りんごの木

0
    久しびりの投稿になってしまいました。
    私が新しいブログを書いているか
    チェックしていただいた方、どうもすみません。
    あまり無理せず、けれども一週間に一度は
    書いていこうと思っていますので
    思い出した頃に覗いてみてください。

    これまでのブログのどこかで、
    私が”邦画好き”であることはお話した覚えがあります。
    これといった趣味のないなかで、
    映画はよい気分転換になるので、
    時間を見つけては観に行っています。
    基本的に私はいつも一人で
    自分の世界に入って観るのが好きです(笑)



    先日、「感染列島」という映画を観てきました。
    日本中が新しいウイルスに侵されたなか、
    そこに関わる人間ドラマが描かれた内容でした。
    映画の中で主人公の女性医師が言った言葉が
    印象に残っているので紹介させていただきます。

    「たとえ明日、世界が滅びるとも、今日、君はりんごの木を植える」

    私は、明日どうなるか分からない不安がある中でも、
    先のための準備をしていくという解釈をしました。

    今、景気の影響で、
    多くの中小企業は苦しい状況にあります。
    今は追加融資などでなんとか
    持ちこたえることが出来ても、
    半年先どうなるか分かりません。

    ただ、こんな状況の中でも
    その先を考え、技術力の強化や社員教育に
    力を入れている企業もあります。

    この先の景気がどうなるか私にもわかりません。
    ただ、分からないから何もしないで
    いいということはありません。
    理想と言われるかもしれませんが、
    今こそ、りんごの木を植えましょう。
    その先に未来があるのだと思います。

    この映画を観てそんなことを思っていました。

    それにしても檀れいさんは素敵でしたね。
    「ほれてまうやろ〜」って感じです(照)。

    出会いが人を育て、別れが人を深める

    0
      私にお会いしたことがある方は、
      お分かりになるかもしれませんが、
      私はどちらかと言えば、
      オシャレにこだわるほうだと思います。
      私が通っていた中学校は、当時“坊主頭”が
      義務付けられていましたが、
      そんな頃でさえ、雑誌「ポパイ」とか
      読んでいました(笑)。

      高校生の時に「メンズノンノ」が創刊したり、
      DCブランド全盛のバブル期に青春時代を過ごしました。
      無駄遣いもいっぱいしまいたが、
      その分、モノの価値を見る目を
      養ったような気がします。

      結婚してからは、どうしても自分の欲しい
      ものばかり買うわけにはいかなくなりましたが、
      なれなりにオシャレは楽しんできました。

      お金のある時は、店に飾ってあるものを
      そのまま買ってきてしまうような買い方を
      してしまっていましたが、
      使えるお金が少ないと、一つの服で
      どんなコーディネートが出来るか
      一生懸命考えるようになり、
      無駄も少なくなるし、考えることが
      楽しくなったように思います。



      そんな私がここ数年通っていたのが、
      ある大型店のテナントに入っている
      チェーン店のメンズショップ。

      この店の店長さん、私より少し年上なんですが、
      とてもオシャレで、いつもいろいろなアドバイスをしてくれました。
      決して高級品とは言えない商品だと思いますが、
      無理に売ろうという姿勢がなく、
      私がこれまでに購入したものをよく覚えていて、
      それに合わせていろいろな提案をしてくれました。

      先日、店長さんから三重県鈴鹿市のお店に
      転勤になったと電話をいただきました。
      通常は3年ぐらいで他の店に転勤になるそうですが、
      今のお店には6年半も勤めたそうです。

      一昨日、仕事のついでにお別れの挨拶に行ってきました。
      お互い「お世話になりました、楽しかった」などと
      話していたのですが、
      別れ際、店長さんが手を差し出したので握手をすると、
      「伊藤さん、私、心が震えています」と言ってみえました。
      ずっと笑っていたので慣れていて
      平気なのかなあと思ってましたが、
      店長さんも無理して笑っていたんだなあと感じました。
      私の姿が見えなくなるまでいつまでも見送ってみえました。

      今日からは新しいお店での勤務ですね。
      新しい場所でも、きっと人気の店長さんになることでしょう。
      遠くから応援しています。

      例えて言うと、よいスタイリストを失った感じかな。
      ただ、そんなことより、ただただ寂しいです。
      彼の変わりはなかなかいないだろうなあ。。。










      日本一のベーグルと4匹の猫

      0
        最近はセミナーというと自分が講師を務めたり、
        または主催者側であったりということが多いのですが、
        昨日は、受講者として、各務原商工会議所が開催した
        「売上アップ必勝塾」というセミナーに参加してきました。



        ここにゲスト講師として来ていたのが、
        地元、岐阜県大垣市のベーグル屋さん
        「エルクアトロギャッツ」の店長、河瀬麻花さん。
        元々、お父さんが(株)アリス開運堂という名前で
        学校給食のパンを作っていたのですが、
        児童数が減り、それに伴い売上げも減少、
        そんな中、東京でOLをしていた麻花が帰ってきて、
        ネット販売で新分野を切り開き、
        今は年商3億円までに成長させたという話。

        なぜ、ネット販売だったのか、なぜベーグルに着目したのか、
        どのようなことがポイントとなり売上拡大出来たのかなど、
        いろいろお聞きすることができました。
        なかでも印象に残ったのは、具体的に
        ターゲットとなる人物を想定していること。
        単に30代主婦ということでなく、
        年齢、家族構成、経歴、好きな雑誌や
        最近はまっていることなど、
        細かくプロファイリングしていました。

        パソコンを見て注文する顧客のターゲットは34歳、
        携帯を見て注文する顧客は26歳、
        実際にモデルとなる人がいて
        その人に商品に関する意見を聞くなど
        テストマーケティングなどしているそうです。

        ターゲットを絞り込むと、他の顧客層を
        切り捨てるようですが、実際に絞り込むことで、
        商品開発やホームページが作り易い、
        販売戦略が立てやすいなどのメリットがあるそうです。

        それに想定した年齢が実年齢である必要はありませんから。
        絞り込むことによって、その前後の
        お客様も呼び込めるとのことでした。

        商業界という小売業の専門誌を知っている人は、
        その12月号に彼女に記事が掲載されているので
        一度ご覧ください。

        彼女の取り組みも素晴らしいのですが、
        とにかくベーグルそのものが美味しいのです。
        私自身、昨年、一度買って食べてみたのですが、
        生涯食べたなかで一番美味しいベーグルでした。
        調理方法にひと手間工夫があるそうです。
        ぜひ一度お試しください。
        http://www.rakuten.ne.jp/gold/els4gats/

        この「エルクアトロギャッツ」という名前、
        元々、猫好きの家族で、4人兄弟だったことから、
        スペイン語で「4匹の猫」という意味でつけたそうで、
        スぺインにはほんとにこういう名前の
        カフェがあるそうのです。

        1万個に一個だけ、猫の刻印があるベーグルがあって
        そのベーグルが届いたお客様が写真を撮ってメールで送ると、
        店長からプレゼントが届くとのこと。
        なんとも洒落たことをしているものです。
        未来が楽しくなる起業家でした。







        茅ヶ崎とホッピーと私

        0
          独立してもうすぐ5カ月になろうとしています。
          開業当初400枚準備した名刺も残り100枚をきり、
          先日、追加の注文をしました。
          初めての場所、初めて会う人たち、
          これまでの間だけでもいろいろな
          経験をさせてもらっています。



          先日は、生まれて初めて
          神奈川県茅ケ崎市へ行ってきました。
          相模原商工会議所地域力連携拠点の専門家をしている関係で、
          この日は茅ヶ崎商工会議所で行われた担当職員さんの会議の中で
          1時間程度のセミナーを担当させてもらいました。

          セミナーは私の一方的な話で終わってしまったのですが、
          終わった後、近くの居酒屋で懇親会の席を設けていただきました。
          そこで彼らの中小企業支援に対する想いを
          たくさんお聞きすることができました。

          今、商工会・商工会議所を取り巻く環境は変わり、
          従来のように商工会・商工会議所だけが
          中小企業支援の担い手という構図は崩れつつあります。
          こうした状況になったのは、私たち商工会・商工会議所側にも
          責任があることは否めませんが、
          今回出会った人たちのような方に接すると
          まだまだ捨てたもんじゃないなって自信が湧いてきます。

          彼らは、存在意義が問われ、危機感にさらされいる現在においても、
          今やれること、そして近い将来やらなければならないことのために
          真摯に取り組んでいます。

          微力ですが、私も私ができることで、
          彼らのためになりたいと思いました。



          ところで茅ヶ崎商工会議所の方が
          茅ヶ崎の居酒屋は「ホッピー」がないと
          商売にならないと言っていました。
          今、ホッピーが注目を浴びていることは知っていましたが、
          なぜ、茅ヶ崎だけは圧倒的な支持があるのでしょうか?
          知っている方があったら教えてください。

          それを考えてると一晩中寝られないの/by春日三球・照代

          二度目の成人式

          0
            一週間たってしまいましたが、
            1月12日は「成人式」でした。

            先日、私が40歳の誕生日を
            迎えたことからも分かるように、
            私が成人してから20年、
            今年成人式を迎えた人たちは、
            私が20歳の時に生まれた子だと思うと
            とても感慨深いものがあります。

            二度目の成人式と言うものの、
            実は私は成人式には出ていないので、
            成人式の想い出というものがありません。

            当時、私は旅行会社に勤めていましたので、
            普通なら土日も祝祭日もありませんでしたが、
            さすがに会社も成人式ぐらい休みはくれました。
            ただ、仲のよい友人たちが地元を
            離れてしまっていたことや、
            会社の成人式もあったのでそれで満足して
            しまったことなどで参加しませんでした。

            あとは、当時の私は「成人式なんて」と
            つぱっていたところもあったような気がします。

            結局、私は同じく成人式に出ない会社の友達を連れ、
            長野県の戸隠高原へスキーへ行っていました。
            スキーもそれはそれで楽しかったですが、
            今はやっぱり成人式も出ておけばよかったと思っています。

            理由は、昨年、中学校の同窓会に
            出席して気づいたことなんですが、
            久しぶりに見た同級生たちの姿を見て、
            その時にしか見られない同級生たちの姿も
            あったんだろうなと思いました。

            同級生の中にはすでに亡くなってしまった人もいます。
            きっとその人も晴れ着姿で参加していたことでしょう。
            その日にしかできないこともあったんですね。。。

            せかっくなので20歳の頃の写真を
            掲載しようと思ったのですが、
            アルバムが簡単には取り出せない
            ところにあるようで断念しました。
            また機会があれば掲載しようと思いますが、
            今より15キロほどやせてました。
            私のことを知ってる人はどうぞご想像ください(笑)。






            |||Calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            • こくぞうさんのある町
              kantoku
            • 成果はあったはず
              kantoku
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              sisst
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              kantoku
            • ほんの6年ですが
              kantoku
            • 記念取材!?
              sisst
            • 記念取材!?
              kantoku
            • 5年の月日が過ぎました
              sisst
            • 5年の月日が過ぎました
              kantoku
            • 初めての頭ん中
              kantoku

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM