私を野球場に連れてって

0
    今週水曜日から東京都東大和市に来ています。
    来週の土曜日、相模原市でセミナーの仕事を終える前では
    しばらくこちらに滞在です。
    今回は、東京に来る前に名古屋で泊まりの仕事があったので、
    11泊12日。
    自分が結婚していることも忘れそうです(笑)。


    4月から毎月、東大和市に来ているのですが、
    宿泊先の外に野球場が出来ていることに気付きませんでした。
    (前もグランドだったと思うのですが、野球場ではなかったと思うのですが・・・)




    金属バットの音や、選手の掛け声など
    学生時代の放課後の雰囲気です。

    私が野球好きであることは、前に書いたことがありましたが、
    23歳から29歳くらいまでは、高校の同級生たちと草野球をやっていた時期がありました。
    経験者が少なかったので、そんなに強いチームではありませんでしたが、
    岐阜市の野球リーグに入って、日曜日のたびに出掛けいました。
    長良川の河川敷のグランドで試合をすることが多かったのですが、
    穂積大橋の下にあるそのグランドに行くと、
    堤防下のせいか、空がすごく広く見えてたその景色に、
    生きててよかったという気持ちになりました。

    みんな年頃だから、彼女とかも連れてきたり、
    終わった後はみんなで喫茶店やファミレスへ。
    時にはみんなでバーベキューすることもあったな。

    今、思うとのんびり時間が流れていたなあ。。。

    私は中小企業診断士の勉強を始めるにあたり、
    名古屋の受験予備校に通うことになって行かなくなってしまいましたが、
    ちょうど年齢的にもみんな結婚し、子供が生まれたりで、
    ほどなくチームも解散してしまいました。

    このグランドで野球をやっている人は、どんな人たちなんだろう。
    あの時の私のように野球をしながら、穏やかな時間を感じているのかな。

    あれから12年くらいたっているんだ。
    あのままの時間が続けばよかったのか、それとも。。。


    やっぱりPDCA

    0
      経営コンサルタントは、よく「PDCA」という言葉を使うと思います。
      PDCAとは、計画(Plan)、実行(Do)、検証(Check)、改善(Action)の頭文字をとった言葉。
      コンサルタントでなく、マネジメントを担う立場にある方なら
      一般的になっている言葉だと思います。

      私もこの考え方は頭の中にいつもありますし、PDCAが必要だと言ったこともあります。
      ただ、私自身はあまりこの言葉好きではありませんでした。
      便利な言葉なだけに、形骸化してしまって、ウソっぽく聞こえてしまったいました。

      しかし、曲がりなりにもコンサルタントとしていろいろ経験すると
      やっぱりPDCAだなと思うことがよくあります。
      小規模で個人事業的な企業だと、計画(Plan)、実行(Do)、は出来ても、
      検証(Check)、改善(Action)が出来ない。
      また、ある程度の従業員のいる中小企業だと、売上目標達成のために
      検証(Check)はしても、そもそも計画(Plan)がないということもあります。
      そういう視点で眺めるためにも、PDCAって大事です。

      そして最近、私自身のPDCAも始めました。



      写真の高機能体重計を購入したのを、きかっけに毎日記録をつけることにしました。
      体重、体脂肪、筋肉量、内臓脂肪、骨量、基礎代謝、体内年齢、筋肉量といったことが分かります。
      6月の一カ月間、結局はあまり変化はなかったのですが、
      毎日つけることで、自分なりのコントロールが出来るように思います。

      しかし、そう思うと私も確認(Check)だけだなあ。
      忙しくてなかなかジムにも行けないのですが、
      それならそれで、他に体を鍛える時間や方法を持てばいいのに、それもしないまま。
      これではよい数値が得られるわけないんですよね。
      数値で出ている結果は、何かしら行動した結果。
      人にアドバイスする前に、自分のPDCAです。。。

      ちなみに私の体内年齢は、現在36歳(実際より-5歳)。
      この好調な数字に、あぐらをかいてしまいっているのもいけいないのかも。。。
      なぜ好調なのか自分で分からないうちは、
      単なる偶然でしかありません。


      日本代表と中小企業診断士の卵

      0
        少しご無沙汰してしまいました。
        6月も結局今回を含めて3回しか更新できませんでした。
        忙しかったとはいえ、こんなんではいけないと反省しております。

        6月も5月に引き続き、約3週間にわたり、
        東京都東大和市にある中小企業大学校東京校で
        中小企業診断士養成課程の実習サブインストラクターをしていました。
        途中一週間のインターバルがあり、一度岐阜へ帰りましたが、
        その間も予定でいっぱいで慌ただしく仕事を行い、再び東京に戻りました。
        実は今もそんな状態。
        今度はまた別の仕事で7/8から東京へ。
        その間も岐阜で予定がいっぱいで、
        関係者の皆様には日程調整の件で
        ご迷惑お掛けしていて申し訳ありません。。。

        話は中小企業大学校の実習に戻りますが、
        今回も素晴らしい研修生に恵まれました。
        今回で3回目のサブインストラクターでしたが、
        実は今回が私自身の負担が大きかったように思います。
        それは今回の実習が大変だったというより、
        私がインストラクターとしての役割をだんだん担えるように
        なってきたからかもと感じています。
        おこがましいですが、メインの先生方や学校関係者の方々に
        指導者として育てていただいているおかげのように思います。

        今回のチーム。実は最初はこれまで接してきたチームと比べて
        どこか個人主義的で「あまり仲がよくないのでは」と感じていました。
        それが日が経つにつれてそういった雰囲気がなくなり、
        特に後半第4コーナーを回ったあたりから、
        まとまりのあるよいチームになってきたように感じます。

        そんな姿をワールドカップの日本代表と重ねていました。
        企業での報告会があった6/29は、
        ちょうど「日本VSパラグアイ戦」があった日でした。
        一生懸命にやっている姿や思いは、
        周りから見てていてもよく分かり、
        自然と応援したくなるものでした。
        きっと今回のワールドカップを思い出すたびに、
        2010年6月に接した6名のメンバーのことを思い出すでしょう。

        前回もブログに綴りましたが、
        寝食を共にするように接していたのでいつも別れが寂しいです。
        しかも今回は、彼らにとって最後の実習だったので、
        次回、私が東京に行く時は、もうみんな卒業した後です。
        そう思うと「もう一生会うこともないのかも」という寂しさを感じていました。

        みんなお疲れ様でした。
        必死にがんばった7カ月間を誇りに、
        胸を張って地元に帰ってくださいね。
        いつか、いつかまた会える日を楽しみにしています。

        お風呂シェーバー

        0
          いつ頃からヒゲが生えだしたんだろう。

          私が中学生の頃、私が通っていた中学校では、
          まだ校則で坊主頭にすることになってました。
          中学に入ると、家庭用の電気バリカンを買い、
          2週間に一回のペースで母に刈ってもらっていました。
          その時、母がついでヒゲを剃ってくれたことが最初のような気がします。
          それも何回かに一度くらい。
          うぶ毛程度だったかもしれません。

          高校になっても父のカミソリで
          月に1、2回で十分だったように思います。
          同級生の中にはすでに朝と夜2回剃る人もいたけど、
          私はそんな程度でした。

          毎日剃るようになたのは、高校を出て働くようになってからかな。
          男性の多くは覚えがあると思いますが、
          悪循環で剃るたびにヒゲは濃くなっていきます。

          私は肌が弱く、カミソリ負けしやすいため、
          最初は父に習ってカミソリを使ってましたが、
          しばらくして電気シェーバーを使うようになりました。

          ヒゲも年をとるたびに濃くなり、
          同じヒゲを剃るにも、だんだん時間がかかるようになり、
          忙しい朝には負担になってきました。
          そのため、私もより高機能なものを使うようになりました。

          新しいものを買うたびに最初は凄いと思うのですが、
          すぐに慣れてしまうのか、また同じように時間がかかってしまう。
          3枚刃、4枚刃と高機能にになっても、しばらくするとまた同じような不満が。
          しかも、最新、高機能なものはどんどん値段も高くなり、
          次第にここまでのものがいるのかとも思うようになりました。

          そんな時、電気シェーバーのマーケットリサーチをしたことがあるという人に会いました。
          彼が言うには、今のシェーバーは、オーバースペック状態。
          必ずしも最上位機種である必要はないとのこと。
          そんな気はしていたけど、やっぱりそうなんだあとも思いながら、
          買い換えたばかりだったので、長く使わなきゃと思ったことがありました。

          そんな私が最近、興味を持ったシェーバーが。
          ジャニーズの亀梨くんがCMでやっていた「お風呂シェーバー」。
          今まで、電気シェーバーは、水洗いはできるものの、
          シェービングクリームを使って剃ることができませんでした。
          それがこのシェーバーは可能で、しかも入浴時に剃る習慣を提案している。
          それなら忙しい朝に時間がかからない。
          それに濃くなったとはいえ、私はすごく濃いほうでないから、
          前の日に剃ってもそんなに見苦しくないのでは。
          そんなことをもんもんと考えたあげく、
          写真のシェーバーを購入しました。



          この電気シェーバー、価格は8000円程度。
          以前購入したものの1/3以下。
          最近の最上位機種からすると1/5程度です。

          買ってから1週間ほど経ちますが、とても心地よいです。
          最上位機種から比べると、持った感じは安っぽく感じますが、
          シェーバーとしての力もあるし、
          シェービングクリームを使っているせいか、
          剃り上がりもとてもよく、肌も荒れません。
          朝の支度にも時間がかからなくなりました。
          ただ、若干、お風呂の時間は長くなったかもしれません。

          私がお風呂でヒゲを剃ってる姿、
          誰も想像したくはありませんね。
          失礼しましたあ〜。

          早く大人になりたい

          0
            先日、商工会議所時代にお世話になった
            上司のお父様が亡くなられ、お通夜に行ってきました。
            10年近く闘病されたとのことで、ご家族にも覚悟があったのか
            お通夜も坦々とした雰囲気を感じました。

            もう10年以上前、私はその上司にある質問をしたことがありました。
            「どういう状況になったら、大人になったと実感できるのでしょうか」

            私には昔から「早く大人になりたい」という願望がありました。
            早く自分で稼げるように働きたいと思っていたし、
            漠然と30歳になれば、大人の男として自覚が持てるとか
            勝手に思っていました。
            高校の卒業文集を読むと、そんなことが書いてあります。

            でも、実際には30歳になってもそんな実感がない、
            見た目も幼く見られてしまうし、年上の女性と付き合い、結婚し、
            彼女に比べ精神面で劣っているように感じていたこともあったと思います。
            そんな思いから、上司に質問しました。

            上司の答えは、
            「いつまでも持てないと思うけど、あるとしたら親が亡くなった時かな」
            実感はないけど、なんとなく分かるような気がしました。
            それからは大人になるということは特に意識しなくなり、
            若く見れることも素直に喜び、妻に対しても時が経つに連れ
            精神的な差を感じることもなくなりました。

            今回、お父様が亡くなられ、10数年前に話したこを思い出しました。
            上司は、大人になったと感じたのかな。。。
            ただ、お母様はご健在なので、きっと違うでしょうね。

            私もいつか分かる時がくるでしょう。

            今月は、「二人の母の誕生日」に「二人の父の日」に忙しいなあ。
            また何か考えなくては。。。
            でも、いつまでも大人にならないでいるのも
            幸せなことだと思うようになりました。





            |||Calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << March 2019 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            • 南会津から 2018夏
              sisst
            • 南会津から 2018夏
              kantoku
            • Never Enough
              sisst
            • Never Enough
              kantoku
            • こくぞうさんのある町
              伊藤慎悟
            • こくぞうさんのある町
              kantoku
            • 成果はあったはず
              kantoku
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              sisst
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              kantoku
            • ほんの6年ですが
              kantoku

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM