3ヶ月集中ダイエット作戦

0
    10月からの約3ヶ月間、通っているスポーツジムが主催する
    「3ヶ月集中ダイエット作戦」に参加していました。
    先日、その成果表をいただきました。



    このプログラムに参加するには、
    体脂肪率が一定以上超えていなければならないのですが、
    私は見事その水準に達していました。
    見た目は全然太って見えないと思うのですが、
    先回のブログで20歳の頃ろ比べ、15キロ体重が増えたとお話しているように、
    結婚したくらいから体脂肪率が増え、かくれ肥満状態が続いていました。

    独立後、毎週ジムに通うようになってから、
    体力や筋力はついてきたのですが、
    体脂肪が改善しないのが課題でした。

    何か大きな変化が必要だと思っていた時に、
    このイベントのことを知り、参加しました。

    プログラム開始にあたっては、ジムを運営する病院の先生や
    インストラクターの方と事前に相談があり、
    食生活やトレーニングの仕方などアドバイスを受けました。
    また期間中は、毎日の体重の変化を自分で記録、
    1ヶ月後に数値を計り、トレーニングプログラム見直しを行いました。

    食事の量を減らしたわけではありませんでしたが、
    どんな食事が太りやすいか初めて知り、意識するようになったせいか、
    体重にはすぐに変化が出ました。
    ただ、体重を落としながら、筋肉量を維持するのが難しく、
    痩せたものの、体脂肪率が悪化するという状況になってしまいました。
    途中でトレーニングプログラムを見直し、
    2か月終了時は改善も見られたのですが、
    3か月終了時は、体重は2キロ減ったけど、体脂肪も悪化してしまいました。

    そもそもこの3ヶ月、イベントに参加しておきながら、
    仕事が忙しく、他の月よりジムに通えていませんでした。
    私がいつもアドバイスするのと同じで、
    どこが悪いか、または直し方がわかっていても
    続けないとよい成果が表れないないですね。

    私の今の姿は、会社の見た目はよくなったけど、
    中身は悪くなってしまった状態でしょうか。
    救いはこのままではいいけないと気づき、
    なんとか改善する意欲があることかな。

    こんなかたちで3ヶ月終わりました。
    応援してくださったインストラクターの先生方、
    ありがとうございました。
    ご期待に応えられず、すみませんでしたあー!

    バブルへGO!

    0
      今日は成人の日。
      と言っても今は成人式もバラバラなんですね。
      私が住んでいる岐阜県各務原市も昨日だったみたいですし、
      愛知県一宮市に住むうちの姪も昨日が成人式だったそうです。
      義弟がお祝いのお赤飯を届けてくれました。
      昨日のほうが新成人たちはゆっくり遊べたでしょうね。

      昨年もこのブログで成人の日のことを書きました。
      当時、私は素直になれないところがあって、
      成人式には行かず、友達と旅行に出かけてしまいましたが、
      今になると同級生たちの晴れ姿見ておくんだったと思うと書いています。

      その文章と一緒にこんなことが書いてありました。

      せかっくなので20歳の頃の写真を掲載しようと思ったのですが、
      アルバムが簡単には取り出せないところにあるようで断念しました。
      また機会があれば掲載しようと思いますが、
      今より15キロほどやせてました。
      私のことを知ってる人はどうぞご想像ください。

      昨年あるセミナーで、昔の私の写真を見せる機会があったので
      一緒に取りだしておきました。
      成人式の写真ではありませんが、21年前の私です(写真右)。
      旅行会社で添乗員をしていた時に、
      運転手さんと一緒に写したものです。



      あまり変わっていないかな(笑)。
      当時すでに働いていたせいか実年齢より上に見られていました。
      でも確かに15キロやせてましたね。
      1989年、世の中はバブル絶頂の頃だったでしょうか。。。

      中高年の境目

      0
        お陰さまで本日41歳になりました。

        40歳は覚えやすかったですが、
        これからまた30代と同じように自分の歳がいつくだか
        分からなくなるのでしょうね。

        タイミングよく今日の日本経済新聞に、
        「40代は中高年か」というアンケートの記事が載っていました。
        40代前半の人は約70%の人がそうでないと思っているそうですが、
        40代後半になると55%の人が自分は中高年だと自覚するようです。

        今の私はアンケートのとおり、まだ中高年だと思っていませんね。
        娘の友達に自分のことを「おじさんはね・・・」と
        話すにもまだ意識しないと話せないくらいですから。

        昨年、友達の子供に「おじさんはね・・・」と話したら
        「慎悟くんがおじさんって似合わないね」と言われる始末。
        では、いったい私はなんて名乗ったらよいのだろう。
        友達の子供や甥や姪にも、
        「慎悟くん、慎ちゃん、純ちゃんのパパ」って言われてるから、
        おじさんの自覚が持てないのかな。
        アンケートの結果のように私もあと5年くらい経つと変わるのでしょうか。

        誕生日の今日も家でずっと仕事でしたが、
        先ほど、元パティシエの父が作ってくれたケーキだけ
        美味しくいただきました。

        ちなみに大河ドラマで話題の福山雅治さんと同じ歳。
        私もがんばらねばいかんぜよ。ですね。


        恩師の涙

        0
          新年も一週間が過ぎ、
          おとそ気分も抜けた頃でしょうか。

          私は外に出る仕事こそ、
          12/26〜1/4までありませんでしたが、
          その間、ずっと家で仕事をしてました。
          さすがにこんな年末年始はいけないと思いながらも
          仕事があることに感謝しています。

          ただ、その間、夜は4回飲み会が入っていました。
          その中で新年3日は、高校の同級生が集まる飲み会でした。
          私たちは3年間同じクラスだったこともあり、
          今でも同級生同士仲が良く、盆と正月は必ずといっていいほど集まっています。
          今年は当時の担任がこの3月で定年退職するということもあり、
          先生も呼んでいました。

          先生は数年ごとに飲み会にも参加しているのですが、
          今回は冒頭の挨拶から泣いており、
          花束をもらって泣き、終わりの挨拶で泣き、
          別れ際に泣きと、ずっと泣きっぱなしでした。
          先生の涙を見たのは卒業式以来だったかな。
          なんだか自分の親が泣いているようで、
          生徒としては困ったり、ジンときたりとしていました。

          「みんなもこの歳になるとわかると思うけど・・・」
          本当にそうなのかもしれません。
          あの頃の先生は今の私たちより若かったんだなあ。。。
          卒業して、あっという間の23年間でした。

          2年生までバラバラだったクラスをまとめてくれたのが、
          デザイン科の先生ではなく、3年生で担任になった理科の華井先生でした。
          華井先生は、クラス中で交換日記をしたり、
          夏には一泊でキャンプに行ったり、
          文化祭では演劇をやったりといろいろな企画をしてくれました。

          今もこうして同級生みんなで会えるのは、
          先生がよいクラスを作ってくれたおかげです。
          華井先生、ありがとうございました。
          あと3か月、先生としてがんばってください。
          そして、その後も元気に人生を楽しんでくださいね。


          探しましょう、出口を

          0
            岐阜は雪の中の新年を迎えています。

            皆様、あけましておめでとうございます。
            本年もよろしくお願い申し上げます。




            写真の絵葉書は、今年の年賀状用に作ったものです。
            今年も高校の同級生であるデザイナーの井戸くんが
            私の今年の仕事に対する想いを聞いたうえで作ってくれました。

            今年はメッセージに「探しましょう、出口を」を入れました。
            昨年は自分に対する課題がメインのメッセージでしたが、
            今年は顧客志向的なメッセージなったように思います。

            私はコンサルタントとして、まだ経験も浅いですし、
            大きな実績があるわけではないので、
            「これをやったら絶対上手くいく」というような
            アドバイスの仕方はできませんが
            私の特徴として、「相談者の方の話をよく聞き、一緒に方向性を考える」
            ということはできるのではないかと思っています。

            そんなことをこれまで以上にやっていきたい、
            こういうことで世の中の役に立てる
            コンサルタントやコーディネーターでありたい
            という思いを載せました。

            独立してから1年4か月、おかげさまで、
            たくさんの方のご支援でここまでやってこられたと思います。
            最初はご祝儀がわりであったり、育ててあげようという
            意図のある仕事もあったと思います。
            それはとても有難いことでありながらも、自分でなくてもよいのではないか、
            このレベルの内容でお金をいただいてよいものかと思うこともありましたが、
            1年を過ぎた頃から少しずつ、お役に立てているのかなという
            実感が得られるようになってきました。

            今年、メッセージに掲げた「探しましょう、出口を」を
            これまで以上に実行していくことで、
            支援者からも、相談者からも、
            本当に必要とされるコンサルタントやコーディネーターに
            なっていきたいと思います。

            絵葉書の迷路のデザインには、そんな意味が込められています。
            ちなみに隠し文字も2つ隠れているので、探してみてくださいね。

            では、繰り返しになりますが、
            本年もよろしくお願い申し上げます。

            2010.1.1 シスト 伊藤慎悟 


            |||Calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << January 2019 >>

            selected entries

            +アーカイブ

            +コメント一覧

            • 南会津から 2018夏
              sisst
            • 南会津から 2018夏
              kantoku
            • Never Enough
              sisst
            • Never Enough
              kantoku
            • こくぞうさんのある町
              伊藤慎悟
            • こくぞうさんのある町
              kantoku
            • 成果はあったはず
              kantoku
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              sisst
            • 20年ぶりと9年ぶり。
              kantoku
            • ほんの6年ですが
              kantoku

            +おすすめ

            +リンク

            +プロフィール

            Search This Site

            Others

            Mobile

            qrcode

            Powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM