

        これと似たような話しては、「補助金を申請したいというような案件を抱えている事業者さんが無い」という話もよく聞きます。

        私も都市部ほど若い経営者も多いから、地方へ行くほど案件が少なくなるのは仕方ないようなあと思っていました。 また、補助金は無理やり使うものでないと思っていますし、手間が掛かったり、場合によっては資金繰りを悪化させることもあるので、よく考えて利用してほしいと思ってます。

        でも昨年4月から、人口23000人の飛騨市ビジネスサポートセンター(ひだサポ)で経営の相談をしていると、「この事業者さん、今度、補助金使うといいなあ」と思うことがよくあります。そう思うと地方だから案件がないわけではないんじゃないかなと思うようになりました。

        補助金を活用したような支援案件があるかないかは、「問題解決」か、「課題達成」の違いなんだと思います。

        ロジカルシンキング的に言うと、もっと適切な表現があるかもしれませんが、ざっくり言えば、
        「今、これで困っている」というのが「問題解決」。 
        「こうしていきたいので、これをしたい」というのが「課題達成」。

        ひだサポの相談は、必ずしも悩み事や困り事に対応しておらず、世間話のように事業の話が聴けるから、近い将来を考えて、「こうしていきましょうか」という話ができる。そうすると自分には関係ないと思っていた補助金の話も身近になってくるのだと思います。

        質問いただいた職員さんには、このような話をして、これは地域や事業者さんと関わり方をどうするかといった話なんだと思いますとお伝えしました。

        現実的は組織としての取り組み方の話ですし、いろいろな業務を抱えて大変だと思いますが、頭のいい方だったので、何が必要かは理解いただいたように感じました。

        私たち企業支援をしている世界では、「問題はなくても、課題のない会社はない」といった言葉がよく飛び交います(ほんとはたまにですが^^;)。

        現状の困り事、悩み事に対応しているとネタはつきるけど、困っていないように見える人にも、先を見据えると、やったほうがいい事は、私を含めすべての人にあったりしますから^ ^

        今は課題を一緒に考えるのも、課題を考えてもらえる機会を自然につくるのも、私たち支援者の役割のだと思います。

        豊川商工会議所職員の皆様、ありがとうございました。




        思ったとおりの活躍

        0
          昨日の岐阜新聞朝刊。私が創業時に関らせていただいた事業者の方、お二人がそれぞれ掲載されていました。

          一人は、20年ぶりに復活した柳ヶ瀬商店街青年部の部長になったというサツキテーラーの水野琢朗さん。
          もう一人は、出身地である各務原市内の中学校で起業家教育の授業を行ったという飲食チェーン「新時代グループ」を経営する(株)ファッズの佐野直史さんでした。

          二人とも本業の仕事をとは直接関係のないところでの活躍が掲載されいましたが、その分、世の中や地域社会に貢献していると言えるのでしょうね。

          きっと指導者の教えがよかったと自慢したいところですが(^^;)、彼らはセミナー受講者や相談者である時から優秀だったなあと思います。
          二人の共通しているところは、なんとなくキラキラしていました。

          もちろん頭の良さもありましたが、志が高いというか、彼らの言動や表情から、想いや考え方がいつも前向きで素晴らしいなあと感じていたように思います。

          だからこんなふうに新聞に掲載されても、嬉しさはあっても、驚きはなく、思ったいたとおりになってきたって感じのように思います。

          10年くらい前だったか、駆け出しの頃にいろいろ教えていただき、お世話になった大先輩の中小企業診断士の先生がいました。

          その方に「いつかお返しが出来るようにがんばります」と話したら、「俺に対するお返しなんて要らない。いつか伊藤さんがテレビや新聞に載るくらい有名になったら、その時は、少しは俺のおかげでもあるかなと自慢に思えるかもしれない」と言ってくださいました。

          彼らの新聞記事を見て、その言葉を思い出してました。
          私もだんだん先生の想いが分かるようになってきました。

          私が新聞に載るくらい有名になるようなことは今のところ考えにくいですが、私が関わった方々がそうなることでお許しいただけないですかね、長屋先生。 こんなことが増えていくと、嬉しいなあ^ ^

          水野さん、佐野さん、ありがとうございます。これからもご活躍を応援しています。

          ●サツキテーラー(岐阜市柳ヶ瀬)
          https://www.satsukitailor.net/

          ●新時代グループ/(株)ファッズ(愛知県安城市)
          http://www.phads.jp/




          たくましい美女たちに囲まれて

          0
            昨日は稲沢商工会議所女性会さん(愛知県)からご依頼の仕事でした。 商工会や商工会議所の女性部・女性会からセミナーや研修の仕事をすることは何度もありましたが、今回は「座談会」の進行役をしてほしいとのこと。

            さすがにそんな経験はなかったので、遠慮したいところではあったのですが、 稲沢の女性会さんは昨年、研修会を担当させていただいたこともありましたし、 担当の総務委員会の方から(女性会会員)、委員会のみんなで私が適任だと思ってご依頼いましたとお聞きして、断われる出来ずお引き受けしました。

            どこの女性会も共通した課題を抱えていると思いますが、廃業や高齢化などで会員数が減少しているとともに、女性会加入のメリットが明確でないので新規会員加入もしづらく、若い会員数が増えないとのことでした。

            そこで今回、稲沢商工会議所女性会の『今後のあり方を考えるための座談会』を開催しようということになったそうです。 女性会の会員増加を目指す中、「稲沢商工会議所女性会の意義、今後どんな会にしたいか?すべきか?」などをざっくばらんに話し合う機会にしたいと考えたいとのことでした。

            担当委員会の方々の熱意は伝わってきたものの、さすがに経験のないことで、どんな内容で進めたらいいかは少し悩みました。 有り難かったのは、総務委員会が事前にアンケートをとってまとめていてくれたこと。委員会メンバーの中に、パソコン教室を経営されている方がいたこともよかったと思いますが、データが分かりやすくまとめられていました。
            アンケートの内容もよく、女性会会員の皆さんが女性会のことを真剣に考えて書いたのだろうなあということは伝わってきました。
            アンケートの結果やコメントには、いくつかの共通点があったので、こうしたらいいかなあという仮説を考えることが出来ました。

            長くなるので、どんな内容で進めたかは控えておきますが、何とか期待に応えられたのかなあと思います。

            私が27年くらい前に地元の商工会議所に勤めた時の女性会は、商店のおかみさん会みたいな感じで、経営のこと学ぶってよりは、地域のボランティア団体みたいなイメージでした。 でも時代が変わり、事業者の奥さんも経営に参画する機会が多くなったり、女性経営者もだんだん多くなったりで、昔ながらの活動が合わなくなってきました。 だんだん変わりつつはあるものの、十分ではない状況の中、稲沢商工会議所女性会の皆さんは、みんなで立ち止まって考えてる機会を作ったのだと思います。

            私は仕事で女性事業者の方にお会いすることはとても多いですが、そんな経験から皆さんにお伝えしたのは、「皆さんの女性事業者としての経験は、これから事業を始めようとしている女性、現在すでにしている地域の女性事業者さんにとって、すごく有り難く、心強い存在になることは間違いですよ」とお話ししました。

            セミナー後、担当者の方からいただいたメールの最後ににはこんな内容が書かれてました。

            「今後は私たち自身でも、このような対話の場をつくっていけるんじゃないか そんなイメージを持つこともできました。」

            たくましくて、いいなあ^ ^ 今回のことがきっかけに、女性会の女性事業者の皆様自身にとっても、稲沢の女性事業者の皆さんにとっても、素晴らしい環境が出来上がっていくことを願っています。女性会の皆様、ありがとうございました。

            もうこんな大変な依頼はやめてくださいねえ〜(^○^)











            |||Calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << May 2020 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            • 9月1日に生まれて
              sisst
            • 9月1日に生まれて
              sisst
            • 9月1日に生まれて
              kantoku
            • 南会津から 2018夏
              sisst
            • 南会津から 2018夏
              kantoku
            • Never Enough
              sisst
            • Never Enough
              kantoku
            • こくぞうさんのある町
              伊藤慎悟
            • こくぞうさんのある町
              kantoku
            • 成果はあったはず
              kantoku

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM