青春そのもの

0
    三連休も家で仕事をしています。
    と言っても、今までのように時間に追われることはなく、
    今年度の事業報告だったり、来年度のために準備だったり、
    「明日までに・・・」というようなことがないので、
    少し気持ちに余裕があります。
    というより、ダラダラというほうが近いかも。

    三連休の2日間が終わりましたが、
    結局、予定していた1日分の仕事しか出来ていない状況です。
    家から一歩も出ることがなかったので、
    こんなことではいけないと思い、
    さっき郵便を出すために、
    近所にあるポストまで歩いて行ってきました。

    家から一番近いポストは、
    中学校の前にある商店街にあります。
    我が家は、小学校も中学校も近くにあるほうですが、
    それでも歩いて10分くらいかかる感覚でしたが、
    実際に歩いてみると5分程度。
    歩いたうちにも入らない距離でした。

    あの頃はなんであんなに時間が長く感じたのだろう。
    歳をとると1年がだんだん短く感じることはわかっていますが、
    歩く距離まで短く感じてしまうのだろうか。
    小学生の頃と違って、身長も歩幅もそんなには変わっていないのに。

    途中で缶コーヒーを買って、公園で飲んでいたので、
    往復で15分程度だったかな。
    大好きだったお菓子屋さんも、お肉屋さんも、本屋さんも
    今はなくなってしまったけど、
    この道のりは、私の青春そのものです。



    中学校まで、行きは一人だったので
    最短ルートで通っていましたが、
    帰りは友達たちと帰っていたので、
    少し遠回りして帰っていました。
    よくこの道を、みんなでお金を出し合った
    一リットルのコーラを回し飲みしていました。

    遠回りしていたもう一つの理由は、
    帰り道の途中に好きな子の家があったことも。。。

    さて、十分気分転換にもなったし、
    午後からは気持ちを入れ替えてがんばろう。

    そうそう、お陰様で、
    このブログが100回目のブログとなりました。
    読んでいただいている皆様、
    いつもありがとうございます。



    正しいと思うことを貫く

    0
      商工会議所に勤めている時もしていましたが、
      仕事上、セミナーをコーディネートすることがあります。
      「創業」や「経営革新」など、あるテーマに沿って、
      何名かの講師の先生にそれぞれの役割を果たしていただきながら、
      セミナーを構成します。

      多くの場合、講師の先生は、多少、日程の都合が悪くても、
      なんとか調整しながら、お引き受けいただいています。

      ただ、そんな中でもお二人だけ、断わられたことがあります。
      お二人とも、「有り難いお話ですけど・・・」と、
      とても丁寧なお言葉をいただきました。
      この二人の場合は、日程を変更すれば
      解決する理由ではなかったのです。

      それぞれの理由は以下のものでした。

      お一人は、会社の社長さんでもあり、
      「今、会社全体として大きな改革をしている途中なので、
      社長である自分が例え一日でも会社を離れたくない」

      もうお一人は、お一人で事業をされている方でしたが、
      とても強いポリシーも持たれている方で、私が依頼したテーマが、
      「自分の生き方や考え方に必ずも合致しないので受講者の方に申し訳ない」


      私は、このお二人のことを以前からよく知っていたので、
      断られたことにはビックリしましたが、
      理由には驚きませんでした。

      2回とも残念でしたが、親しい私のお願いでも、
      二人が自分が正しいと思うことを貫く人でよかったなと思い、嬉しくもありました。
      お二人とは、今も変わらず親しくさせてもらっています。

      私だったら、このような場面に直面した時、どうするんだろう?
      ずっと、そんなことを思っていましたが、
      最近これと似たようなことが私にもあり、
      二人のことを思い出していました。

      目先の売上ことだけを考えると、確かに惜しい、痛いけど、
      長い目でみれば、これでよかったように今は思っています。






      セミナー・講演実績を作りました

      0
        確定申告は、3/15が提出期限です。
        私も商工会議所の経営指導員をしていた時は、
        毎年、この時期、個人事業者の方の相談をしていました。
        期限があり、しかも責任ある仕事なだけに、
        一年間の中で一番緊張し、気が重い時期でした。

        中でも提出期限すれすれに持ってくる人には、
        「もっと早く持ってこなかんがね!」
        と嫌味を言っていたように思います。

        そんな私も今は個人事業主。
        「紺屋の白袴」ではありませんが、
        今年、私が確定申告したのは、昨日(3/10)でした。
        言うは易しで、自分がやるのと教えるのでは違いますね。
        嫌味を言った事業者の皆さん、ごめんなさい。

        ただよく知っていることもあり、
        帳面も会計ソフトで定期的に入力していましたし、
        領収書や請求書の整理も出来ていたので、
        申告の手続きは、困ることもなく終わりました。
        落ち着いてやる時間がとれなかったのが、
        言い訳です。。。

        1年目は9月からの4カ月だったので、
        1年通しての申告は今回が初めてです。
        おかげさまでお仕事の依頼先も随分増えました。
        分かりにくいかもしれませんが、
        私たちの仕事は、代金をいただくたびに源泉されます。
        申告書には、どれだけ源泉されたか
        その一覧を添付することになっているですが、
        その数の多さを見て、
        改めて、この一年たくさんのご縁をいただき、
        お世話になったのだなと思いました。
        来年も一年間振り返って
        そう思えるようであればいいなと思っています。




        上記のことにも関連しますが、
        先日、開業から今までセミナーや講演会の
        講師をした実績をホームページにまとめました。
        どんな内容のセミナーをしているか、
        お問い合わせいただく際の参考になればと思います。

        こちらも40回を超えました。
        本当に有り難く思っています。

        今年度最後のセミナーは、
        3/26、垂井町商工会で青年部員の方を対象にした
        「初めての経営戦略作成セミナー」です。

        ●セミナー・講演実績
        http://works.sisst.jp/

        「経営革新塾」が終了しました

        0
          2/2からの一ヶ月間、毎週火・木曜日に
          各務原商工会議所で「経営革新塾(全10回)」の講師をさせてもらっていました。
          一昨日、3/4が最終回でした。

          以前、このブログでも少し紹介させていただきましたが、
          今回のセミナーは「わが社の戦略マップ作成セミナー」をテーマに
          自社の“戦略マップ”を作成することが目的でした。

          セミナー前半は、事例企業のビデオを観たり、
          実際に経営者の方にお越しいただき、お話を聞きながら、
          他社の戦略マップを作成することで戦略マップの作成に慣れていただくとともに、
          他社の戦略を学んでいただきました。
          後半は、いくつかの段階を経て自社の戦略マップを作成していただきました。

          今回のセミナーで私が心がけたことは、
          自分の会社の戦略を策定するうえで、自分の頭で考えられることだけでなく、
          他社の取り組みから学んだり、他者の考え方も学んでいただくこと。
          そしてもう1つ、自分の考えたことを書きだしたり、
          話したり、アウトプットすることでした。

          セミナーでは毎回のように自分で考えた後、
          グループディスカッションをしていただきました。
          そのためにセミナーの冒頭には、アイスブレイクと呼ばれる
          ちょっとしたレクリエーションをするなど
          他の参加者と交流する機会を設けていました。

          これまでも“戦略マップ”のセミナーは何度か開催したことがあるのですが、
          ほとんどが1回限り、多い時でも3回ぐらいで
          なんとなく分かっていただいたくらいで終わっていたのですが、
          今回は各務原商工会議所のおかげで時間をかけ、
          私がやりたいようにさせていただくことが出来ました。
          そんな甲斐あってか、最終回の発表会では皆さん立派な戦略マップが出来ていました。

          参加者の皆さん、この一ヶ月間お疲れ様でした。
          一人で10回のセミナーを担当するのは、
          今回が初めてで、本当は不安がいっぱいありましたが、
          皆さんがとても一生懸命に取り組んでいただいたおかげで、
          私も気持よく講師をさせていただくことができました。
          これで終わってしまうのがとても寂しかったです。

          戦略マップの作成は、PDCAサイクルの(plan-do-check-act)の
          “P”の段階が終わったに過ぎません。
          ぜひ今回作成した“戦略マップ”が実際に使われますように。
          やってみた結果、上手くいかなかったら、
          何が上手くいかなかったのか、また一緒に考えましょう。

          セミナーに参加してくださった皆さん、
          そして私に講師の機会を与えていただいた
          各務原商工会議所に改めて感謝を申し上げます。
          一ヶ月間、ありがとうございました 。



          ダブルカフス

          0
            2月も今日で最後、だいぶ暖かくなり、
            春の雰囲気を感じるようになりました。

            今日、2月28日は、本当は知人の披露宴に出席する予定でした。
            (結婚式は昨年中にされています)
            夫婦ともによく知っているので、とても楽しみにしていたのですが、
            妊娠中の奥さんが切迫早産になってしまったこともあり、
            一週間前になって延期が決まりました。

            披露宴が延期になったことは残念ですが、
            母子ともに健康だということなので、安心しています。

            今回の披露宴に際して、
            妻に頼んで、ご祝儀用にピン札を準備してもらっていました。
            延期が決まった時、このお金を何に使おうか考えた私でしたが、
            妻に「二人のために準備したお金だから、そのままとっておいたら」と言われ。
            それもそうだなと、同じく準備した御祝儀袋とともに保管しておくことにしました。

            3人で披露宴されるその時まで、ずっと待ってますからね。
            元気な赤ちゃんを産んでください。

            実はもう1つ準備したものが。
            初めてダブルカフスの白いワイシャツを購入しました。
            特に高いものではありませんが、カフスをする習慣がない私には初めて。
            ちょっとダンディーな大人の男が着るイメージで、
            これを着るのも楽しみしていましたが、
            さすがにこれは待っていられないので
            普段の仕事でも使っていこうと思っています。
            今のところ、ダブルカフスのシャツはこの一枚なので、
            どこかで見たら、あの時のシャツだと思ってください。



            話は長くなりますが、私は結婚式はしましたが、披露宴はしていません。
            両家の家族、総勢12名でハワイで挙式をあげました。
            妻がひと回り年上だったこともあり、
            今さら、披露宴もという考えもあったし、
            当時は私自身も披露宴にお金をかけるなんて意味がないように思っていました。

            あれから14年、当時小学1年生だった姪も
            先日、成人式を迎えるまで成長しました。
            義父、義母は80歳近くに。
            さすがに最近は身体の衰えもあり、
            あの時でないとみんなで一緒に海外へ行くことは
            できなかったかなと思います。

            私は自分がした結婚式のあり方に後悔はありませんが、
            今、この歳になると、お世話になった方々に
            キチンとお礼を言う場所があってもよかったなと思います。

            もちろん当時もたくさんの方に祝っていただき、
            その都度、お礼を申し上げていましたが、
            披露宴はそういった感謝を多くの方にお伝えできる場所なんだと、
            今は思っています。

            今の世の中、これから先、結婚は何度かすることがあるかもしれませんが(笑)、
            さすがに披露宴はないでしょうね。
            今度あるとすれば、花嫁の父かな。。。


            |||Calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << December 2018 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            • 南会津から 2018夏
              sisst
            • 南会津から 2018夏
              kantoku
            • Never Enough
              sisst
            • Never Enough
              kantoku
            • こくぞうさんのある町
              伊藤慎悟
            • こくぞうさんのある町
              kantoku
            • 成果はあったはず
              kantoku
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              sisst
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              kantoku
            • ほんの6年ですが
              kantoku

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM