日本代表と中小企業診断士の卵

0
    少しご無沙汰してしまいました。
    6月も結局今回を含めて3回しか更新できませんでした。
    忙しかったとはいえ、こんなんではいけないと反省しております。

    6月も5月に引き続き、約3週間にわたり、
    東京都東大和市にある中小企業大学校東京校で
    中小企業診断士養成課程の実習サブインストラクターをしていました。
    途中一週間のインターバルがあり、一度岐阜へ帰りましたが、
    その間も予定でいっぱいで慌ただしく仕事を行い、再び東京に戻りました。
    実は今もそんな状態。
    今度はまた別の仕事で7/8から東京へ。
    その間も岐阜で予定がいっぱいで、
    関係者の皆様には日程調整の件で
    ご迷惑お掛けしていて申し訳ありません。。。

    話は中小企業大学校の実習に戻りますが、
    今回も素晴らしい研修生に恵まれました。
    今回で3回目のサブインストラクターでしたが、
    実は今回が私自身の負担が大きかったように思います。
    それは今回の実習が大変だったというより、
    私がインストラクターとしての役割をだんだん担えるように
    なってきたからかもと感じています。
    おこがましいですが、メインの先生方や学校関係者の方々に
    指導者として育てていただいているおかげのように思います。

    今回のチーム。実は最初はこれまで接してきたチームと比べて
    どこか個人主義的で「あまり仲がよくないのでは」と感じていました。
    それが日が経つにつれてそういった雰囲気がなくなり、
    特に後半第4コーナーを回ったあたりから、
    まとまりのあるよいチームになってきたように感じます。

    そんな姿をワールドカップの日本代表と重ねていました。
    企業での報告会があった6/29は、
    ちょうど「日本VSパラグアイ戦」があった日でした。
    一生懸命にやっている姿や思いは、
    周りから見てていてもよく分かり、
    自然と応援したくなるものでした。
    きっと今回のワールドカップを思い出すたびに、
    2010年6月に接した6名のメンバーのことを思い出すでしょう。

    前回もブログに綴りましたが、
    寝食を共にするように接していたのでいつも別れが寂しいです。
    しかも今回は、彼らにとって最後の実習だったので、
    次回、私が東京に行く時は、もうみんな卒業した後です。
    そう思うと「もう一生会うこともないのかも」という寂しさを感じていました。

    みんなお疲れ様でした。
    必死にがんばった7カ月間を誇りに、
    胸を張って地元に帰ってくださいね。
    いつか、いつかまた会える日を楽しみにしています。

    お風呂シェーバー

    0
      いつ頃からヒゲが生えだしたんだろう。

      私が中学生の頃、私が通っていた中学校では、
      まだ校則で坊主頭にすることになってました。
      中学に入ると、家庭用の電気バリカンを買い、
      2週間に一回のペースで母に刈ってもらっていました。
      その時、母がついでヒゲを剃ってくれたことが最初のような気がします。
      それも何回かに一度くらい。
      うぶ毛程度だったかもしれません。

      高校になっても父のカミソリで
      月に1、2回で十分だったように思います。
      同級生の中にはすでに朝と夜2回剃る人もいたけど、
      私はそんな程度でした。

      毎日剃るようになたのは、高校を出て働くようになってからかな。
      男性の多くは覚えがあると思いますが、
      悪循環で剃るたびにヒゲは濃くなっていきます。

      私は肌が弱く、カミソリ負けしやすいため、
      最初は父に習ってカミソリを使ってましたが、
      しばらくして電気シェーバーを使うようになりました。

      ヒゲも年をとるたびに濃くなり、
      同じヒゲを剃るにも、だんだん時間がかかるようになり、
      忙しい朝には負担になってきました。
      そのため、私もより高機能なものを使うようになりました。

      新しいものを買うたびに最初は凄いと思うのですが、
      すぐに慣れてしまうのか、また同じように時間がかかってしまう。
      3枚刃、4枚刃と高機能にになっても、しばらくするとまた同じような不満が。
      しかも、最新、高機能なものはどんどん値段も高くなり、
      次第にここまでのものがいるのかとも思うようになりました。

      そんな時、電気シェーバーのマーケットリサーチをしたことがあるという人に会いました。
      彼が言うには、今のシェーバーは、オーバースペック状態。
      必ずしも最上位機種である必要はないとのこと。
      そんな気はしていたけど、やっぱりそうなんだあとも思いながら、
      買い換えたばかりだったので、長く使わなきゃと思ったことがありました。

      そんな私が最近、興味を持ったシェーバーが。
      ジャニーズの亀梨くんがCMでやっていた「お風呂シェーバー」。
      今まで、電気シェーバーは、水洗いはできるものの、
      シェービングクリームを使って剃ることができませんでした。
      それがこのシェーバーは可能で、しかも入浴時に剃る習慣を提案している。
      それなら忙しい朝に時間がかからない。
      それに濃くなったとはいえ、私はすごく濃いほうでないから、
      前の日に剃ってもそんなに見苦しくないのでは。
      そんなことをもんもんと考えたあげく、
      写真のシェーバーを購入しました。



      この電気シェーバー、価格は8000円程度。
      以前購入したものの1/3以下。
      最近の最上位機種からすると1/5程度です。

      買ってから1週間ほど経ちますが、とても心地よいです。
      最上位機種から比べると、持った感じは安っぽく感じますが、
      シェーバーとしての力もあるし、
      シェービングクリームを使っているせいか、
      剃り上がりもとてもよく、肌も荒れません。
      朝の支度にも時間がかからなくなりました。
      ただ、若干、お風呂の時間は長くなったかもしれません。

      私がお風呂でヒゲを剃ってる姿、
      誰も想像したくはありませんね。
      失礼しましたあ〜。

      早く大人になりたい

      0
        先日、商工会議所時代にお世話になった
        上司のお父様が亡くなられ、お通夜に行ってきました。
        10年近く闘病されたとのことで、ご家族にも覚悟があったのか
        お通夜も坦々とした雰囲気を感じました。

        もう10年以上前、私はその上司にある質問をしたことがありました。
        「どういう状況になったら、大人になったと実感できるのでしょうか」

        私には昔から「早く大人になりたい」という願望がありました。
        早く自分で稼げるように働きたいと思っていたし、
        漠然と30歳になれば、大人の男として自覚が持てるとか
        勝手に思っていました。
        高校の卒業文集を読むと、そんなことが書いてあります。

        でも、実際には30歳になってもそんな実感がない、
        見た目も幼く見られてしまうし、年上の女性と付き合い、結婚し、
        彼女に比べ精神面で劣っているように感じていたこともあったと思います。
        そんな思いから、上司に質問しました。

        上司の答えは、
        「いつまでも持てないと思うけど、あるとしたら親が亡くなった時かな」
        実感はないけど、なんとなく分かるような気がしました。
        それからは大人になるということは特に意識しなくなり、
        若く見れることも素直に喜び、妻に対しても時が経つに連れ
        精神的な差を感じることもなくなりました。

        今回、お父様が亡くなられ、10数年前に話したこを思い出しました。
        上司は、大人になったと感じたのかな。。。
        ただ、お母様はご健在なので、きっと違うでしょうね。

        私もいつか分かる時がくるでしょう。

        今月は、「二人の母の誕生日」に「二人の父の日」に忙しいなあ。
        また何か考えなくては。。。
        でも、いつまでも大人にならないでいるのも
        幸せなことだと思うようになりました。




        オネスティ

        0
          「オネスティ」。
          知っている人も多いと思いますが、ビリージョエルの唄です。
          この間、テレビを見ていたら、
          爆笑問題の田中さんが、この唄を歌っていたのを聞いて
          懐かしいなあと思っていました。

          中学から高校にかけてよく聞いていた覚えあります。
          記憶にあるのは、当時、ココア?のCMで使われていたこと。
          いつだったか、この唄のことを話していたら、
          このCMのことを覚えている人がいて
          盛り上がったことがありました。

          オネスティは、「誠実」という意味だったんですね。
          当時は全く知りませんでした。

          この唄に限ったことではないですが、
          洋楽のほとんどは、唄の内容について、よく知りません。
          メロディから伝わってくる雰囲気を感じていました。

          旅行会社で働いていた頃、
          添乗員として台湾へ行ったことがありました。
          その時、現地のバスガイドさんが歌う
          日本の唄が素晴らしく上手で、
          思わず涙するお客さんがいましたが、
          そのガイドさん、唄の意味は知らずに歌っていると聞き、
          驚いたことがありました。

          私はそれでいいんだろうなと思います。
          作詞家の方は本意ではないかもしれませんが、
          音楽は聴く人がそれぞれに感じれば
          それが例え制作者の意図と違っていてもいいのだと思います。
          みんなそれぞれに自分の人生や感情を
          音楽に重ねるのだと思います。

          当時の私は、オネスティに
          将来への不安や、切ない恋心を重ねていたのかな。
          今はその思い出を重ねて聞いています。。。

          400年前に思いを馳せて

          0
            先日、秋に開催するセミナーの打ち合わせで
            垂井町商工会へ行ってきました。
            岐阜県以外の人には馴染みがないかもしれませんが、
            垂井町は岐阜県の西部に位置し、
            天下分け目の合戦で有名な関ヶ原の隣町にあります。



            写真は、垂井町から関ヶ原方面を見た風景です。
            ちょうど山と山の間、くぼんだ辺りが関ヶ原です。

            この地を訪れた人は、なんでここが合戦の場所になったのか、
            よく分かるような気がすると言います。
            地形そのものが、東西が交り合う場所になっているのだと思います。

            垂井町の方に言わせると、「関ヶ原は合戦の場所になっただけで
            垂井のほうが、歴史的なドラマがいっぱいある」とおっしゃていました。
            どこも地元を尊う気持ちは同じですね(笑)。

            そういえば、何年か前、知人が出演する舞台で
            関ヶ原の合戦で、西軍から東軍に寝返ったと言われる
            「小早川秀秋」の目線でつくったお芝居を見たことがあります。
            その時、この垂井町を含め、岐阜県西濃地方の地名が
            何度も出てきたのを覚えています。
            その舞台で私が驚いたのは、当時、小早川秀秋が18歳だったこと。
            舞台は、少年秀秋の心の葛藤が描かれていました。

            そりゃあ迷うよなあ〜。
            事実は分かりませんが、私は舞台を見てそう思いました。
            小早川秀秋は、関ヶ原の合戦から2年後、
            20歳の若さでに亡くなってしまったそうです。
            歴史に名前を残した人物に変わりないけど、
            なんだか可哀そうに思います。



            お昼は、垂井町にある「グルマンヴィタル」というパン屋さんでランチしました。
            私は知らなかったのですが、東海地方ではテレビにもよく取り上げられる
            有名なパン屋さんのようです。
            中庭やテラスもあり、とても気分によくいただきました。
            中年のおじさん一人では、もったいなかったですけどね(苦笑)。

            この日は、陽気もよかったことから、
            400年前の出来事に思いを馳せながらも、
            とてもほのぼのとした気分になれました。


            |||Calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM