九州上陸

0
    シルバーウィーク、私は福岡に行っていました。
    連休中、佐賀県の鳥栖商工会議所で行われた
    「創業塾」の講師として呼ばれていました。

    私の担当は、21日と23日だったこともあり、
    宿泊先を鳥栖から特急電車で20分ほどの博多駅前にとり、
    ここを拠点に活動していました。

    以前、旅行会社で働いていたので、
    大宰府や空港には行ったことがあったのですが、
    博多の街は初めてでした。

    来てみて感じたことは、街のエネルギー。
    東京で若者が多く集まる下北沢や吉祥寺で
    感じたような活気があるように感じました。

    初日には福岡に住む知人が案内してくれたのですが、
    「博多は九州中の人が集まってくるし、連休だから余計に多い」
    と言っていましたが、遅い時間まで多くの人が行き交っていました。

    あとは大陸を感じること。
    海を隔てて、韓国、台湾、中国に近く、
    普通に人が行き交いしているそうで、
    写真のように地下鉄の表記も、日本語、英語、韓国語、中国語でした。
    歴史的にも繋がりが深いことは知っていましたが、
    本当にそうなんだと肌で感じました。



    私は愛知県に生まれ、岐阜県で育ち、
    少しの間東京で単身生活を送っていたぐらいで、
    日本のほぼ中央部にしかいたことがありませんが、
    この街にいると日本という国は少し違って見えます。
    もっと早くに来るべき街だったように思います。
    魅力的な街でした。





    そして九月は

    0
      私が一年の中で好きな季節は、5月と9月です。
      どちらも心地のよい風が吹きます。
      5月は少し穏やかな爽やかな風、9月は少し淋しげな涼しい風です。

      できればこのふた月のどちらかで結婚し、
      どちらかで子供が生まれたらいいなとずっと思っていました。
      5月のほうは叶いましたが、9月は叶いませんでした。

      最近は9月も残暑が厳しくて暑くなりましたが、
      私の子供の頃は、もっと涼しかったように思います。
      特に朝に感じるひんやりとした涼しさが好きでした。

      そんな私の気持ちを表した唄が竹内まりやさんの「September」。
      実は、この唄がヒットしていた頃のことは、私は知りませんでした。
      高校生の頃、当時お付き合いした彼女に、
      「9月のこんな雰囲気が好きなんだ」と話したら、
      「Septemberのようだね」と言ったのを聞いて知りました。

      「September」の歌詞というよりは、イメージです。
      輝いていた夏が終わり、秋に向かっていく淋しさ表しています。
      ちょうどこの時期、学校では体育祭があります。
      体育祭の準備や応援の練習など、体育祭までは盛り上がるのですが、
      終わった途端、一気に淋しい気持ちになります。
      3年生なら、受験や卒業を意識するようになるのでしょうか。

      「September」の歌詞の後半に、こんなフレーズがあります。

        「めぐる季節の彩りの中、一番淋しい月」

      明日は、娘が通う中学校でも体育祭があるそうです。
      あれから四半世紀ほど経ちましたが、
      うちの娘も同じような気持ちになるのかな。

      私がおばさんになっても

      0
        前回は、先輩の話をしましたが、
        今日もやはり人生の先輩の話です。
        その人は滋賀県在住の40代後半の女性で
        以前、私が商工会議所に勤めていた時、
        経営指導員の研修で知り合いました。
        1か月に及ぶ長期の研修だったので、参加者同士仲良くなり、
        研修が終わった後もメールなどで連絡を取り合っていました。

        先日、兵庫県での仕事の帰りに立ち寄り、
        3年ぶりに再会し、一緒にランチしました。
        私が独立してから初めてだったこともあり、
        話は尽きませんでした。

        食事が終わった後、まだ少し時間があるということで
        石山寺をご案内いただいたのですが、
        そこに向かう際、彼女の車がとめてある駐車場まで一緒に歩きました。
        駐車場は、ある神社の敷地内にあったのですが、
        鳥居が見える場所で行くと、彼女は少し立ち止まり、
        神社に向かって手を合わせお参りしていました。

        私が驚いた顔をしていると、
        「毎日こうしてるんや」って話してくれました。
        私は思わず「Tさん、かわいいなあ」って答えました。

        彼女が何を祈っているのか分かりませんが、
        毎日、朝夕、神社の前を通るたびにお参りしてる女性って、
        素敵だなあって思いました。
        そう言えば、今年の夏、東京府中市の大国魂神社に行った時も、
        自転車から降りて、遠くに見える本殿に向かって拝む
        通行人の女性がいらっしゃったな。

        彼女はもう成人した二人のお子さんを持つお母さんですが、
        女性のかわいさっってきっとこういうところです。
        と思うのですが。。。(照)

        Tさん、いつまでもかわいいおばはんで。
        いえいえ、かわいい女性で。

        私もすっかりいいおじさんですが(笑)



        かっこつけたらあかん!

        0
          先日、先輩の中小企業診断士に、
          2年半ぶりにお会いする機会がありました。

          メールなどでは連絡をとっていたものの、
          私が独立をしてからは初めての再会だったこともあり、
          お祝いにご馳走してくださいました。
          とても楽しい時間を過ごし、
          帰りは駅までタクシーで向かいました。

          私はご馳走になったこともあり、
          お金を払おうとした先輩を制して、タクシー代を払いました。
          先輩もそれには応じていただいたのですが、
          お金を払いそのまま降りようとした先輩が
          タクシーの運転手さんに「領収書をください」と言いました。

          タクシーを降りた先輩が私に向かってこう言われました。
          「独立したんだから、かっこつけたらあかん
          長く続けたいんなら、細かいことにも気をつかわないかんで」

          本当に気付かされる言葉でした。
          おごりがあったわけではないですが、
          少ない金額だからという思いが私にはありました。
          自分で商売している人間としては、
          注意力の足りない行動だったと思います。

          先輩、ありがとうございました。
          今も教えられてばかりで恐縮ですが、
          感謝しています。



          おかげさまで。

          0
            今日で開業して丸1年。
            2年目に入りました。
            歳をとるたびに1日が早くなるのは、当たり前ですが、
            この1年間は、特に早く過ぎていったように感じます。

            本当に多くの方のご支援をいただきながら、
            なんとか1年続けることができました。
            自分で事業を始めた時より、順調に仕事をいただいている今のほうが、
            いつまで続けるのだろうと不安に思うことがありますが、
            いただいたご縁を大事に、その時々で私が出来ることで
            お役に立っていきたいと思っています。
            皆さん、本当にありがとうございました。
            今後ともよろしくお願いします。


            それから、今日で関西校の研修が終わりました。
            皆さん、1週間の机上実習お疲れ様でした。
            みんな最後まで一生懸命取り組んでくれましたね。
            発表会の後、ゆっくり話すことができませんでしたが、
            頑張った成果がよく出ていたと思いますよ。
            皆さんと一緒に過ごすことができて私も楽しかったので、
            これでお別れするのが寂しいです。
            地元へ戻られてからも、よい支援ができるようがんばってくださいね。
            ありがとうございました。


            |||Calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            • こくぞうさんのある町
              伊藤慎悟
            • こくぞうさんのある町
              kantoku
            • 成果はあったはず
              kantoku
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              sisst
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              kantoku
            • ほんの6年ですが
              kantoku
            • 記念取材!?
              sisst
            • 記念取材!?
              kantoku
            • 5年の月日が過ぎました
              sisst
            • 5年の月日が過ぎました
              kantoku

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM